TOP > > 革新的裏ワザ発見!1日6分の足スライド運動で膝痛が解消

革新的裏ワザ発見!1日6分の足スライド運動で膝痛が解消

現在、膝痛に悩まされている人は、厚生労働省の調査では1,000万人もいるそうです。特に高齢者に多く、病院に行っても加齢が原因と言われ、諦めるしかないと思っている人がほとんどではないでしょうか。

でも、諦めないでください。膝痛を起こす原因となる真犯人が、最近の研究で判明しました。そして、それに対応した膝痛を解消できる適切な運動方法があります。今回はその革新的な裏技を紹介します。

膝痛の主な原因となる病気(変形性膝関節症)とは

加齢が原因で膝痛になる代表的な疾患が、変形性膝関節症です。変形性膝痛関節症とは、加齢などによる長年の膝への負担が原因となって、膝の骨や軟骨がすり減ってしまうことで炎症を起こす病気です。

この炎症によりつらい膝痛を起こし、歩行や階段の昇降など日常の生活に支障をきたし、高齢者のQOC(生活品質)を著しく低下させている要因になっています。すり減った骨のかけらが、周囲の組織を刺激して痛みを発生させています。

中高年の膝痛の原因として代表される病気です。変形性膝痛関節症になる骨や関節の異常は、複数の要因に分けることができます。代表的な症状は次のようになります。

【骨や関節の異常となる複数の要因】

  • 骨が欠ける【関節ネズミ】
  • 軟骨が硬化する
  • 骨がもろくなり、ひびが入る【骨粗鬆症】
  • 骨の一部がトゲのように変形する【骨棘形成】
  • 関節の間の隙間が狭くなる

加齢以外の原因について

膝痛の原因のほとんどが加齢による骨密度の低下と、長年にわたる膝への負担が原因となりますが、それ以外にも、その人の体形や生活スタイルにも影響します。まず、肥満傾向のある人は、普通の人よりも体重による膝への負担が多く、リスクが高いですよね。

また、重い物を持つ作業をする人など、膝に負担がかかる生活をしている人や、膝の外傷がある方などもリスクが高く、若いうちから発症する場合もあるので、充分注意する必要があるでしょう。

膝痛起こしている真犯人を見つけた

これまでは、膝痛を起こしているのは膝の炎症が原因と考えられていました。まずは、このメカニズムを詳しく確認してみましょう。私たちの膝の関節部分は、薄い袋状の膜に覆われています。その袋の中で、太ももの骨とすねの骨がお互いの顔を見合わせる形になっています。そしてお互いの骨の先には、クッションとなる軟骨があるわけです。

そして長年の膝の酷使で、この軟骨が剥がれて膜にくっついて、炎症を起こしていると思われていました。しかし、本当の原因はそれではなかったのです。これはショックです。まさに青天の霹靂。刑事ドラマで言えば急展開、衝撃の真犯人現ると言ったところでしょうか

真犯人の名前は「NF-kappa B」(エヌエフ・カッパ・ビー)

真犯人の名前は「NF-kappa B」(エヌエフ・カッパ・ビー)。言いづらいのでここでは独断ですがカッパ将軍というあだ名で呼ばせていただきます。さてこのカッパ将軍は、裏でどんな暗躍をして膝痛を起こさせていたのか、説明していきましょう。

まず、膝関節の軟骨が剥がれ、その破片が関節を覆っている袋に刺さります。するとそれを見つけたカッパ将軍が免疫に命令して総攻撃をかけます。しかし、膝関節の中は水で満たされているため、カッパ将軍の放った爆弾は、あたり一面に流れ散ってしまいます。

膝関節の中にはあちこちカッパ将軍がいる為、流れてくる爆弾を敵の攻撃と勘違いして、味方に対して攻撃を開始してしまいます。そのため、膝関節の中では大混乱、大戦乱が勃発し、大炎上して膝が痛くなるという訳です。

「NF-kappa B」は核内因子と呼ばれ、免疫と深い関わりがあります。そして直接の膝痛の原因は、この「NF-kappa B」の活性化にあったのです。

膝痛を治す超簡単裏技はこれだ

以前は、膝板を治すための方法として、関節を覆っている膜に刺さった骨の破片を血液中に排出させるために、血行を良くするための運動が奨励されていました。しかし、この運動の刺激がNF-kappa Bを活性化させてしまい、逆効果になることが分かったのです。

カッパ将軍に気づかれないスローな運動が効く

激しい運動や普通の運動では、NF-kappa B(カッパ将軍)に気づかれてしまうので、気づかれないスローな運動で行うと、カッパ将軍に気づかれずに血流を良くすることができることが分かったのです。

1日6分で膝痛を改善座ってできる足スライド運動

これはゆっくりした運動を基調にした、画期的な運動療法です。この方法は順天堂東京江東高齢者医療センターの黒澤尚先生が紹介されている方法です。変形性膝関節症の人に大きな効果が期待できるそうです。

【これで膝痛を改善!座ってできる足スライド運動】

  • まず、準備として靴下をはきます。
  • 椅子に浅く腰かけます。
  • 片方の足を1往復5秒くらいかけてスライドさせます。
  • 反対側の足もやります。

肝心なのは膝をゆっくり動かすこと、これを1日6分、やるだけです。この方法でたくさんの人の膝痛が改善しています。簡単ですから、膝痛に悩まされている方は是非、試してみてください。でも、くれぐれもカッパ将軍に気づかれないようゆっくりお願いしますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る