TOP > > 薬に頼らなくても花粉症が突然治る?その方法を徹底解明

薬に頼らなくても花粉症が突然治る?その方法を徹底解明

一般的には一度花粉症になったら、一生付き合って行かなくてはいけないものとされていますね。花粉症もアレルギーの一種なので、薬を使えば症状を抑えたり緩和させることは可能です。ただし薬に頼ってしまうと、眠くなるなどの副作用も困ってしまいます。

最近は花粉対策グッズも豊富になっているので、そういうグッズを上手く取り入れることで花粉の季節もある程度快適に過ごせるようになってきています。

しかし花粉の飛散量が多い年には、やはり辛いアレルギー症状が出てしまいます。一説によると強力な効き目の注射もあると言われていますが、副作用を考えるとあまりいい方法とは言えません。

花粉症が突然治るという事実

長年花粉症に悩んでいた人の中には、突然花粉症が治ったとか、いつの間にか克服していたという人たちもいます。一度なったら完治することは難しいとされているのに、これはどういうことなのでしょうか?

突然花粉症が治ったという人には、ある共通点があります。多少の個人差はあるものの、花粉症の症状が出なくなった理由について次のようなものがありました。

ヨーグルトを毎日食べるようにした、仕事を辞めた、引越しをして環境が変わったなどです。一見すると全く共通点がないように思えますが、実はストレスや免疫力が関係しているのです。

薬に頼らなくても花粉症は治せるか?

まずヨーグルトを毎日食べることで、乳酸菌を摂取できます。乳酸菌は腸内の善玉菌の餌になり、悪玉菌を退治するのに役立ちますね。こうすることで腸内環境が改善されます。

実はアレルギーというのは、免疫力と大きく関係しています。免疫力が低下したときにアレルゲンが体内に入り込むとそれに対して過敏に反応してしまうため、くしゃみや鼻水、痒みといったアレルギー反応が出てしまいます。

でも免疫力が高まればアレルゲンに対して抵抗力が出るので、アレルギー症状が出たとしてもそれほどひどくならずに済みます。ヨーグルトを毎日食べ続け腸内環境が改善されると免疫力が高まるので、その結果花粉症が治ったと考えられます。

仕事を辞めたとか引越しで環境が変わったという人の場合は、ストレスが関係していると考えられます。実はストレスも免疫力を下げる原因になります。

ストレスを感じたとき、体の中ではホルモンバランスが大きく変化します。このホルモンバランスの変化が血行不良を起こし体の細胞や内臓の働きを低下させるので、結果的に腸内環境も悪くなり免疫力が低下してしまいます。

仕事や住んでいる環境にストレスがあった場合、そこから解放されたことでストレスがなくなり、自然と体にいい影響を与えた、これが結果的に免疫力を高め花粉症の完治にも繋がったと考えられます。

予防が可能なら完治もできるはず

花粉が飛散するのは春だけとは限りません。夏、秋、地域によっては冬も何らかの花粉が飛散していますので、人によってはほぼ1年中花粉症の症状が出てしまうこともあります。

しかし花粉症は予防することも可能です。そのためには自分がどの花粉に対してアレルギーを起こすのかを知っておくことも大切ですね。これは病院に行ってアレルゲン検査を受ければすぐにわかります。

例えば春に多いスギ花粉にアレルギーを起こす場合は、花粉が飛散し始めてから慌てるのではなく、季節に関係なく免疫力を高める工夫をしてみましょう。

ヨーグルトを食べるのもいい方法ですし、ストレス解消やリラクゼーションを意識してみるのもいいですね。ストレスに強い体を作っておくことで、アレルギー症状が出た場合も症状がひどくならずに済みます。

ただし体質やアレルゲンに対しての反応の仕方は個人差もあるので、同じことをしても全ての人が花粉症を克服できるかどうかはわかりません。でも免疫力を高めることでアレルギー症状を緩和させることは可能です。

後はできるだけ花粉を取り込まないように工夫すれば、予防になります。食事や生活習慣を見直すことで免疫力を高めることもできるので、薬に頼りたくない場合はこういう工夫もしていきましょう。

実際に花粉症の症状が緩和されたというサプリメントやハーブティなどもありますので、自分に合ったものを見つけるのもいい方法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る