TOP > > 痛風は何科が専門?お勧めの科と詳しい治療方法について

痛風は何科が専門?お勧めの科と詳しい治療方法について

痛風は、それほど頻繁にかかる病気ではありません。その為、いざ痛風にかかってしまうと、何科に行けばよいのか分からないと言う人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、痛風にかかった時にお勧めの科と治療方法などをご紹介します!

痛風にかかった時には何科を受診する?

痛風は、風邪などと違い頻繁にかかる病気ではありませんよね。その為、いざ痛風にかかった時、何科を受診したらよいのか迷ってしまいます。では、いったい何科を受診したらよいのでしょうか?

痛風のお勧め科は、内科、痛風科、泌尿器科、整形外科などです。痛風科は、科自体が少なく大病院が近くにない場合は、通うのが難しいです。そういった場合は、内科がお勧めです。また、痛風の原因である尿酸値の上昇の治療には、泌尿器科が良いと言われています。そして、痛風が進行して関節が変形したりした場合は、整形外科などで治療を受けた方が良いとされています。

ただ、「絶対にこの科でないとダメ」という事ではありません。足などに激痛が走って痛風が疑われる場合は、とりあえずお近くのクリニックなどで診察を受けてもかまいません。そこで、ドクターが必要に応じて、他の科を勧められる事もありますし、その病院で治療を開始する場合もあります。いずれにしても、まずは病院で診察を受けるという事が大切です!

痛風はどのような治療がされる?

痛風は、激しい痛みが襲う病気です。ですから、一刻も早く痛みをとってもらいたいですよね。その為には、病院での治療が必要となります。しかし、病院ではいったいどのような治療が行われるのでしょうか?

病院での痛風治療は、主に投薬治療となります。一番初めに行われるのは、関節の炎症をとり、痛みを緩和させる事です。症状に合わせて、薬が処方されます。また同時に、痛風の原因となっている尿酸値の上昇を抑える薬も用いられます。

ただ、尿酸値は急激に下げると痛みを誘発するリスクがある為、数か月かけて少しずつ下げるように薬が調節されます。そのため、痛風の治療は3か月~半年程度必要となります。つまり、痛風は一度かかってしまうと、完治までに長い時間を必要とします。

そして、治療を途中放棄してしまうと、また尿酸値が上昇し、痛風による痛みが襲う事も珍しくありません。ですから、尿酸値が下がるまで気長に治療を受ける事が大切になるのです。

このように痛風にかかった場合、内科、痛風科、泌尿器科、整形外科などで治療を受ける事となります。いずれも投薬治療を中心に、症状に合った治療が施されます!痛風は放っておくと、悪化して深刻な状態に陥る事も珍しくありませんので、早めの治療をお勧めします!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る