TOP > > 頭痛を抑える鎮痛剤を飲みすぎるとかえって頭痛の回数が増加する

頭痛を抑える鎮痛剤を飲みすぎるとかえって頭痛の回数が増加する

頭痛に悩むも鎮痛剤の服用で済まして病院へ行く人は少ないが危険

頭痛に悩む人は多いですが、多くの人が病院へ行くことはしないで、まずは手元にある常備薬の鎮痛剤を飲んで様子を見る人が大半と思われます。頭痛がひどい場合に鎮痛剤で治らないと量を増やして飲んだり、鎮痛剤を飲む回数増えたりする人がいます。

ほとんどの場合は、鎮痛剤の効果で頭痛から解放されることが多いのですが、あまりに頻繁に、また長期間にわたって鎮痛剤の服用を続けると、頭痛がかえって慢性化して常に頭痛に悩まされるようになります。

つまり、病気を治療するための薬が逆に病気を産みだしてしまう結果になるのです。この頭痛は薬物乱用頭痛と呼ばれます。

1ヶ月に10日以上鎮痛薬を飲む人は薬物乱用頭痛になる危険が高い

頭痛の中には、かなりひどい痛みを伴うことがあるため、頭痛に悩む人は頭痛がある時以外にも、大事な仕事などを控えているときやひどい痛みを回避するために痛みが無くても予防のために鎮痛剤を飲む人がいます。

そうすることで、鎮痛剤を飲む回数が増えると、徐々に鎮痛剤が効いている時間も短くなり、頭痛の回数が増えていきます。すると、頭痛を抑える鎮痛剤が、逆に頭痛が生じさせてしまうことになります。

薬物乱用頭痛の症状は頭痛持ちの人にだけ起こる

関節の痛みを抑えるために鎮痛剤をたくさん服用しても、頭痛に悩まされていない人は薬物乱用頭痛にならないと言われています。鎮痛剤の多様で薬物乱用頭痛を起こす人は、片頭痛、または緊張型頭痛を持っている人に限られます。

この薬物乱用頭痛は増加傾向にあると言われ、日本頭痛学会はその増加を抑えるために対策を講じなければならない課題と捉えています。尚、薬物乱用頭痛を起こしやすい鎮痛剤は、無水カフェインを含んでいることが分かっています。

頭痛が頻繁に起きて鎮痛剤を飲みすぎているなと思う人は、自分の私用している鎮痛剤の無水カフェインが含まれていないか注意することが必要です。含まれていれば、変更するようにしましょう。

薬物乱用頭痛発症のメカニズムと治療方法

薬物乱用頭痛は、鎮痛剤を多くの服用することで、脳が痛みを敏感に感じ過ぎるようになるため生じます。通常であれば、痛みとして感じないレベルでも脳が痛いと感じるようになるため頭痛が生じます。

きっかけはささいな環境変化やちょっとした精神状態の変化で頭痛が起きるため、慢性化して常に頭痛状態となってしまいます。そこに、鎮痛剤を服用すると、それによって、またより過敏になって頭痛が生じてしまう悪循環に陥り、症状が酷くなっていきます。薬物乱用頭痛の治療は、

1)鎮痛剤の服用を止める。
2)継続する頭痛に別の治療薬を服用する。
3)薬物乱用頭痛にならない薬で予防する。

この3つの手順で行われます。この治療では、1週間程度は頭痛が止まらないので、この間非常に苦しい思いをしなければならなくなります。ひどい頭痛は、頭が割れるようで、この痛みが1週間も続くと仕事などに大きな悪影響を与えることになります。

日頃から、頭痛には鎮痛剤に頼らないようにすることが大切です。どうしても鎮痛剤に長期間、頼らなければならない痛みであれば、鎮痛剤の自分の判断で飲まないで医師の指示を受けることが重要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る