TOP > > 意外と知られていない!?花粉症に関する5つの豆知識

意外と知られていない!?花粉症に関する5つの豆知識

花粉症は、眼がかゆくなったり、鼻水が出たりする病気として有名です。でも、「それ以外の事はよくわからない」と言う人も多いのではないでしょうか?しかし花粉症は、遺伝の有無やある日突然発症する理由など、不思議がいっぱいです。そこで今回は、花粉症に関する豆知識を5つご紹介します!

花粉症と遺伝についての豆知識

まず1つ目の花粉症に関する豆知識は、花粉症と遺伝についてです。花粉症は、花粉が原因で発症する病気なので、「遺伝は関係ない」と思っていませんか?でも実は、花粉症も遺伝に大きく影響を受けています。

そもそも花粉症は、アレルギーの一種です。その為、アレルギー体質を遺伝する事で、花粉症の発症リスクが上がるのです。ですから、家族全員が花粉症という一家も多いのではないでしょうか?

ただ、花粉症は遺伝だけが原因と言うわけではありません。遺伝による影響が最も強い事は間違いありませんが、食生活、生活環境などが発症理由となる事も多々あります。

食生活と花粉症に関する豆知識

続いて2つ目の豆知識は、食生活と花粉症についてです。食生活を改善する事で、花粉症は治るのでしょうか?残念ですが、食生活を改善するだけで花粉症が完治する事は、あり得ません。

もちろん症状が緩和するなど、花粉症が快方に向かう事はあり得ます。ですから、花粉症に良いと言われている、ポリフェノールを含むワイン、ブドウ、お茶などを積極的に摂取する事は、とっても良い事ですよ!

花粉症が突然発症する事の豆知識

3つ目の豆知識は、花粉症が突然発症 する理由についてです。「去年までは何ともなかったのに、今年急に花粉症になった」という人もいらっしゃいます。でも、なぜ花粉症は突然発症する事があるのでしょうか?

それは、体内でアレルゲンの許容範囲を超えてしまったからです。実は、小さなころから吸っている花粉によるアレルゲンは、体内に蓄積されています。許容範囲を超えるまでは、なんともないのですが、超えてしまうと花粉症を発症します。

では、許容範囲とはどのくらいなのでしょうか?それは、一人ひとり異なります。アレルゲンに対する許容範囲が広い人は、同じ量の花粉を吸っても花粉症を発病しにくいです。しかし、許容範囲が狭い人は、少しの量でも花粉症を発病しやすいと言う事になります。

天気と花粉の飛散量に関する豆知識

4つ目の豆知識は、天気と花粉の飛散量についてです。実は天気によって、花粉の飛散量が変わるって、ご存知ですか?花粉の飛散量が最も少ないのは、雨の日や風の吹かない日などだとされています。

では、花粉の飛散量が多いのはどのような天気の日なのでしょうか?それはやっぱり、晴天日です。晴天日でも、特に乾燥している時、風が強い時、雨の翌日、気温が極端に高い時などは飛散量が多いとされています。

ですから、花粉症で苦しんでいる方は、こういった天気の日を避けて活動したほうが良いかもしれませんね!

花粉症の完治に関する豆知識

最後、5つ目の豆知識は、花粉症の完治に関する豆知識です。花粉症にかかると、マスクをしたり、病院で薬をもらったりして対策をする事が一般的です。でもこういった対策は、いわゆる対処療法で、花粉症を完治させることはできません。

では、花粉症を完治させる方法はないのでしょうか?花粉症を完治させることが出来る治療法が、1つだけあります。減感作(げんかんさ)療法と呼ばれ、注射によって体内に抗体を作る治療法です。

しかし、完治率は60%未満である事や、この治療を行っている病院が少ない事から、まだ浸透率はそれほど高くありません。しかし、保険適応の治療になりますので、花粉症患者さんから大注目を集めています!いかがでしたでしょうか?このように、花粉症にはたくさんの豆知識があります!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る