TOP > > 脳の補正作用のおかげで気づかれにくい最悪失明にまで至る緑内障

脳の補正作用のおかげで気づかれにくい最悪失明にまで至る緑内障

大敵は脳の補正作用?

糖尿病からくる失明は周知度が高いですが、「緑内障」が進行すると失明する事を皆さんはご存知でしょうか?そもそも、「緑内障」とは一体どんな病気なのでしょう?

簡単に言うと、「眼圧」の上昇により視野が狭くなっていき最終的には失明に至る病気です。勿論、症状によりそれぞれ病名がついています。中には、急性的な症状をおこす症例もありますので、注意が必要です。

この病気は、中高年になると発症頻度が上がってきます。「40歳になったら毎年検査を受けよう」と書いてあるポスターなど病院で見たことはないですか?

自分は若いからと安心した人に警告します。「眼圧」が高ければ30代の人でも発症するのです。かつて、「眼圧が高めだね」と言われたことはありませんか?もしあれば、いつ「緑内障」を発症してもおかしくないのです。

この病気の怖いところは、「気がつきにくい」という特徴があり、自覚したときにはかなり症状が進んでしまっている事が多い事です。「視野が狭くなる」という症状でありながら、何故進行するまで気がつかないのでしょうか?見える範囲が狭くなってくれば違和感をおぼえますよね。気がつくのに時間が係ってしまう原因は、脳にありました。

人間の脳はとても優れているため、ちょっとぐらい視野が欠けてもここはこうだろう。とあたかも見えているかのように映像を補正してくれるのです。ありがたい話なのですが、この病気の発見という意味では迷惑な話です。これが気づくのに遅れてしまう最大の原因となっているのです。

「緑内障」に気がつくために

「緑内障」は一度発症してしまうと、進行を遅らせるしかない病気です。一度傷ついてしまった視神経を回復させる方法は、現在ありません。それだけに少しでも早い段階で気がつきたい病気です。

「緑内障」の危険性は「眼圧」を測ることで分かります。ただ、この「眼圧」を測る機会が中々無い事が問題です。視力の良い人などは、眼科にかかることさえ滅多に無い状況だと思いますし、定期検診でも(会社などの)「眼圧」までは測定してくれないと思います。こんなふうに目の事は他の病気と異なり後回しにされがちです。

過去一度でも「眼圧が高め」と言われたことがある人は、定期的に検査を受ける事を考えてみてください。また、最近見えにくい・視力が落ちた様な気がするという人も是非一度眼科を受診される事をオススメします。

「緑内障」と薬

今、他の病気で薬を服用している人は注意してください。その薬が「緑内障」を悪化させる可能性があるかもしれません。「緑内障」には、服用してはいけない薬があります。他の病気を治療するために服用している薬が「緑内障」にマイナスに働いてしまうのです。これは、素人判断できませんので、主治医に相談してみてください。

「緑内障」は最終的に失明をもたらす病気です。上がってしまった「眼圧」は、手術や投薬でコントロールできます。大切なのは、「早期発見・治療」です。毎日、物を見るため酷使している目。少しでも違和感を感じたら、自己判断をせずに眼科に行く事をオススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る