TOP > > 整体師もオススメする!膝痛に効果のある食品はオクラと山芋

整体師もオススメする!膝痛に効果のある食品はオクラと山芋

人間は年齢を重ねてくると、調子が悪くなる部分があります。整体師をしていると色々な身体の悩みを聞きますが、年代が上がるにつれて膝の不調についての話が多くなるようです。ご存知の通り、膝は体の体重を支える関節であり、歩行する上でも大きな負荷がかかる部分です。

膝に問題があれば身体を支えることもできず、立つことや歩くことにも大きな苦痛を伴うこともあるでしょう。実は膝は整体師にとって難しい場所でありまして、肩、腰と比較して即効性のある施術はありません。

加齢による膝の痛みはクッションの減少が原因

膝の痛みを抱えている人には大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目はスポーツや大きな負荷を膝に加えたために膝関節に障害がある場合です。これは半月板の損傷やじん帯の損傷、もしくは膝関節の骨や軟骨が欠けたりすることが原因です。またこれらの障害により膝に水が溜まることも痛みの原因になります。

2つ目は加齢により膝関節や軟骨が磨り減ってしまい、クッションとして働いていない状態です。50代以上の年代ではこの症状の人が多く、放置することで関節の変形や硬直などの症状が出てきます。

1つ目の原因では問題となる負荷を軽減することで、膝の負担も減少し症状も改善されることが期待できますが、2つ目の問題では軟骨自体に問題があるため、負荷を軽減しただけではなかなか回復できません。痛みを改善するためには軟骨の劣化を防ぐ必要があるのです。

膝の軟骨をスムーズにするにはオクラと山芋がオススメ

加齢による膝の痛みの予防法としてオススメなのは、まず膝周りとふとももの筋肉をつけることです。人間のバランスは微妙にできていて、体重の負荷を分散しています。膝が悪くなる人の多くに、このバランスの乱れがあり、膝関節に全体重がかかっています。

つまり、筋肉が弱いと膝関節を伸ばした状態になり、膝をつっぱった姿勢で歩行してしまうのです。この歩き方では膝を悪くするのもしかたがありません。これを解消するには、膝周りとふとももの筋肉をつけるのが一番。

私がオススメする運動はズバリ「スクワット運動」です。膝が痛い人は深くまで膝を曲げる必要はありません。無理のない状態でスクワットを20回程度行って下さい。次に軟骨をサポートするための栄養を補給することも重要です。

「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン」や「摂っていますかコンドロイチン」など、膝に良いとされるサプリメントが大人気だそうです。これらは膝の軟骨を構成する成分であり、軟骨内に水分を保ち弾力を持たせる作用もあるそうです。

一般的にグルコサミンやコンドロイチンの原料と言えば、カニやエビの外殻、サメの軟骨ですが、これらを食品として食べることはとても難しいですよね。サメの骨なんてどこで売っているのかも分かりませんし(笑)。

そこで簡単に食事から摂取する方法を紹介します。それが「ネバネバ系食材」であるオクラや山芋だったのです。オクラ、山芋と言えばスタミナ食材でも有名ですが、膝にもとっても有益な食材だったのです。

オクラ、山芋にはグルコサミンやコンドロイチンが含まれており、日常的に食べることで膝軟骨の保護に効果的と考えられます。膝痛が悪化してしまうとなかなか効果は難しいようですが、予防や初期の膝痛には期待ができると思います。ぜひ、筋肉アップとネバネバ食材で膝の痛みを予防してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る