TOP > > 尿酸値が高いと心筋梗塞発症!痛風で死なないための予防対策

尿酸値が高いと心筋梗塞発症!痛風で死なないための予防対策

皆さん痛風という病気をご存知ですか? 男性に多い疾患で、血液中の尿酸値の値が高い状態で放置すると発症します。足の親指の付け根などが腫れて、かなり強い痛みが伴います。その痛みは出産時の痛みに匹敵するほどと言われています。

男性では想像できないほどの痛みでしょうか。この痛風ですが単に痛いだけではなく、放置すると命に関わる合併症を招く危険があるそうです。

痛風ってどんな病気?再確認してみよう

尿酸値の高い血液の状態にあることを、高尿酸血症といいます。さてこの高尿酸血症の人は、日本にどれくらいいるのでしょうか? 尿酸の血液中の濃度の上限は7mg/dLですので、これを超える人は推定で600万人いると推定されています。

これは痛風になる予備軍が600万人もいるということです。この数値はかなり高い数値ですね。約人口の5%にあたる20人に1人に該当します。高尿酸血症の人はほとんどが男性なので、実質は男性10人に1人になります。

でも、この高尿酸血症の人の全員が、あの「痛い痛風発作」を発症するわけではありません。実際には高尿酸血症の人の10%くらいです。残りの人は痛風発作がない「無症候性高尿酸血症」と呼ばれて、まったく痛みの症状が出ないのです。

たとえ、尿酸の血中濃度が高くても、関節内で尿酸の結晶化が起きなければ痛風発作はおきません。この結晶化において個人差があるのです。しかし、痛風発作が起きないから安心というわけにはいきません。

なぜなら、高尿酸血症の人には合併症にともなう、危険極まりない病気のリスクが漏れなく付いてくるからです。

痛風が命に関わる重大の病気のリスクになる

尿酸値の高い状態で放置することが、高いリスクを抱えることになるのです。痛風発作が起きれば強い痛みが警告となって何とかしようとするのですが、痛みが伴わない場合はそのまま放置してしまいがちです。

とにかく何の症状もないのですから。すると、ある日突然心筋梗塞で倒れてしまうなんてことが起こりかねないのです。高尿酸血症は、心臓疾患などの危険因子となると考えられています。

また、糖尿病や高血圧などのリスクを同時に抱えている場合も多く、深刻な合併症を招くこともあります。尿酸値を下げ、正常値にコントロールすることが、高尿酸血症の人には重大な課題となります。

尿酸はプリン体から作られます。

痛風の原因となる「尿酸」は私たちの体の中に常に存在していて、作られる量と体外に排出される量のバランスが一定量に保たれています。尿酸は主にプリン体から作られます。プリン体は20%が食べ物から作られ、残りの80%は体内で生成されます。

人間の体内では新しい細胞が生まれて、古い細胞が死んでいくという新陳代謝が常に行われています。そして新陳代謝で古い細胞が死んでいく時に、遺伝子を構成していたプリン体が放出されたのち分解され、尿酸が作られるのです。

痛風を予防・治療するには

高尿酸血症の予防や治療には、食事や運動などの生活習慣の改善と、尿路管理や薬物療法があります。ここでは、自分でコントロールできる生活習慣の改善と尿路管理について紹介します。

生活習慣の改善(食事療法と運動療法)

高尿酸血症の基本となる治療法です。食事に関しては、プリン体を多く含む食品やアルコールを控えて、1日の総摂取カロリーを制限していきます。運動に関してはウォーキングや水中歩行等の有酸素運動を中心に行い、標準体重になるよう努力します。

過度の減量はホルモンバランスを崩すことになり、激しい運動はプリン体を発生するので、かえって尿酸値が高くなってしまうので要注意です。

尿路管理

高尿酸血症は尿を酸性にします。尿酸は、酸性の状態の尿に溶けにくいだけでなく、結晶を作って腎臓機能に悪影響を及ぼしたり、尿路結石を発生させたりして尿の排泄を阻害します。そのため尿が酸性にならないようにしっかり管理する必要があります。

これを尿路管理といいます。対策としては、水分を充分に摂取して尿量を増やすことと、食事のバランスに注意して尿の酸化を防ぐようにすることです。

痛風の原因である高尿酸血症は、生死に関わる心筋梗塞の引き金にもなりかねません。健康診断ではこの尿酸値の値に充分注意して、高い場合はたとえ何も症状がなくても、医師に相談して早めに治療するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る