TOP > > 鼻水だけじゃない!花粉症で耳の奥がかゆい時の3つの対処法

鼻水だけじゃない!花粉症で耳の奥がかゆい時の3つの対処法

1年の中で、こんなに過ごしやすい季節はないと思う春なのに、花粉のせいで目は痒いし、おまけに鼻水は出るし、メイクをしても何だかうまくのらないし憂鬱なんてことも多いはず。

春の花粉症のシーズンには、鼻水や目の痒さなどが主な症状として出ますが、意外にも多いのが、耳の痒さです。しかも、この痒さは突然襲ってくるのですが、場所が場所なだけに、手が届きにくく、人前でいきなり耳かきをするわけにもいかず、とても歯がゆい思いをします。

もともと、耳、目、鼻、喉はひとつにつながっています。涙の出口は鼻の中にありますし、耳の奥の耳管と呼ばれる、圧力を調整する部分は喉の奥につながっています。泣くと鼻水が出るし、気圧が低い所に行くと耳が変になるのでわかると思います。

花粉が飛ぶ季節に鼻や口から入った花粉は、そのまま、喉、鼻、目、そして耳の奥にまで入り、痒さを引き起こすのです。

痒くなったら綿棒で

耳の入口から鼓膜までは外耳道と言い、耳かきが届く範囲です。ここが痒い時は、耳かきで強く掻くと皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、綿棒で優しく擦るのが良いと思います。

その時に、綿棒の先を水で湿らせてから固く絞って冷蔵庫で冷やしておくと、使ったときヒンヤリして痒みが落ち着きます。ポイントは、絶対に強く擦らないことです。

痒くなったらツボ押し

つらいのが、鼓膜のうんと奥の痒み。これは綿棒でも届かないし、気になりだすと余計に痒くなってきてもどかしい部分です。この痒さには、家でもオフィスでもできるツボ押しがオススメです。押す場所は、耳の穴の入口にある、耳珠という小さな出っ張りの少し内側。ここを押すと気持ちが良くて痒みも落ち着きます。

耳は体のいろいろなツボが集まっている場所でもあります。花粉症の人の中には、先ほどの耳珠の内側と一緒に、耳の上側をマッサージすると、さらに症状が和らぐという人もいます。

痒くなったらうがいや鼻洗浄

耳は、目や鼻、喉とつながっているので、つながっている部分をキレイにして、痒みをひどくしない方法です。外から帰ったら、必ずうがいをする、目を洗うなどを必ず行います。鼻洗浄は簡単にできるものがいくつも出ているので、自分に合ったものを探してみましょう。

耳とつながっている、目や鼻、喉を洗ったら、耳の痒みも無くなったという人が多いので、試してみる価値があると思います。

花粉で耳が痒いのはとてもつらいのですが、耳かきで皮膚を傷つけてしまったり、鼓膜に傷がついたりしてしまうと大変です。我慢できないくらい痒い時は、必ず専門医を受診して、アドバイスを受けるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る