TOP > > 酒を飲むと花粉症が悪化する理由と症状を抑える酒の飲み方

酒を飲むと花粉症が悪化する理由と症状を抑える酒の飲み方

お酒が好きな人には花粉症が多いと言われています。一見、お酒と花粉症とは何の関係もないように思われますが、アルコールが花粉症の症状を悪化させたり、アルコールを多く飲む人ほど花粉症にかかりやすくなるのです。

お酒を飲むと花粉症が悪化する理由

お酒が花粉症を悪化させるのには、いくつかの理由があります。まずは、アルコールが花粉症に対してどのような影響を与えるか考えてみます。

1.アルコールはヒスタミンを増やす

アルコールを飲むと肝臓で代謝され、アセトアルデヒドが作られます。アセトアルデヒドは人の体にとっては毒になるので、頭痛や吐き気、二日酔いの症状などが起こりますが、それだけではありません。

アセトアルデヒドは、アレルギーの原因物質となるヒスタミンを作る肥満細胞を刺激するので、ヒスタミンができやすくなったり、ヒスタミンの量を増やす働きをするので、花粉症にかかりやすくなり、症状を悪化させてしまうのです。

2.アルコールは交感神経の働きを乱す

アルコールは、少量であれば交感神経の働きを緩め、副交感神経の働きを優位にするので、リラックス効果や筋肉の緊張などを解きほぐす良い働きをしますが、多量に飲むと交感神経の働きを強めて、血管を収縮させるように働きます。

交感神経が優位になり血管が収縮すると、粘膜が腫れて鼻や喉を刺激するので、鼻づまりやくしゃみ、目の充血などの症状が起こりやすくなります。元々アレルギー症状がある場合には、症状が悪化することになります。

また花粉症の人は、もともと自律神経の感覚が鈍くなっていたり、その反対に過敏になっていることがあるので、少量のお酒でも血液の流れに影響が出ることがあります。お酒の量が少ないからといって油断はできません。

3.アルコールは粘膜を乾燥させる

アルコールには利尿作用があるので、飲んだお酒の水分以上に、排泄する水分の方が多くなります。そのため、体は軽度の脱水症状を起こして、肌や粘膜が乾燥することになります。

肌が乾燥すれば、アレルギー源の花粉が体内に侵入しやすくなりますし、粘膜が乾燥すれば、喉の繊毛運動が弱くなり、花粉を排除しにくくなります。鼻の粘膜が乾燥すれば、鼻水や鼻づまりを起こしやすくなるということです。

アルコールは体を冷やす

ビールのような冷たいアルコールは、胃腸を冷やし血流が悪くなるので、消化機能が衰えたり、全身の血流が悪くなるので特に免疫機能が低下します。そのため花粉症が悪化することにつながります。

花粉症の季節は、冬から春先にかけての気温が低い季節にあたるため、熱燗やお湯割りのようなお酒を飲むと、一時的には体が温まりますが、利尿作用で熱が奪われたり、汗が冷えたりして、結局は体を冷やすことになるのです。

肝臓の働きが弱くなる

肝臓の働きが悪くなると、体の免疫システムが正常に機能しなくなり、花粉症の症状が出やすくなったり、症状が悪化します。肝臓は免疫機能に影響を与えるため、お酒によって肝臓の働きが弱くなると、花粉症が悪化しやすくなるのです。

花粉症を悪化させないお酒の飲み方

花粉症は体にとっても精神的にも大きなストレスになるため、お酒を飲みたくなる気持ちが強くなることもあると思います。適度なアルコールは気持ちを解きほぐすために良い場合もあるのです。

花粉症の人がお酒を飲む時は、冷たいビールや水割りではなく、熱燗やお湯割りのような温かい飲み物を少量飲むようにして下さい。できるだけ体を冷やさないように、温かくして飲むことが花粉症を悪化させないお酒の飲み方のコツです。

花粉症の時に飲むならワイン

花粉症の症状を改善する働きを持つアルコールもあります。それはワインです。ワインに含まれるポリフェノールは、アレルギー反応を抑制する効果があります。ワインを飲む時に、いつもなら冷やしたり常温で飲むワインも、温めてホットワインにして飲むようにすると、体も温まりますので一石二鳥です。

ただし、アルコールの量が増えるほど利尿作用が働くので、体からすればお酒は脱水状態を作る元になってしまいます。お酒とは別に水やお湯だけを飲むようにすれば、水分も補給することができ、花粉症を悪化させずにすむのです。

お酒のおともには体を温めるつまみ

お酒を飲む時のつまみは、体を温める食べ物にしましょう。例えば、しょうがやニンニク、ねぎなどユリ科の根菜類は、体を温める効果があるので、つまみや薬味としてお酒を飲むようにすると、花粉症の悪化を防ぐことができます。

花粉症の時には鍋物を囲むと良い

鍋物を囲んでお酒を飲むようにすることも、花粉症の症状を改善します。鍋物から出る湯気が鼻や喉の粘膜に水分を与え、粘膜の血流を促進したり、繊毛運動を正常にするので、鼻の通りが良くなったり、抗原を排出する働きが高まるのです。

花粉症の時には、基本的にはお酒を控えなければいけませんが、時にはお酒を飲んでリラックスするのも良いことです。できるだけ花粉症の症状を悪化させないように工夫しながら、お酒を楽しむようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る