TOP > > 酒好きの人必見!二日酔いにすごい効果「トマトパワー」

酒好きの人必見!二日酔いにすごい効果「トマトパワー」

「酒は百薬の長」と言われていますが、仕事の付き合いで酒を飲まなければならない、酒が大好きで飲む量も増えてしまうなど、酒と健康の狭間で悩んでいる人は多いようですが、飲まざるを得ない人も、飲みたくて仕方がない人も二日酔いにはなりたくないし、健康を損ないたくないと願っています。

「酒は百薬の長」ってホント?

毎日適量を飲酒する人は、飲まない人より心筋梗塞や脳梗塞などの死亡率が低い傾向にあるとのことですが、なぜかと言いますと、アルコールで血栓を作る血小板の機能が落ちるので、脳梗塞のリスクが減るということで、逆に多量飲酒ですと死亡率が極端に高くなります。

その他のメリットとして、善玉コレステロールを増加させる、冷えを改善する、また人の「知性と理性」をつかさどっている大脳新皮質というところの働きを鈍くするという効果もありますので、精神を高揚させ、酒の香りによってアロマ効果やリラックス効果なども期待できるということになりますので、やはり酒は飲み方によってはしっかり「百薬の長」になるようです。

度を越えて飲むと悪影響が!

適量を守ったり、休肝日を作ったりと、酒好きにとっては守れないのが常のようで、飲み過ぎた場合はどのような悪影響があるのでしょうか。

一番初めに考えられることは、黙々と働き続けていてとても我慢強いと言われている臓器「肝臓」への障害ですが、酒の大半が肝臓で分解されるため、大量に飲んでいる人の肝臓は絶えず酒の処理に追われているわけですが、長い間たくさんの酒を飲み続けると、「脂肪肝」になり、それがきっかけで生活習慣病へとつながっていく可能性がとても大きいと言えますし、また肝臓以外にも、アルコールの摂り過ぎは、高脂血症や肥満、糖尿病や消化器系など全身の臓器にも悪影響を及ぼすことは間違いないようです。

かくいう私も、以前はかなり飲酒をしていまして、ある時の健康診断で肝臓のエコーを勧められて撮ってもらいましたところ、「脂肪肝」と診断されてしまいましたが、いくら三大珍味と言っても自分の肝臓があのフォアグラ状態だと想像した私はゾッとして、その日以来アルコールをやめたというあまり自慢できない経験があるのです。

なぜ二日酔いになるの?

酒を飲む人は殆どの人が経験したことがあると思われる「二日酔い」ですが、思い出すとゾッとするほど辛い思いをしたことがある人、その時だけはもう2度と酒を飲みたくないと思う人も多いようですが、アルコールを飲むとなぜ酔うのでしょうか?

アルコールは体内に入ると肝臓のアルコール脱水酵素などの働きによってアセトアルデヒドという物質に変化しますが、これが頭痛や吐き気の原因となる有害物質で、このアセトアルデヒドが翌日まで残った状態が二日酔いなのです。

そもそも酒に限らず、口から食べたり飲んだりしたものはすべて、胃腸で消化吸収されて、血液で全身にめぐり、運ばれた肝臓で分解されてさらにまた血液で全身に運ばれるのですが、アルコールに関しましては胃で20%、残りが腸で吸収されてから血液で全身を巡り、大脳に行きますので、脳神経の働きが鈍くなり、千鳥足になったり、呂律が回らなくなったりといったことが起こるわけなのです。

酒が分解される時間は、性別や年齢などの個人差はありますが、「1時間4グラム」と言われていますので、ビール350mg缶ですと、アバウトですが、アルコール分5%の計算で、(350×0.05=17.5)(17.5÷4=4.375)ということで、約4時間20分ほどかかる計算になります。

ですから肝臓で分解しきれない量のアルコールを摂取すれば、血液中を巡り続けることになりますので、頭痛や吐き気などの二日酔いになるのです。

二日酔いにトマトが効く!

適量でやめようと思いつつ、つい飲んでしまうのが酒好きですが、もし二日酔いになってしまったら、『トマト』を食べてみてください。

トマトに含まれているリコピンが、アセトアルデヒドを抑えてくれるということと、トマトの酸味であるリンゴ酸やクエン酸には胃の働きを活発にする働きがあるということが、二日酔いにトマトがいいと言われている理由なのです。

また二日酔いの予防として、飲酒時に一緒にトマトやトマトジュースを摂れば、血中のアルコール濃度が低下することが明らかになっていますので、酒を飲むときは意識的にチャンスを作ってトマトやトマトジュースを摂ること、また二日酔いになってしまった後でも効果はありますので、手遅れとは思わずに試してください。

酒好きの人は、酒好きだからこそ酒を悪者にしたら申し訳ないという気持ちを持ち、まずは体に悪影響を及ぼさないように適量を飲むことを心掛け、それでも飲み過ぎてしまったときは『トマト』の力を借りて二日酔いを軽減しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る