TOP > > マスクだけでは不十分!花粉症対策に知っておきたい4つの事

マスクだけでは不十分!花粉症対策に知っておきたい4つの事

花粉症対策に、マスクを用いる人は、とっても多いです。でも残念ながら、マスクだけで花粉症予防をするのは、不十分だと言われています。そこで今回は、マスク着用以外の花粉症対策を4つご紹介します。これさえ知っておくと、もしかしたら花粉症の症状が緩和するかもしれません!

花粉症対策にはうがいが有効!

うがいと言うと、風邪予防というイメージが強いのですが、花粉症対策にも欠かせません。外出すると、どんなにマスクで対策をしていても、鼻から花粉が入る事があります。すると、のどがイガイガしたり、鼻がムズムズしてしまいますよね。

ですから、家に帰ったらうがいをするという習慣をつけてください。これだけでも、花粉症による、のどのイガイガを、ずいぶん和らげることができます。しかも、風邪や食中毒の予防も同時に出来ますので、うがいはお勧めの花粉症対策です!

換気時間を短縮して花粉症対策!

部屋の中にいると、花粉は入らないと安心していませんか?でも窓を開けていると、相当な量の花粉が部屋に入りこんでしまいます。ですから、花粉症対策のためには、あまり部屋の窓を開けない方が良いのですよ。

ただ、換気も大切ですよね。ですから、換気を全く行わないのではなく、換気時間を短くするなどして、屋内に花粉が舞い込まないよう、工夫をしてください。また、空気清浄器を設置の設置もお勧めです。

最近の空気清浄器は、花粉除去率が高いですし、換気を極力避けたとしても、部屋の空気を綺麗に保つことが出来ます。花粉症対策の為、換気時間を短くしたり、空気清浄器を設置すると言った方法をぜひお試しください。

服装に気を付けて花粉症対策!

花粉症対策には、服装選びも重要です。実は、花粉が付きやすい服と、つきにくい洋服があるって、ご存知ですか?花粉症対策には、花粉が付きにくい服を選ぶ必要があります。では、どんな服装を着れば、花粉症対策につながるのでしょうか?

それは、綿や化学繊維で作られた服です。綿や化学繊維で作られた服装の場合、花粉が付着しにくいと言う特徴があります。逆にウールは、花粉が多く付着します。ですから、花粉症の方は、ウール素材の服装を避け、綿や化学繊維で作られた服を選ぶようにしましょう。

外出時間に気を付けて花粉症対策!

外出時間に気を付けるだけでも、花粉症対策になります。実は、花粉は時間によって飛散量に違いがあるのです。最も花粉の飛散量が多いとされる時間帯は、11時前後から15時くらいだと言われています。

ですから、お買い物などで外出する方は、この時間をさけた方が良いですよ。花粉症対策の為には、朝の涼しいうちや、夕方などに外出するようにしましょう。また、風邪が強く、尚且つ晴れの日には、花粉がたくさん飛びます。そこで、曇りや雨の日に出かけた方が花粉の被害が少なく、花粉症対策にお勧めです!

このように花粉症対策は、マスクだけでなくたくさんの方法があります。毎年花粉症で悩まされている方は、ぜひこういった方法もお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る