TOP > > 二日酔いに効く肉うどん!二日酔い解消・予防に役立つ飲酒前後のケア

二日酔いに効く肉うどん!二日酔い解消・予防に役立つ飲酒前後のケア

飲み会などの翌朝、二日酔いがひどい…そんな経験はありませんか。最近は男女問わずお酒を飲む機会も多いので二日酔いを何度経験しても繰り返してしまっている方も多いかも知れません。

日本人は生まれつきアルコールを分解する酵素の働きが弱い方が多いので、二日酔いに苦しむことも多いと思います。

本当は前日に飲むお酒を適量にとどめておくことが一番の予防法ですが、この記事では二日酔いになってしまったときにおすすめの飲み物や食べ物などを多数紹介しています。

また予防法にも触れていますので、飲酒の前後にしっかりケアをして、辛い経験はせず楽しくお酒を飲みましょう。

適量を超えたアルコール摂取はNG!二日酔いのしくみ

そもそも二日酔いとはどのような状態なのでしょうか。まず「酔う」というのは、体内に取りこんだアルコールが分解能力を超えたときに起こる状態を言います。

通常、肝臓で分解・代謝されるときアセトアルデヒドという毒性の物質が発生しますが、二酸化炭素と水分に変えられ無害化されます。

ところがそのとき肝臓が処理しきれないくらいのアルコールを摂ると体内に残ったままのアセトアルデヒドが血中に多くなり、吐き気や頭痛などの症状を引き起こす「酔っている」状態になります。

その度合いが大きく翌朝になってもまだ気持ちが悪かったり頭痛などの症状が起こることを二日酔いと言います。

アルコールの分解能力は個人差が大きいのではっきりとは言えませんが、肝臓が処理できるお酒の量は日本酒で言うと1時間におよそ0.3合ほどと言われています。

もちろんこれより少量で酔ってしまうこともありますので注意が必要です。そして例えお酒に強かったとしてもあまり大量に飲んだ場合は肝臓の処理が追い付かず二日酔いになることもあります。

一番大切なことは、水分をたっぷり摂ること。アルコールによって体の水分が奪われた状態になっています。常温のミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むようにしましょう。特にスポーツドリンクは吸収が早いのでおすすめです。

水分をたっぷり補給することで血中のアセトアルデヒドを分解する速度を速めてくれますし、尿や汗としてアルコールを排出しやすくなるので無理をしない程度にどんどん飲みましょう。それによりアルコールを早く体外へと排出できるようになります。

飲酒した翌日はよく顔がむくむといいますが、それは血管が収縮して水分が尿となり出にくくなっているからです。

二日酔いと関係が深い「肝臓」

二日酔いを解消したいのならアルコールをせっせと分解してくれる肝臓にいいものを食べたり飲んだりすることが有効です。

肝臓とは体内に取り入れた栄養分をエネルギーの元となるグリコーゲンに変え、またそのグリコーゲンを貯めておく貯蔵庫でもあります。アルコールを摂取した場合はそのアセトアルデヒドという毒を中和してくれる作用があります。

なので二日酔いになってしまった翌日はその肝臓の浄化作用を正常に働くように助けてくれるものを摂ると良いのです。

二日酔いの日の朝食・昼食におすすめの食べ物

肉うどん

辛い二日酔い…もしなってしまっても翌日何を食べるかでだいぶ改善できます。二日酔い解消の助けとなるものはたくさんありますが、最近はなんど「肉うどん」が二日酔いに効くと言われています。

なぜなんの変哲もない肉うどんが二日酔いに効果的なのでしょうか?

肉うどんがいいわけ

肉うどんが二日酔いにいいというのは、実は中国の「ヤカメン」という料理に似ていることからきています。ヤカメンとはチキンブイヨンと醤油味のスープに麺や牛肉(もしくは鶏肉や海老)、ネギなどが入っている中華料理です。

新たな研究によりこの肉うどんにそっくりな食べ物であるヤカメンが二日酔い解消にもっとも効果があることが科学的に証明されました。

カリフォルニア大学のアリソン・ミッチェル教授によりますと、まず肉に含まれるタンパク質やビタミンB1、麺の炭水化物、汁の適度な塩分、その他の微量栄養素も非常にバランスよく含まれており、二日酔いに効果が高いということです。

うどんは他の麺類に比べても消化吸収のいい食べ物ですので胃やお腹に優しい食べ物として知られています。吐き気や胸焼けなどで気分が悪く食欲がないときも比較的食べやすく1玉約240キロカロリーあり、二日酔いの時の栄養補給にもピッタリ。

また肉も焼いたものより煮炊きした汁もので食べられる肉の方が消化がスムーズに行われますし、働き疲れている肝臓に負担をかけません。

肉に含まれるビタミンやチアミンという栄養素は二日酔いの頭痛を防ぐ効果があり、たんぱく質は肝細胞の主成分なのでその再生・修復を助けます。

またスープは水分補給、塩分は尿によりアルコールが体外に出されるのと同時に失われてしまったナトリウムやカリウムを補うのに必要です。

ちなみにアメリカではこの肉うどんに似た料理は二日酔いの解消薬として知られており”お酒を飲んだあとのヤカメン”として重宝されています。

その他、二日酔いに効く食べ物

スポーツドリンク
上にも書きましたが二日酔いには吸収の良いスポーツドリンクがおすすめです。アルコールがまだ体内に残っている二日酔いは体が水分不足の状態です。

そのため水分を補給することに加えてアルコール分解にはたくさんの糖分も必要になりますのでその両方を効率よく同時に摂れるスポーツドリンクは二日酔いには最適です。朝でもコンビニなどで手軽に買えるところもいいですね。

しじみ味噌汁
こちらも有名かと思いますが、しじみには肝臓にいいオルニチンやタウリンなどのアミノ酸がたくさん含まれています。しじみはその他必須アミノ酸もバランスよく含んだ食材です。

このアミノ酸には肝臓の解毒作用を高めたり肝細胞の再生を促したりアルコール分解を促す酵素を活性化させる効果があります。

またアルコールを摂取すると解毒・排泄するときにたくさんの水分が必要になるのですが、脱水状態では体中の機能が低下してしまいます。その点でもしじみをしじみ汁やしじみの味噌汁などにして食べれば脱水症状も解消しますので積極的に取り入れましょう。

味噌はレシチンという栄養を含んでおりアルコールが脂肪になるのを防ぎます。

グレープフルーツ 
グレープフルーツにはアルコール分解に必要な栄養素であるビタミンやクエン酸が含まれています。これらは他の果物にも含まれていますがグレープフルーツにはとくに多く含まれています。

またフルクトースという果糖も含まれていますがこれははアルコール分解をサポートしてくれます。

グレープフルーツの摂取は果物そのものを食べてもいいですが、コンビニでも買える
100%グレープフルーツジュースを飲んでも効果はあります。手軽ですし水分補給にもなるのでおすすめです。

はちみつ
はちみつにも果糖であるフルクトースが含まれています。それに加えコリンやパントテン酸という栄養素、これらにも同じように肝機能を高めアルコールを分解する力を
サポートしてくれる効果があります。

また、はちみつが一番効果的なのが二日酔いの頭痛です。二日酔いの頭痛を解消するためにははちみつを舐めるのが効果的、ということは「全米頭痛財団」という機関の研究結果でも証明されています。

二日酔いになってしまった朝にでもスプーン1杯分のはちみつを舐めるだけなので簡単です。

お茶
お茶は単に水分補給にもなりますし、それ以外にも二日酔いに効果的なさまざまな成分が入っています。まずカテキンには胃の粘膜を保護する効果があり、消化能力をサポートします。また消臭作用もあるので翌日自分が、お酒臭いな、と思ったらお茶を飲みましょう。

タンニンはアルコールの吸収を抑える効果があります。さらに利尿作用もあるので体内のアルコールや有害物質を排出してくれます。また飲酒したあとの脱水症状の予防にも効果的です。

目覚ましとしても有名はカフェインは二日酔いでぼーっとしている脳の働きを復活させてくれる効果や、利尿作用を高めアセトアルデヒドなどの有害物質を体外に排出させる働き、むくみ解消などの効果もあります。

また意外かも知れませんが、お茶にはビタミンCも含まれており、ビタミンCは有害物質であるアセトアルデヒドの分解を促す働きをします。

基本的に緑茶や玉露、番茶や煎茶などお茶なら何でもいいのですが、特にタンニンが多く含まれているのがウーロン茶、紅茶、日本茶などです。

注意としてあまり熱いお茶は、二日酔いで疲れている胃や腸の負担になりますので少し温い温度にしておくと安心でしょう。

柿は非常に栄養価が高く、二日酔いにも効果的な栄養素がいくつかあります。お茶にも含まれるタンニンが胃壁を保護し、カリウムの利尿作用によりアルコールを排出し、他の果物より多く含まれる果糖は分解されるときにアルコールも一緒に分解を早めてくれます。

ミカンの2倍ともいわれる豊富なビタミンCとカタラーゼという酵素もまた二日酔いの原因でるアセトアルデヒドの分解を促進し体の外に排出してくれる働きをします。

生の柿でも干し柿でも血中アルコールを排出させる効果は変わらないので皮に特に多く含まれるタンニンを効果的に摂るためには、干し柿を丸ごと食べることもおすすめです。

にんにく
にんにくはアルコール分解を忙しい肝臓の働きを助けてくれる成分がいくつもあります。にんにくにはビタミンB1が豊富で、アルコールの分解を促す働きをしてくれます。

またにんにくのニオイの元となる成分アリシンは二日酔いの原因となる有害物質と結合して体の外に排出してくれます。

メチオニンというにんにく特有の成分は肝機能を高め代謝を促し、これも有害物質を体外に排出してくれます。

にんにくは飲酒後に摂取しても効果がありますが、飲酒前に摂っても肝機能を高めてくれるので二日酔いの予防に効果的です。しかし過剰摂取してしまうとお腹がゆるくなる可能性がありますので注意が必要です。

大豆食品
大豆には、肝臓の修復の際原料となるたんぱく質や必須アミノ酸が含まれています。またレシチンは肝障害の改善に効果があり、ビタミンB1は肝臓の糖分をエネルギーに変換する働きなどがあり、肝臓の働きを助けてくれます。

肝臓の機能が落ちると疲労感や倦怠感を感じやすいのでそんな二日酔いの朝は豆腐の味噌汁や納豆、豆乳などを取り入れるといいでしょう。

ウコン
ウコンは肝臓の代謝機能を高めることは最近では知っている方も多いかも知れません。ウコンに含まれるクルクミンという成分は肝臓強化に効果的で、アルコール分解も助けます。

しかしウコンは吸収効率が悪いので、吸収を高める働きをしてくれるレシチンを含む大豆食品を一緒に摂取することをおすすめします。

何も食べれないくらい気持ち悪いときは…

頭痛や吐き気で何も食べたくない朝であっても何も食べない状態では最後に食べたものが胃の中に残ったままです。

梅干しの入ったおかゆくらい消化のいいものはできるだけ食べた方がいいでしょう。水分と適度な塩分が摂れますので飲酒後の脱水症状も改善できます。

吐き気がしてどうしても何も食べられないという場合は、水に重曹を小さじ1/2~1杯を入れたものを飲むと吐き気も治まりすっきりしてします。

二日酔い、まずはならないことが一番!二日酔いの予防法

辛い二日酔い、解消法はいくつかありますができることならなりたくありませんよね。今日はお酒を飲む、という日に行いたい二日酔い予防対策をいくつか紹介します。

事前に軽くお腹に何かを入れておく

二日酔いにならないためにはまず深酔いしないことです。そのためにはお酒を飲む前に軽く何かをお腹に入れておくことが有効になります。

お腹に何も入ってないすきっ腹の状態でお酒を飲んでしまうとアルコールが一気に吸収されてしまい血中アルコールも一気に上がってしまうので酔いやすくなります。

さらに飲酒前に上で紹介した柿やお茶などを摂取すれば、それらにはタンニンが含まれていますので胃粘膜や小腸を保護しアルコールの吸収を妨げてくれます。

その他におすすめなのは枝豆や豆腐(大豆製品)、お刺身など。これらは肝臓の原料となるたんぱく質が豊富なので飲酒前に食べることで肝臓の働きを助けてくれます。

飲酒前に「脂肪」を摂る

脂肪は他の食品よりも比較的長い時間を使い吸収されます。ですので飲酒前に脂肪を摂ることでアルコールの吸収を防ぎ、腸内ではゆっくり吸収させます。それにより急激に酔うことを防止します。

脂肪はスプーン1杯のオリーブオイルなどでOK。飲酒前の脂肪が悪酔いや二日酔いにいいというのは世界(ヨーロッパ)でも有名ですが国によってはバターやサワークリームで二日酔い防止するところもあります。

また飲酒前に限らす、おつまみにナッツ類やドレッシングのたっぷりかかったサラダなとを選べばそれらも脂肪分が高いので二日酔いには有効な摂り方になります。

水をたくさん飲む

アルコールには利尿作用があるので体が水分不足の状態になり脱水症状を引き起こしてしまいます。ですのでお酒を飲むときに同時に水を飲むといいでしょう。

またお酒の飲むペースが速いと体が処理しきれず血中アルコール濃度が上がってしまい、それが二日酔いの原因にもなります。

その点でも飲酒中に水を挟むというのはお酒を飲むペースが自然と抑えられ、結果的に少ない飲酒量で済むという利点もあります。

お酒は翌朝に残らない適量を楽しく飲もう!

お酒を飲み始めると楽しくて、つい飲みすぎてしまうこともありますよね。しかし楽しいを超えて飲んでしまうと翌朝は二日酔いが引き続いて後悔することもあると思います。

二日酔いの辛さは治ってしまうとすっかり忘れて、またお酒を大量に飲んで後悔することになってしまいがちですが、そのようなことを繰り返すとどんどん体を痛めつけてしまいます。

そんなときは今回紹介した食べ物や飲み物を取り入れてより早い回復を目指しましょう。

楽しくお酒を飲むためには飲酒前・飲酒後ケアがとても大切です。二日酔いにはアルコール分解を行う「肝臓」をいたわることでだいぶ軽減されます。

お酒を飲むときは同時におつまみを食べるようにし、空腹で飲むことは避けましょう。

また、毎日お酒を飲んでいると肝臓が働きすぎて疲れてしまうので休肝日を設けることは大切です。いくらお酒が好きな方でも少なくとも週1~2日はお酒をまったく飲まない日を作りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る