TOP > > 突然襲ってくる激痛!知って得する痛風に関する4つの事

突然襲ってくる激痛!知って得する痛風に関する4つの事

痛風にかかると、足などに激しい激痛が走ると言われています。また、痛風はメジャーな病気ですから、名前くらいは誰でも耳にした事があります。しかし、痛風に関してふんわりとしたイメージはあっても、実際には「痛風の事はよくわからない」と言う人も多いです。そこで今回は、知っておきたい痛風に関する4つの事をご紹介します!

痛風の具体的な症状って何?

1つ目の痛風に関して知っておきたい事は、「痛風の症状」についてです。痛風の症状は激痛というイメージが強いです。しかし、痛風の症状は痛みだけではないのですよ。初期段階の症状としては痛みが主になります。しかし、痛風の原因である尿酸値の上昇を放っておくと、症状は徐々に深刻化していきます。

関節の腫れ、関節の変形、腎臓の病気などと症状が進んでいきます。ですから痛風にかかった場合、必ず病院で治療を受けて下さい。尿酸値が正常に戻るまで、徹底的に治療に専念する事が大切です。悪化してしまうと、最悪の場合、腎不全を招く事もありますので、まずは治療を受ける事が大切です!

痛みを和らげる方法!

2つ目の痛風に関して知って起きた事は、「痛風による痛みを和らげる方法」についてです。痛風にかかると激しい痛みが襲ってきます。すぐに病院に行ける状況なら病院に行く事が先決です。しかし、真夜中や仕事中などの場合、すぐに病院に向かうのは難しいですよね。

そういった場合は、患部を冷やす事で痛みを和らげて下さい。また、冷やす時のポイントは、痛みのある部分を心臓より上にあげる事です。そうする事で、より効果的に痛風による痛みを和らげる事が出来ます!

市販の痛み止めを使う時の注意点!

3つ目の痛風に関して知っておきたい事は、「市販の痛み止めを使う際の注意点」についてです。痛風にかかった場合、一刻も早く治療を受けた方が良いです。しかし、都合によってどうしても病院に行けない事もありますよね。

そういった場合は、ドラッグストアなどで痛み止めを購入するという人が多いです。でも、市販の痛み止めを使う際には、注意してもらいたい事があります。痛み止めには色々な種類があります。痛風による痛み緩和を目的として薬を用いる場合、アスピリンが入っている痛み止めは、絶対に服用しないで下さい。

アスピリンは、痛風患者さんが使った場合、症状を悪化させる可能性があります。その為、痛み止めを選ぶ際には、アスピリンの入っていない商品を選んで下さい。ご自分で選ぶのが難しい場合は、ドラッグストアの薬剤師さんにご相談ください。痛風に使う事を事前に言っておくと、薬剤師さんから、適切な痛み止めを紹介してもらえます。

痛風の原因とは?

4つ目の痛風に関して知っておきたい事は、「痛風の原因」についてです。痛風にはたくさんの原因があります。例えば、遺伝、ストレス、プリン体を含む食品の過剰摂取、肥満などです。様々な要因が考えられています。

ただ、遺伝による痛風患者さんはそれほど多くなく、全体の8%程度と言われています。ですから、主に生活習慣や食生活などが影響しているようです。痛風を予防する為にも、バランスの良い食事を心掛け、プリン体の過剰摂取や肥満を防止しましょう。

以上が痛風に関して知っておきたい4つの情報です。突然痛風になった時などに、ぜひお役立てください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る