TOP > > 赤ちゃんの肌トラブルetc.・・・対処の仕方は合ってる?

赤ちゃんの肌トラブルetc.・・・対処の仕方は合ってる?

赤ちゃんみんながツルツルではない!

赤ちゃんのお肌はみんな白くてツルツル・・・。これはイメージにすぎません。赤ちゃんから幼児期にかけて起こる肌トラブルは多くあります。

まず、生後1か月前後に起こる乳児性湿疹。子供により差がありますが、たいていの場合は、お宮参りの頃にこの湿疹が出る子が多いようです。特に治療は必要なく、自然に治癒するでしょう。

皮脂の分泌が活発な乳幼児期に、フケのようなカサカサしたものが出来るのが脂漏性湿疹と呼ばれるものです。頭や眉毛の所に白いフケのようなものが出ます。シャンプーをしっかりしてあげ、眉毛などはガーゼでよく拭いてあげることで治癒します。

また、夏に多いのがあせもです。乳幼児は体温が高く、新陳代謝が激しい為に起こります。皮膚科を受診して軟膏を塗り、あとは体温調節をまめにして予防に努めましょう!

乾燥性皮膚炎

ママ達が皮膚トラブルで最も心配するのが、アトピーではないかということでしょう。

私も一度、息子のアトピーを疑って皮膚科に連れて行ったことがあります。症状は似ているが、アトピーではない、乾燥性皮膚炎だと言われてホッとしたことを覚えています。

乾燥性皮膚炎を治すお薬として、体全体の保湿と症状がひどい部分につける軟膏の2種類を毎日風呂上がりにつけるよう指導を受けました。

皮膚科の先生は、保湿が重要だと言っていました。このように、軟膏を毎日かかさずつけることで、ツルツルのお肌に戻りました。

皮膚科の薬が合わずに悪化するケースもあるので、皮膚科選びは慎重に!

最も深刻・・・アトピー性皮膚炎

乳幼児期は、食物アレルギーから、アトピー性皮膚炎を誘発している例が多いようです。アレルゲンを調べて、母乳ならお母さんがその食べ物を除去することで皮膚炎が良くなることもあります。

アトピー性皮膚炎は、耳の付け根や手足の関節部分の内側などに良く出て、痒がります。

アトピーは遺伝も関係しているから治らないとあきらめてはいけません。アトピー性皮膚炎の治療で名高い医師のいるところを調べて行ってみましょう!

毎日お風呂上がりに軟膏をつけることで、きれいになった例はたくさんあります。完全にきれいな肌を手に入れるまでの道のりは長いですが、きっとよくなります。信じて頑張りましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る