TOP > 頭痛

アナタの頭痛は何頭痛?

頭痛とは、文字の通り、頭に痛みを感じる症状です。頭痛には、原因がはっきりしない慢性頭痛と、くも膜下出血、髄膜炎、脳出血などが原因で起きる頭痛があります。

慢性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛という種類に分けられます。中でも、片頭痛は女性に多く、男性患者の3倍の女性たちが悩まれている症状です。片頭痛は、頭の片側が、脈を感じるように、ドクンドクンと痛みます。

ひどくなると、嘔吐の症状や悪心の症状が出ることもあります。緊張型頭痛は、目の疲れ、肩こりから起き、筋緊張性頭痛とも呼ばれています。慢性頭痛は、命に関わるというわけではありませんが、仕事や家事などの生活に支障をきたすことがあり、寝込まれることも多い症状です。

こちらのカテゴリでは、頭痛の症状から見る原因の解明、頭痛の予防法、頭痛の改善方法などを、ご紹介しています。
・頭痛はさまざまな要因で起きるもの
頭痛にまつわるエトセトラ!肩こり・眼疲れ・ストレスからくる複雑さ

頭痛の症状から見る原因とは

パソコンを使ってのオフィスワークが増え、肩こりの症状を訴える方が増えています。その方たちは、肩こりから頭痛へと発展しているように思いがちですが、実は、根本的な理由があるのです。ご自分の「クセ」を確認されてみてください。
・無意識の食いしばり
その頭痛「クセ」が原因かも?「くいしばりクセ」に注目!

疲れたなぁ、と思ったとき、コーヒーを飲まれる方は多いと思います。一日に何杯も飲むという方もいらっしゃるでしょう。そういう方たちが、コーヒーを飲まないと、カフェイン不足の禁断症状が出て、頭痛に発展することも。飲む量は、ほどほどにしましょう。
・カフェイン禁断症状で
その頭痛・イライラは離脱症状!カフェイン中毒は危険?治せるの?

チーズに含まれている栄養素のチラミン、アルコールの血管拡張作用は、片頭痛を引き起こすことが知られています。頭痛に悩まれている方は、チーズやアルコールを控えられると、症状を改善することが出来ます。
・食生活の乱れが?
頭痛の原因は食生活にあった!?食生活を変えるだけで頭痛を解消

腰痛に効果があるブロック注射。そのブロック注射を打った後に、頭痛を起こす方がいらっしゃいます。実は、それはブロック注射の副作用なのです。自己判断で済ませず、必ず医師に相談されてください。
・腰痛から頭痛へ
腰痛のブロック注射で頭痛が起きた!突然の頭痛の原因と対策について

頭痛を予防するには

慢性頭痛というのは、その方の生活習慣が大きく関わっている場合が多く、生活習慣を見直すことで、予防、改善することが出来ます。

ストレスを溜めない、良質の睡眠、バランスのとれた食事を心がけましょう。また、デスクワークでの肩こりなどから頭痛に発展することも多いので、隙間時間に肩を回すなどのストレッチで、肩こり防止にも努めましょう。
・慢性化した頭痛を予防しよう
実は片頭痛じゃない!?3種類の慢性頭痛と予防法について

頭痛で案外多いのが、翌朝起きたときに、もうすでに頭痛がしている。という方。そういう方は、寝違えで頭痛を起こしていることが考えられますが、その対処法として、枕の高さを調節してみられてください。

今は、自分の首に合わせて、枕をオーダーすることも可能なので、自分に合う枕を使用することで、寝違えを防ぎ、頭痛からも解放されることが出来ます。
・寝る前に準備をしよう
寝違えで頭痛になりやすい貴方!寝る前に首の乾布摩擦がオススメ

頭痛の改善方法

疲れ目、肩こり、頭痛の三点セットでこられると、もう寝込むしかなくなってしまう!という方、いらっしゃいませんか?ほんの少しのことで、それらを防ぎ、改善することが出来ます。全てを同時に解消することも、夢ではありません!その方法を知っておきましょう。

・疲れ目、肩こり、頭痛の関係
頭痛にまで発展してしまった重度な疲れ目の対策方法を大発表!
肩こりと頭痛が同時に解消できる、知らないと損する4つの方法

頭痛と一言で言っても、その頭痛にはいろいろなタイプがあります。自分がどのタイプの頭痛なのかを知ることで、その対策を講じることが出来ます。敵を知るには味方から。
・頭痛のタイプを知ろう
頭痛をあきらめない!頭痛持ちの人にお奨めしたいタイプ別頭痛解消法

西洋医学では、あまり取り入れられませんが、東洋医学では「ツボ」は、病気の治療方法として有名です。頭痛に効果のあるツボのことを、ご紹介しています。
・ツボ押しで頭痛解消
急な頭痛の解決法!3つのツボを押すだけで頭痛を解消できる!?
肩こりから来る頭痛を和らげる5つのツボを紹介

頭痛についての基礎知識

頭痛は、痛み止めを飲んで、横になるしかない。そう諦めていらっしゃる方も多いと思いますが、ここ数年、総合病院などに「頭痛外来」というものが設置されています。

そちらを受診することで、根本的な原因を知り、治療、改善を目指すことが出来ます。また、頭痛で辛いと、どうしても鎮痛剤に頼ってしまいますが、飲み過ぎは悪循環を起こします。お気を付けてください。

・知っておきたい頭痛のこと
市販の頭痛薬、自分にピッタリ合った種類を探し出すコツを教えます
頭痛持ちだからと諦めないで!女性におすすめしたい頭痛外来活用術
頭痛を抑える鎮痛剤を飲みすぎるとかえって頭痛の回数が増加する

頭痛に潜む病気とは

頭痛だけなら、心配しなくてもいい場合が多いのですが、目の奥の痛み、吐き気を伴う場合は、重篤な病気を起こしている危険があります。

なるだけ早急に病院を受診し、検査を受けられてください。ただの頭痛ではなく、何等かの病気のサインかもしれません。

・本当に頭痛だけ?要注意な頭痛とは
目の奥の痛みと吐き気を伴う頭痛に要注意!悪性脳腫瘍の危険因子

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る