TOP > > 命に関わることも?9月の急激な気温変化が危ない!その対策法とは

命に関わることも?9月の急激な気温変化が危ない!その対策法とは

季節の変わり目は体調が崩れやすい

日本は一年中を通して春、梅雨、夏、秋、冬の季節の差がはっきりしている地域です。きせつの移り変わりがあるのは風情があって素晴らしいことなのですが、気温や気圧の変化に富んでいるために私達の体がついていけない時もあります。

特に季節の変わり目というのは気温の寒暖差が急だったり、気候が不安定なために体調を崩しがちになってしまうのです。

猛暑がやわらいで過ごしやすくなる9月も危険

日本では、一年の中では気温がぐっと下がる冬と猛暑が続く夏が体にとって負担の大きい時期でしょう。一方、春と秋は気温が温暖で過ごしやすい時期です。

しかし、冬が終わって温かくなる「木の芽時」は体調が崩れやすいといいますし、夏が過ぎて涼しくなってくる9月は気温の低下により風邪をひきやすい気候でもあります。

特に9月というのは残暑が厳しく、8月と変わらない猛暑日も少なくありませんが、かと思うと突然に秋らしい日がやって来ることもあります。こういった9月の不安定な気候は、私達の体に意外と大きな負担を与えています。以前、メディアでも「セプテンバーリスク」という用語で紹介され、話題になりました。

9月に起こりやすい危険な病気とは

秋の急激に気温が下がる時期には、心臓疾患や脳卒中で倒れる人が急増するといわれています。これは、血管に大きな負担がかかりやすいために起こるとされています。なぜ、9月にこういった病気が起こりやすいのでしょう。

「血圧が不安定になる朝に起こる」

気温が低い日の朝は血圧が不安定になりがちです。そんな時に起床していきなり活動しようとすると血管に負担がかかってしまいます。

「自律神経のバランスが崩れやすい」

急な気温の変化に対応できず、自律神経のバランスが崩れやすくなります。冷え、めまい、だるさなどの症状が起こるようになります。

「脱水が起こりやすい」

良く汗をかく夏には熱中症対策を意識して水分摂取をこまめにする人が多いのですが、ちょっと涼しくなってきたので水分補給量が減ってくる人がいます。しかし、まだまだ汗をかく気候なので引き続き水分摂取を意識して行うのが適切です。

水分が不足していると熱中症のほか、血液がドロドロになるために血管の詰まりが起こりやすくなり脳卒中や心疾患のリスクを高めます。

「薄着で体が冷える」

急に気温が下がると衣替えが間に合いません。真夏と同じ感覚で薄着をしていると、思いのほか下がった気温で体を冷やしてしまいます。風邪をひきやすくなるほか、血管が収縮して肩こりや頭痛が起こりやすくなります。特に女性は薄着をしていると冷え性や生理痛、手足のしびれといった症状が起こりやすくなるので注意が必要です。

9月の体調管理のポイント

では、9月に起こりやすいこういった体調不良をどのようにして予防したら良いのでしょうか。

「薄着をしない」

気温にふさわしい服装をすることが重要です。9月はコロコロと気温が変化しやすいので毎日の服装選びが難しいかもしれませんが、天気予報で気温をチェックするなどして早めに秋服を用意しておく必要があります。

上着、ブランケットなど薄着の上から何か羽織るものを用意しておくと良いでしょう。夜間の寝冷えにも注意が必要ですね。

「起床してすぐに活動をはじめない」

起床時はもともと血圧が変動しやすく脳卒中が起こりやすい時間帯でもあります。起床してすぐに出かけるのは体に良くありませんので、目覚めたら布団の中でゆっくり手足を動かすなどの体操をし、ゆったりと朝の時間を過ごすことがのぞましいです。

寝坊してギリギリに家を出るといった慌ただしい行動はよくありませんので、早寝早起きをして身支度には余裕のある朝にしたいものです。

「体を温める」

夏の間はシャワーだけで入浴を済ませる人が多いかもしれませんが、シャワーだけでは体が温まりにくいのです。9月に入ると特に体が冷えやすくなってくるので湯船につかることをおすすめします。

また、暑い時には冷たい物をとりがちですが、胃腸に負担をかけたり体を内側から冷やす原因になってしまいます。温かいものもなるべくとるようにしましょう。

体調がすぐれない時には無理をしないで休養をとり、おかしいなと思ったらすぐに受診するようにしましょう。脳卒中、心疾患は中高年に発生しやすい病気で、最悪の場合は命に関わることも少なくありません。

また、脳卒中は命を取り留めても脳機能に障害が起こり、多くの人に後遺症が残りますので発症しないように気をつけたい病気です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る