TOP > > もう薬には頼らない!慢性頭痛の実態と即効で効く頭痛体操の紹介

もう薬には頼らない!慢性頭痛の実態と即効で効く頭痛体操の紹介

慢性的に起こる頭痛は、本人にとってはかなり辛いものです。また。生活の質を著しく低下させてしまいます。集中力の低下はもとより、やる気、元気も奪ってしまいます。そんな頭痛に悩まされている方に、即効で効く頭痛体操がありますので、紹介します。

これが頭痛大国日本の現状です

「頭痛持ち」っていう言葉がよく聞かれるように、慢性頭痛に悩まされている方はたくさんいます。しかし、実際に調べてみてびっくりしました。なんと今の日本の15歳以上で、いわゆる「頭痛持ち」と自覚している人は、3,000万人にも及ぶそうです。国民の3人に1人という驚愕の数字です。これはまさに頭痛大国日本と言ってもいいでしょう。

理解されない頭痛の苦しみ

これほど頭痛を抱えている人がいる割に、頭痛は他の病気と比較すると、かなり軽く見られています。それは直接命に関わる病気ではないこと、本人も周りも治まるまで我慢するしかないと思っているからです。

しかし、慢性的に起こる頭痛は、本人しか分からない大変苦しいものです。確かに頭痛自体は誰しも風邪の時などに経験している痛みですが、体調不良などによる頭痛は一時的なものです。しかし、毎日のように起こる慢性頭痛は、時には頭をもぎ取ってしまいたくなるくらい辛いのです。

頭痛くらいで仕事を休むわけにはいかないので、我慢して生活しているのです。集中力の低下で家事や仕事の効率は著しく低下し、コミュニケーションにも影響します。そして結局、人間関係や雇用など、将来の生活にも大きく影響してしまいます。

しかし、その悩みがなかなか周りには理解されないのが現状なのです。慢性頭痛持ちの人にとっては「たかが頭痛、されど頭痛」という心境です。

頭痛にはこんな種類があります

ここで、頭痛について簡単に説明しますね。ここで言っている頭痛は、風邪などの時に起こる一時的な頭痛ではなく、体調不良に関係なく、慢性的に続くいわゆる「慢性頭痛」のことです。慢性頭痛は大きく分けると次の3種類になります。

1. 片頭痛

片頭痛はこめかみから目のあたりに、脈を打つような強い痛みが「ズキンズキン」とはしります。痛みが強いため、かなり生活に支障をきたします。頻度は個人差がありますが、月に数回から週に数回程度です。痛みは数時間から数日間続く場合もあります。

2. 緊張型頭痛

よく表現されるのが「ヘルメットをかぶったような感じ」です。まるで頭の周りを何かで締め付けられるような痛みが、30分から7日間くらい続きます。間隔を開けてくるタイプと、毎日のように続くタイプもあります。慢性頭痛の中では一番多い頭痛の種類です。

3. 群発頭痛

群発頭痛は他の頭痛に比べて一番患者数が少ない頭痛です。まるで群発地震のようにある期間に集中して起こり、痛みは一定期間(1~2ヶ月)くらい続きます。その後数年間は何も起こらず、その後また発生します。本当に地震のような頭痛です。しかし、ひとたび起こるとその痛みはまるで「眼の奥をえぐられるような」凄まじい痛みだそうです。恐ろしいですね。

恐ろしい薬物乱用頭痛

薬物乱用頭痛とは、片頭痛や緊張型頭痛の人が頭痛薬を飲みすぎる事によって起こる頭痛の事です。慢性頭痛はつらいものですから、とにかく痛みを軽くしたいと思い、頭痛薬に依存してしまいます。

しかし、慢性的に飲んでいると薬が効かなくなるばかりか、薬によって起こる頭痛も発生してしまいます。こうなったら、まず薬を止めて様子をみることが必要です。頭痛薬は本当に辛い時にのみ服用にするようにして、基本的には頭痛薬には依存しないほうがいいのです。下記は薬物乱用頭痛になりやすい人タイプです。参考にしていただければと思います。

① 朝起きた時に頭痛がする。
② 月の半分は頭痛がする。
③ 月に10日以上、頭痛薬を飲んでいる。
④ 前は効いていたのに、最近は頭痛薬が効かない。
⑤ 薬を飲んでも効かないどころか、以前より酷くなってしまった。
⑥ 頭痛の痛み方や程度、場所などがコロコロ変わる。
⑦ 以前は毎月、数回程度の片頭痛が起こっていた。

スッキリ頭痛体操のやり方

片頭痛や緊張型頭痛は、ストレスや筋肉の凝りや緊張が原因となることが多い頭痛です。頭痛薬に頼らなくても、関係する筋肉をほぐすことによって、かなりの頭痛緩和の期待ができます。それでは、片頭痛や緊張型頭痛に即効で効く、スッキリ頭痛体操のやり方を紹介します。

【1. 腕を振る体操(後頸筋をほぐす)】
① 正面を向いて立ちます。
② 両手を胸の高さでキープします(ひじを曲げて力は抜く)
③ ぶれないように体の軸を意識して、頭を動かさないで両肩を大きく回します。

頸椎を軸にして両肩を回転することで、頭と首を支えている後頸筋をほぐします。このストレッチは2分程度行ってください。

【2. 肩を回す体操(僧帽筋肉ほぐす)】
① 正面を向いて立ちます。
② 足を肩幅くらいに開いて、ひじを軽く曲げます。
③ リュックサックを背負うようなイメージで肩を内側に回します。
④ 今度は洋服を脱ぐようなイメージで、外側に肩を回します。

このストレッチは、最低6回は繰り返してくださいね。

【3. オフィスなどで座って行う場合】
① 正面を向いて椅子に座ります。
② 両足を揃えて、顔を正面に向けたまま、左右の肩を突き出すようなイメージで回転させます。

デスクワークで疲れた時にやれば、頭痛予防とストレス解消にもいいですね。この頭痛体操は、頭を支える首周りの筋肉(後頸筋や僧帽筋)の緊張をほぐすことにより、片頭痛や緊張型頭痛の予防や改善が可能です。このような頭痛体操を有効に使って、頭痛薬に頼らない生活を目指すことが特に重要ですね。慢性頭痛にお悩みの方は、是非挑戦してみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る