TOP > > 膝の痛みは病気のサイン?膝の関節痛の原因と考えられる病

膝の痛みは病気のサイン?膝の関節痛の原因と考えられる病

膝の痛みの原因

あなたは膝に痛みを感じた経験はありませんか?またその痛みが今も継続していませんか?膝の痛みは年齢や疲れのせいにして放置してしまいがちです。ですがその膝の痛みに思わぬ原因や病気が隠れていることがあります。病気のサインを見逃して症状が悪化しては大変ですよね。

そこで今回は、膝の関節痛の原因として考えられる病気をいくつか紹介していきます。膝の痛みの他に代表的な症状をいくつか挙げていきますので、それらに当てはまるかどうかも確認してみましょう。

変形性膝関節症

膝に痛みを感じる方の多くがこの変形性膝関節症に当てはまります。変形性膝関節症とは膝関節にある軟骨がすり減ったり、関節が変形してしまう病です。原因は主に加齢や肥満と言われており、中高年層に患者数が多いのが特徴です。男女比でいうと女性のほうが患者数が多いのも特徴です。

主な症状は膝の痛み、膝に水が溜まることです。初期症状の膝の違和感から始まり、次第に歩行時に痛みを感じるようになります。腫れていたり熱を持っているような感覚に襲われるケースもあります。

重症化すると立ち上がる時も痛みを感じるようになり、日常生活に支障をきたすようになります。症状や進行速度は人それぞれです。

関節リウマチ

関節リウマチは関節や筋肉に炎症を起こす自己免疫疾患です。30代以降の女性に多い病です。リウマチというと手の指にこわばりや変形を起こすというイメージが強いかもしれませんが、膝関節に痛みが生じることもよくあるのです。

主な症状は関節のこわばりや変形・関節の痛み・微熱・体重減少などです。関節のこわばりは朝に感じやすいのが特徴です。変形は左右対称に起こることが多いので、これも関節リウマチを発見する大きなポイントとなります。

半月板損傷

半月板とは、膝の関節の中にあるクッションの役割をする軟骨のことを指します。この半月板がスポーツや事故など刺激により損傷してしまうことを半月板損傷といいます。

症状としては膝を曲げたり伸ばしたりする際に痛みを感じたり、引っかかる感覚があります。放置すると膝に水が溜まってしまうこともあるので早めに病院を受診しましょう。

靭帯損傷

膝には膝関節を安定させる為に4本の靭帯がありますが、これがスポーツ等により傷ついたり裂けてしまうことがあります。

症状は膝の痛みや腫れ・膝の不安定感です。思うように膝が動かないと感じることもあります。放置したままスポーツを続けることは大変危険です。少しでも違和感を覚えたらすぐに病院を受診してください。

痛風

痛風とは、体の中に溜まった尿酸が結晶化して関節に強い痛みや変形を感じる病です。昔は痛風=贅沢病というイメージがありましたが、食生活が充実した現在では誰にでも発症のリスクがあります。

また若い時に激しい運動をしていた人、ストレスが多い人も発症リスクが高いと言われており、健康的な食生活を送っていても油断はできません。

痛風の主な症状は指・膝・腰など全身の関節の痛みや変形です。特に症状が現れやすいのが足の指と言われています。通風は病気そのものというよりも、様々な合併症を引き起こすことで恐れられています。腎障害などを発症すると命の危険もありますので特に注意が必要です。

膝の痛みを感じたら

膝の痛みで病院を受診する際、何科に行けば良いのか悩んでしまう方も多いと思います。その答えはずばり整形外科となります。膝の専門は整形外科ですので、ほとんどのケースは整形外科の診察で原因が判明します。

総合病院など大きな病院には窓口的な総合診療科というものがあるので、まずそちらで相談してみるのも良いと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る