TOP > > 痛風は簡単に予防出来る!?日常生活の中で出来る5つの痛風予防法

痛風は簡単に予防出来る!?日常生活の中で出来る5つの痛風予防法

激しい痛みを伴うと言われている痛風。痛風にだけは絶対にかかりたくないと言う人も多いです。だから、日ごろからしっかり痛風予防をしておく事が大切です。でも痛風はどうやって予防すれば良いのでしょうか?実は、案外簡単な方法で痛風を予防する事が出来るのですよ。そこで今回は、日常生活の中で出来る、5つの痛風予防方法をご紹介します!

痛風の原因となる食べ物を控える!

1つ目の痛風予防法は、痛風の原因となり得る食べ物を控える事です。痛風の原因としては、プリン体が有名です。では、どのような食品にプリン体が含まれているのでしょうか?

それは、ビール、魚卵、レバーなどです。また、モツ煮込みやシシャモなども、プリン体が豊富な事で有名です。ですから、こういったプリン体を多く含む食事のとり過ぎに気を付けてください。

ただ、全く食べてはいけないという訳ではありません。特にレバーは鉄分も豊富で、貧血予防に効果的な事で知られていますよね。ですから、適量の摂取ならば、むしろ体に良い食べ物です。あくまでも食べ過ぎに注意するという事を念頭に置いてくださいね。

痛風改善に効果的な食べ物を食べる!

2つ目の痛風予防方法は、痛風改善に効果的な食べ物を食べる事です。でもいったい、どのような食品を選んだらよいのでしょうか?それは、海藻類やバナナ、サツマイモなどです。こういった食品には、尿酸値を抑える作用があります。

痛風は尿酸値が上昇する事で起こる病気ですから、こういった尿酸値を低下させる食品を食べる事は、痛風予防に効果的なのです。海藻サラダやフルーツヨーグルト、大学芋などで、美味しく食べて尿酸値を低下させてください!

細かい事を気にしないようにする!

3つ目の痛風予防法は、細かい事を気にしないようにする事です。痛風の原因の一つに、ストレスの蓄積があります。ストレスがたまると尿酸値が上がりやすくなり、痛風にかかるリスクがアップします。その為、ストレス対策は、痛風予防に必要とされています。

そこでお勧めしたいストレス対策が、細かい事を気にしないようにするという事です。まじめできちんとした人の方がストレスを強く受けやすいと言われています。まじめできちんとしているという事は、素晴らしい事です。

しかし、そのせいで病気になるのは、とっても勿体ないですよね。ですから、物事をおおらかにとらえて、あまり気持ちを左右されないように心がけてください。そうする事でストレスが軽減され、しいては痛風予防にもつながります!

肥満を解消しましょう!

4つ目の痛風予防法は、肥満の解消です。肥満だとどうしても尿酸値が上昇しやすくなります。その為、標準体重近くまではダイエットで体重を落としてください。それだけでも尿酸値が低下して、痛風の予防になります。

ただし、無理なダイエットは禁物です。例えば食べないダイエットや、激しすぎる運動を取り入れたダイエットの場合、長く続ける事が難しいです。そして、健康被害が出てしまう可能性もあります。

何か月かかけて、ゆっくりと無理のないダイエットを行いましょう。また、一人でダイエットをする事が難しい場合は、病院の先生と相談しながら、適切な食事指導や運動指導を受ける事もお勧めです。

健康診断を受けましょう!

5つ目の痛風予防法は、健康診断を受ける事です。痛風は尿酸値が上がる事で起こる病気です。そこで、定期検診で常に尿酸値をチェックする事が大切です。尿酸値が上がりすぎていると、ドクターから適切な指導を受ける事が出来ます。

尿酸値が高い場合は、水分をしっかり摂りましょうといった指導を受ける事となります。ドクターから適切な指導を受ける事で、早めに痛風対策が出来、激痛に襲われるリスクが減少します!

このように、痛風予防にはたくさんの方法があります。身近に始める事が出来る予防法を集めましたので、ぜひ実践してください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る