TOP > > 咳が止まらない!風邪と花粉症のよく似た症状の見分け方とその対策

咳が止まらない!風邪と花粉症のよく似た症状の見分け方とその対策

花粉症と自覚している人は、花粉の季節になるとくしゃみや鼻水が出るようになるので、そろそろ花粉が飛散し始めたとわかるようになります。

また花粉症は春だけとは限らず、ほぼ1年中飛散しているのを知っていましたか?人によってどの花粉にアレルギー反応を起こすのかが違うので、春だけの人もいれば年中花粉症に悩まされる人もいます。

私自身も春だけでなく秋にも花粉症が出ますが、症状は秋の方が酷いかもしれません。

花粉のせいで喘息に?

その年も例年通り春の花粉症をなんとか乗り切り、残暑が厳しい中、空気の乾燥を感じる頃にくしゃみと目のかゆみを感じ、そろそろ秋の花粉対策をしないとと思い始めていました。

ちょうどその年はいつもより花粉の飛散量が多かったこともあって、いつもはマスクをしていればなんとか乗り切れたのですが、くしゃみや鼻水に加えて微熱も続いていました。

でも今までにも同じように微熱が続いたことがあったので、これも少しの間と軽く考えていました。ところがそのうち喘息でもないのに、喘息のような咳と息苦しさも加わってきます。

季節の変わり目だし、花粉症で体力や免疫力も低下しているのは自分でもわかっていたので、風邪でも引いたのだろと思っていましたが、日に日に症状が悪化していきます。

いつもは病院に行くほどではないのですが、この時ばかりは何かが違うと感じ、病院に行きました。経緯を説明したところ、花粉が原因で気管支に炎症を起こし喘息のような発作が起きているとの事でした。

元々父と弟は気管支が弱く、風邪をこじらせると喘息の発作を起こしていたので、私にもその可能性はあったようです。しかし今まで喘息になったことがなかったので、何かの病気かと思ったのですが、原因は花粉にあったようです。

花粉喘息の特徴

花粉症は花粉に対してのアレルギー反応ですが、風邪とは原因が違いますね。私は風邪を併発したのだと思い込み、咳止めを飲んでいましたがまったく効果がありませんでした。

咳止めなので薬を飲めば一時的に咳は止まりますが、効果が切れるとすぐに咳が出始めます。風邪の時は咳止めで少しずつ楽になっていたのですが、花粉症の咳の場合は薬が効きません。

結局私は2週間近くこれで悩んでいました。風邪の咳であれば薬を飲んで安静にしていれば、長くても1週間程度で回復に向かうそうです。2週間も続く場合は他に原因があると気づくべきだったとお医者様に叱られてしまいました。

花粉症の人でも突然喘息のような咳と発作が起こることがあるそうです。あまり長引く場合には、花粉症喘息の疑いがあるので、早めに病院に行けば適切な対処ができます。

このように1週間以上症状が改善されない場合は、他に原因がある可能性が高いので、私のように長引かせるまえに早めに病院に行き検査をすることをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る