TOP > > ハーブの効能って何ですか?辛い花粉症にはペパーミントが効果的な訳

ハーブの効能って何ですか?辛い花粉症にはペパーミントが効果的な訳

ハーブという言葉が私達の生活に入り込んでかなりの月日が経ちます。昔はハーブという名前もあまり使われておらず「ハッカ」「ニッキ」など和名で呼ばれていたのです。

しかし、現在ではハーブは生活の中の必需品として溶け込んでおり、無くてはならないものになっているように思えます。

皆さんはハーブって何かを知っていますか?もともとハーブはヨーロッパなどで薬草として使われていた植物で、効果/効能が見られるものを指すようです。なかにはスパイスの仲間もハーブと分類されており、西洋の漢方といったところでしょうか。

ハーブの中でも日本人に身近なものの一つにミントがあります。ミント(日本名ハッカ)はその清涼感が人気で、お菓子やメントール製品などに好まれて使用されています。

日本ではワシュハッカ(日本ミント)の栽培が行われていましたが、最近では工業製品や輸入商品の影響で量は激減しているそうです。

ミントは世界中で愛されているハーブの一つですが、その中には様々な健康成分を含むことでも有名です。実は春の大敵である花粉症にも効果が見られると言うのです。

ペパーミントは花粉症を抑えるのに効果的

ミントの中でも一番ポピュラーなのがペパーミントです。一般的にミントと言うとペパーミントを指しており、お菓子やリキュール・タバコなどにも使用されています。ペパーミントはヨーロッパでは古くから薬効が確認されており、殺菌や抗炎症などに使用されていました。

また、その香りは精神を安定させることから、鎮静剤としての使用もされていたようです。

ペパーミントの特徴は食べることで得る作用と香りによる作用の2つを持ち合わせていることであり、両方が優れた効果を発揮していることではないでしょうか。さらにペパーミントには花粉症の症状を抑える働きもあるのです。

ペパーミントに含まれている成分の中にミントポリフェノールがあります。ポリフェノールは植物由来の抗酸化作用をもつ成分で、細胞の老化を防ぐ働きがあります。ミントポリフェノールにはそれ以外にもヒスタミンの生成を阻害する働きがあるのです。

花粉症はヒスタミンが増加することで症状が出るので、そのヒスタミンを阻害することで症状を和らげるのです。ミントポリフェノールはペパーミントに含まれており、スペアミントやアップルミントにはあまり含まれないため、花粉症にはペパーミントが効果的という訳なのです。

ミントポリフェノールを摂取するならハーブティーが一番

実はペパーミントに含まれているミントポリフェノールは水に溶ける性質があります。したがって効果的に摂取するためには水に抽出する方法が一番です。中でもお湯で成分を抽出するハーブティーは理想の方法で、毎日飲むことで効果が出てくると思います。

またミントは香り成分も鼻をスッキリさせたり、精神を安定させる作用がありますので、蒸気で吸うことも花粉症対策になるのではないでしょうか?

ミントポリフェノールの摂取と香りの2段階で花粉症を封じ込めることが出来るペパーミントは、春の救世主かも知れませんね。今年も花粉が沢山飛んでいます。ミントティーで優雅な対策を行いましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る