TOP > > 頭痛持ちだからと諦めないで!女性におすすめしたい頭痛外来活用術

頭痛持ちだからと諦めないで!女性におすすめしたい頭痛外来活用術

頭痛は性別に関係なく起こりうるものですが、確かに女性の方が頭痛持ちが多いように思います。私もその1人ですが、自分は頭痛持ちだから仕方ないと半分諦めているところもあります。

長年頭痛と付き合っているので、頭痛が起こる原因もある程度わかっていますし、下手にやせ我慢をすると悪化して吐き気を伴うこともあるので、こういう場合は鎮痛剤を飲むことで対処しています。

でも多くの女性が本当にこれでいいのかしら?こう思っているのではないでしょうか。頭痛持ちだから仕方ない、薬を飲めば良くなるから安心、と考えてしまいがちですが、こういう時には頭痛を専門に扱っている頭痛外来を受診するのも解決策の一つです。

頭痛外来ってなに?

昔は頭痛外来なんてなかったので、知らない人も多いと思います。頭痛外来というのはその名のとおり、いろいろな原因で頭痛に悩む人のために設けられた解決の場所です。

怪我をしたら外科に行き、胃が痛い時や風邪を引いたとき内科に行くのと同じように、頭痛には頭痛外来という助けになる場所があります。

しかし頭痛外来は比較的新しい専門窓口なので、存在を知らない人も多く、頭痛外来に対応している病院もそれほど多くありません。今はインターネットで病院の情報も簡単に検索できますので、近くに頭痛外来のある病院を探すこともできます。

頭痛にも様々な原因があり、痛み方も人によって違います。頭痛外来では原因や症状によって多方面から診察や検査を行い、その人に合った対処法をアドバイスしてもらえます。

頭痛の本当の原因を知る

頭痛持ちの人はある程度頭痛の原因がわかっていますね。眼精疲労、肩こり、アルコール、喫煙、ストレス、生理、緊張から開放されたことで起こる頭痛までいろいろです。特に女性は頭痛の原因もたくさん抱えています。

ほとんどの場合が定期的に起こる偏頭痛や、慢性的なものなので仕方ないと諦めてしまいます。確かにただの偏頭痛なら命に関わることもなく、一時的なものなのでなんとか対処できますね。でもこの単なる頭痛も、頭痛外来に行けばコントロールする方法を教えてもらえるのです。

慢性的なものだからと諦めていた人も、頭痛をコントロールできるなら希望の光が見えてきますね。

また頭痛には時によって、命に関わる重大な病気のサインである可能性もあります。風邪のような軽い病気であればいのですが、もしも頭痛の原因が重大な病気からくるものであった場合は早急に対応することも必要です。

このように単なる頭痛と考えがちですが、自分の頭痛がどこからくるものなのか、本当の原因を知っておくことも大切です。

頭痛外来でできることは?

頭痛外来では、最初に頭痛の原因を確認します。問診である程度わかる場合もありますが、CTやMRIといった本格的な検査も可能なので、自分が知らなかった頭痛の原因なども知ることができます。

頭痛の対処法などもアドバイスしてもらえるので、セルフケアも可能になります。今までは鎮痛剤を飲むことしか対処法を知らなかった人も、例えば頭痛の原因によって冷やした方がいいとか、温めた方がいいなど薬に頼らずに済む方法を知ることができますね。

お酒やタバコなど特定のものが原因となる場合は、それを控えることで頭痛が起きないようコントロールすることも可能です。

また頭痛専門の場所でも、痛みというのは目に見えないものですし、医師であっても痛みを直接感じることはできません。問診の時にはどのように痛むのか(ズキズキ・ガンガン・キリキリ)を詳しく伝えましょう。

また痛みの続く時間や、痛む場所、どのくらいの頻度で起こるかなどもできるだけ詳しく伝えることで、痛みの質や種類を医師に詳しく伝えることができます。

薬を飲めば治ると言う人も、一生薬を飲み続けるのは体にも負担をかけてしまいます。このように頭痛外来を受診すれば、痛みをコントロールしたり、頭痛が起きないよう予防することもできるのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る