TOP > > 妊婦の花粉症は薬とどう付き合うべき?安全な対策を考える

妊婦の花粉症は薬とどう付き合うべき?安全な対策を考える

shutterstock_195666590

今や日本人のおよそ5割が花粉症にかかっており、現時点で花粉症にかかっていない人もいつ花粉症デビューするか分からない時代となっています。

花粉症の人の中でも特に困ってしまうのが妊娠中の女性ではないでしょうか。妊婦が薬を飲むと胎児に副作用を起こす心配があるからです。とは言え、妊娠中はいつもより症状がひどくなることも多く、薬なしではけっこう辛いもの。

妊娠中に使える薬はないのでしょうか?ここでは花粉症の妊婦と薬との付き合い方について考えてみたいと思います。

妊婦が薬を避けたい時期

大人が服用するには問題ないような薬でも、母親の血液を介して成分が未熟な体の胎児に送り込まれると障害を引き起こす危険性があります。

特に神経や重要な器官が形成される妊娠初期に母親が薬を飲むと、奇形を起こす危険性が高くなってしまいます。時期としては最も危険性の高いのが妊娠4~7週目、奇形を起こす可能性もあり得るのは妊娠8~15週目あたりです。

妊娠が発覚するのはだいたい月経の遅れに気付く妊娠5週前後が多いので、妊娠が発覚次第、薬の使用は基本的に避けることがのぞまれます。

花粉症の人が妊娠したら、花粉症で受診する際は必ず妊娠中であることを医師に伝えてください。医療機関は薬の処方を控えるはずです。

ちなみに妊娠16週目以降は奇形を起こす心配がなくなり、薬によっては使用しても良いものが増えます。

しかし、むやみに薬を使用して良いわけではありません。成分が胎児の成長を阻害したり、刺激によって流産や早産を引き起こす可能性もあるからです。基本的に妊娠中はなるべく薬に頼らないことが一番ですね。

妊娠中に使用できる薬もある

ただし、花粉症の薬の中には妊娠中でも使用できるタイプがあるので、必要に応じて薬を使用すると良いでしょう。

中には花粉症がひどくても「いや、赤ちゃんのために妊娠中は絶対に薬を使わないわ。」と我慢している人がいるかもしれません。しかし、くしゃみでお腹が張ったり花粉症でストレスが募ることは、かえって胎児の健康に良くないと思いませんか。

花粉症の薬には

  • アレルギー症状を抑える内服薬
  • 目の充血やかゆみを抑える点眼薬
  • 鼻水を止める点鼻薬

があります。

点眼薬と点鼻薬は薬の成分が血液中に浸透しにくいことから、妊婦でも処方を許可されることが多いですよ。

また妊婦には新薬の代わりに漢方薬を処方することが多く、花粉症には鼻水・鼻づまりに効果のある「小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)」が対応します。点眼薬と点鼻薬だけでは効果が弱いと感じる人は医師か薬剤師に相談してみてください。

点眼・点鼻薬、漢方薬でも妊娠中は市販薬ではなく、医療機関に相談した上で処方されたものを使用するようにしてください。

妊娠前に飲んだ薬は大丈夫?

そして妊娠初期の女性で意外に多いのが「妊娠していると知らずに薬を飲んでいたけど赤ちゃんは大丈夫?」という不安です。中には中絶が頭をよぎるほど深刻に悩むケースもあるそうですね。

心配な人は担当医に相談してみると良いのですが、基本的に妊娠発覚前に飲んでいた薬が胎児に影響する可能性はそれほど心配する必要がありません。

まず生理予定日(妊娠4週目に入る頃)までに薬を飲んだ場合には、薬の影響を受けた受精卵は流産となり生理が来るからです。これを「化学流産」といいますが女性には割と多い現象で、普通の生理と変わらないので気づくこともありません。

また薬による奇形の発生は5千人に1人の確率といわれており、妊娠4週以降に薬を飲んでしまったとしても高い確率で胎児に障害がみられるとは考えにくいのです。催奇形性の高い薬を常用し続けていない限り、心配し過ぎる必要はありません。

もちろんこのような不安を生み出さないためにも、妊娠の可能性がある女性は妊娠していない時から薬を使用する前にはよく考えるようにしておきたいですね。

薬以外の対策で症状の緩和を

また薬の使用以外にも花粉症対策がたくさんあるので、妊娠中はそれらを上手に取り入れてやり過ごしてみてはいかがでしょう。

言うまでもありませんが花粉をシャットアウトすることが第一なので、マスクやゴーグル、花粉の付着しにくい素材の衣類で花粉症を取り込まないように努めてください。

ドラッグストアには鼻の穴の入り口に塗って花粉の吸入を防ぐアイテムが売っています。またワセリンを塗るのも同様の効果が期待できますよ。

腸内環境を整えるのも花粉症に効果があります。腸は体内最大級の免疫システムだからです。腸内環境を整えて免疫力を高めるとアレルギー症状を緩和することができます。

腸内の善玉菌を増やすために、乳酸菌や食物繊維をしっかり摂りましょう。花粉症が本格的に始まる少し前、2月頃からヨーグルトを毎日食べ続けると花粉症の緩和に効果が期待できます。

無理をしないで医師に相談を

花粉症は花粉が原因物質となって起こるアレルギー症状なのですが、東洋医学的には「体内に溜まった毒をデトックスしているために起こる症状」とも考えられています。

そのため妊娠中の花粉症が例年よりひどくなったり、妊娠がデトックスのきっかけとなって妊娠中に花粉症デビューしてしまう女性も多いのです。

ただでさえ妊娠に伴う体調の変化に戸惑いがちな妊娠中に花粉症の苦しみまで加わっては大変ですよね。くれぐれも花粉症の症状は無理に我慢しないよう、早めに医師に相談し適切なアドバイスに従ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る