TOP > > 清涼飲料水では逆効果!尿酸を下げるには水分摂取だと言うけれど・・・

清涼飲料水では逆効果!尿酸を下げるには水分摂取だと言うけれど・・・

「尿酸値を下げるためには水分をたくさん摂ることが大切だ」という話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。実際にそれを実行してらっしゃる方もいると思います。では、具体的にどのように水分摂取をしていけばよいのでしょう。

水分摂取がなぜよいのか?

尿酸の約7割は尿と一緒に排泄されています。尿量が増えることで排泄される尿酸の量も増えてくれるのです。排泄される尿酸の量は増えるものの、尿中の尿酸濃度は下がっているため、尿路結石の予防にもなります。

ちなみに汗の中に排泄される尿酸はほとんどありません。そのため大量の汗をかいて脱水状態になると、尿酸値は上昇してしまいます。汗をかいた時には必ず水分摂取を忘れないようにしましょう。

どのくらい水分を摂ればよいのか?

高尿酸血症や痛風の治療のためのガイドラインというものがあります。それによると高尿酸血症や痛風の患者さんは1日2L以上の尿量を保つようにすることが必要とされています。一般的な成人の1日の尿量は1L前後です。

水分は飲料以外に食べ物からも摂取されています。その分を差し引いても、1日の尿量2L以上を保つには、飲料として1日2Lくらいの水分を摂取することが望ましいとされます。夏場や運動して汗をかいた後には、もっと多めに水分を摂ることを心がけた方がよいでしょう。

ただし腎不全、心不全などで水分の摂取量を制限するように言われている方は、このように水分摂取することは絶対にやめて医師の指示に従ってください。

よく言われますが、喉が渇いたと感じた時にはもう体内の水分は少ない状態です。喉が渇いたと感じる前に水分を摂取するようにしていきましょう。寝ている間は気付かなくても意外と汗をかいています。朝起きたら水分補給は忘れないようにしましょう。他に入浴前後や寝る前の水分補給も大切です。

どんな水分を摂ればよいか?

尿酸値を下げるための水分摂取には低カロリーのものを選びましょう。水、緑茶、ウーロン茶、麦茶がよいでしょう。食塩無添加のトマトジュースもよいかもしれません。ミネラルウォーターを飲まれている方も多いですが、その場合は軟水にしてください。硬水には尿路結石の原因になるナトリウムが含まれていることがあるため、注意が必要です。

炭酸飲料、ジュース、甘みのついた缶コーヒーやペットボトルの紅茶などは避けてください。スポーツドリンクにも糖分がかなり含まれています。運動の際にはこの糖分が効率の良い栄養源となって疲労回復を手助けしてくれる優れた飲み物なのですが、運動もしないままに水分補給として飲み過ぎてしまうのは糖分の摂り過ぎに繋がります。

清涼飲料水にはかなり多くの糖分(砂糖や異性化糖)が含まれています。砂糖ももちろんよくありませんが、異性化糖に含まれる果糖が尿酸値を上げてしまうこともわかってきています。砂糖も分解されるとブドウ糖と果糖になります。

つまり、水分摂取のためにとスポーツドリンクやジュースなどの清涼飲料水をたくさん飲んでしまうと、逆に高尿酸血症になってしまうのです。

また、アルコール類ももちろんダメです。プリン体オフのビールなら尿酸値に影響ないから心配ないと思われている方も多いですが、アルコール自体が尿酸値を上げる元凶です。アルコールの代謝過程で尿酸は作られてしまうのです。そのためプリン体オフのものでも尿酸値は上がります。

だからと言って、全くの禁酒というのはストレスが溜まります。アルコールが尿酸値を上げてしまうことや、飲んでも水分摂取には繋がってないということを自覚して、ほどほどに飲むようにしましょう。

そしてアルコールには利尿効果があり、飲んでそのまま寝てしまうと脱水状態になってしまいます。飲んで帰ってきたら、水分もしっかり摂っておきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る