TOP > > 頭痛にまで発展してしまった重度な疲れ目の対策方法を大発表!

頭痛にまで発展してしまった重度な疲れ目の対策方法を大発表!

頭痛の原因はたくさんありますが、疲れ目もその一つですよね。でも疲れ目が原因の頭痛は、ある対策を講じる事で、その痛みを解消させる事が出来るかもしれません。そこで今回は、疲れ目による頭痛の対策をご紹介します。

疲れ目による頭痛を解消する対策!

疲れ目からくる頭痛を解消させるためには、まず目の疲れを癒す事が先決です。でもどうすれば、目の疲れを癒す事が出来るのでしょうか?それにはいくつかの方法があります。

まず1つ目の対策は、目の疲れの原因から離れる事です。例えばパソコンが原因で疲れ目になっている場合は、パソコン画面を見る事をやめてください。

そしてしばらく目をぐるぐる回したり、パチパチ瞼を閉じたり開いたりする運動を行ってください。こういった運動をする事で、凝り固まった目の筋肉が和らぎます。目の筋肉を和らげて血行が良くなれば、疲れ目が癒され、それに伴う頭痛も解消するという訳です。

次に2つ目は、ホットタオルなどを利用して、目を温める事です。疲れ目からくる頭痛に苦しむ人の中には、とにかく冷やそうとする方が大勢いらっしゃいます。しかし、疲れ目を解消するためには、冷やすよりも温めた方が効果的なのです。でもなぜ、疲れ目改善には温める事が有効なのでしょうか?

それは瞼周辺部を温める事で、血行が良くなるからです。血行が良くなれば疲れ目が解消され、それに伴う頭痛も改善されるという訳です。

3つ目は、ツボ押しです。疲れ目からくる頭痛を改善させる、最も効果的な方法の一つと言われるツボ押し。いつでもどこでも出来るため、たくさんの疲れ目からくる頭痛で悩んでいる人が実践しています。そこで、いくつか効果的なツボについてご紹介します。

まずは攅竹(さんちく)です。攅竹は、鼻の付け根と目頭の間あたりにあるツボです。指で触ってみるとヘコミがあるため、初心者でも分かり易いツボとして知られています。攅竹を刺激する事で、頭痛や疲れ目を解消する事が出来ます。

そして瞳子膠(どうしりょう)もお勧めのツボです。瞳子膠は、目じりにあるツボです。指で触ってみると少しヘコミのある部分になります。瞳子膠を刺激する事で、特に目の奥がズーン痛むと頭痛などに効果的です。

このように、眼精疲労からくる頭痛を改善させるためには、目を休めたり、瞼周辺部を温めたり、ツボを押したりする事が効果的です。特にツボ押しは、職場などでも簡単に出来ますので、ぜひお試しください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る