TOP > 成長痛

成長痛は、身体が成長している証!

成長痛というのは未発達な子どもの筋肉が関係しているのですが、骨の成長によって起こると勘違いしている人もいます。ですが基本的には筋肉の発達に関するものなのです。

成長痛とは

成長痛というと思春期におこるもの、というのが一般的なイメージでしょうが、4才や6才など、小さな子供に起こるものもあるのです。

成長痛とは、成長期の子供におこる、痛みを伴う症状のことをいうのです。
成長は子どもにつきものです。成長痛は必ず起こるものと思っていいでしょう。

4~6才の子供はまだまだ筋肉も骨も未発達ですが、そんな小さい体ながら、大人が疲れてしまうくらい暴れまわることがあります。朝から晩まで遊んだ場合、この時に膝が痛くなり泣いてしまう子もいます。しかし翌朝には何事もなかったかのようにしているのですが、これも成長痛なのです。

成長痛はどうしたら良い?

小さな子供が成長痛で痛いと言う時に、大人はどうしてあげればいいのでしょうか。原則、成長は必要なことですから、成長痛も必要なことであるのは間違いありません。よしよしと患部をさすってあげたり、頭をなでてあげたりして、精神的に安心させるのがいいでしょう。

あまり痛み止めなどを使っても意味がありません。子供の頃はこれが当たり前なので、痛くても不安にならないように周りの大人がケアしてあげるほうがいいかと思います。

・子どもの痛みを和らげてあげましょう
成長痛で悩む子供を持つ方必見!痛みを和らげるコツをご紹介

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る