TOP > 緑内障

緑内障を予防しよう

緑内障とは、昔は「あおそこひ」と呼ばれていたもので、失明に至る恐ろしい病気とされていました。眼の眼圧が大きく関与しており、その眼圧に視神経が圧迫されて、視神経に問題が生じ、そのまま放置していると視野が狭くなって、失明となっていきます。

原因不明の原発緑内障と呼ばれるものが最も多く、生まれながらの先天性緑内障、外傷による目の病気から合併症を起こして発症する続発緑内障とがあります。

稀に急に眼圧が上昇し、吐き気や頭痛、目の痛み、目のかすみを起こすことがありますが、ほとんどの場合、自覚症状がなく、気づいたときにはかなり病状が進行しているということが多いようです。

40歳以上の方は、緑内障のリスクが上がるとされていますので、40歳になったら、定期的に検査をされることをおススメ致します。早期発見、早期治療が、失明の恐怖から自分を守る方法だからです。

こちらのカテゴリでは、緑内障の検査を勧める理由、緑内障の原因とされる眼圧のこと、緑内障の人がしてはいけないこと、などをご紹介しています。

検査のススメ

緑内障は自覚症状がほとんどなく、かなり進行してから気づくことが多い病気です。気づいたときには、もう遅いという場合も多く、日本で失明原因の第一位である緑内障は、恐ろしい病気なのです。

40歳くらいから自覚症状が出るということが多いようですが、それよりも早く気づくために、20代から自分を守るために、定期的に検査を受けましょう。特に、身内の方で、緑内障の方がいらした場合は、リスクが上がりますので、早期発見に努めましょう。

・早期発見が重要なワケ
緑内障放置しておくと失明を招きます、早期発見!何より重要です
後悔しない為に!20代から緑内障の検査を受けるべき4つの理由

緑内障の原因と予防方法

緑内障の主な原因は、眼圧ですが、その眼圧の異常を作ってしまうのが血流だと言われています。血行が悪くなると、眼圧にも影響が出やすいのです。

そこで、冷え症の方は、体を温める食材を積極的に取り入れていきましょう。
・緑内障の原因が眼圧?

緑内障の原因は眼圧の上昇だけとは限らない!正常眼圧と緑内障の関係

緑内障の原因としては、先天的なもの、また近親者に緑内障を発症された方がいる遺伝的なもの、生活習慣の乱れによる血行不良から眼圧が上がり、視神経を圧迫してしまって起きるもの、糖尿病が原因で起きるもの、などがあります。

いずれも、早期に発見すれば、失明に至ることはありません。身近な人の中に緑内障の方がいる方はリスクが高いことが分かっています。定期的に検査を受け、早期発見、早期治療を目指しましょう。

・緑内障の原因とは
失明のリスクがある緑内障!3つの原因とその予防法について

緑内障は遺伝の要素が強いと言われています。また、男性よりも女性に多く発症することが分かっています。生活習慣も大きく関わっており、睡眠不足や過剰なストレスは血行不良を起こし、眼圧を上げる原因となってしまいます。

年齢が上がるとリスクも上がっていきます。適度な運動を取り入れて、ストレスを発散しながら、血行を良くするよう心がけましょう。

・緑内障になりやすい人の特徴とは
40代以上の約20人に1人がなる緑内障!かかりやすい人の3つの特徴

緑内障の方の禁止事項

緑内障になると、次第に視野が欠けて、狭くなってきます。その症状が進行していくと、失明に至るわけですが、緑内障の方には絶対にしてはいけないことがあります。緑内障と眼圧は深く関わっています。

目に圧力をかけることは危険です。何気ないことのように思ってしまいがちですが、うつぶせでの読書などは目に圧力をかけてしまいますので、してはいけません。

また、緑内障の一部の方ではありますが、飲んではいけない薬というものがあります。医師の指示に従うことと、別の病院にかかる場合には、ご自分が緑内障であることを相談された方がいいでしょう。

・緑内障の人が注意すべきこと
緑内障が悪化する!?緑内障の人が絶対にしてはいけない2つの事

緑内障の恐怖

年を取ると、誰しも老化と向き合うことになります。体が老化するのと同時に、当然目の老化も始まっています。そのため、飛蚊症や白内障などの症状が出ることは、有名です。緑内障は、初期症状に気づきにくいため、かなり進行してから病院を受診される方がほとんどです。

40歳を過ぎたら、定期的に検査を受けましょう。また、近年、緑内障とアルツハイマー病との関係性が発表されています。アルツハイマー病の治療薬で、緑内障が改善したとされるものです。まだ、しっかり確率してはいないようですが、医学の進歩を望みたいところです。

・緑内障とアルツハイマーの関係
失明の原因NO.1の緑内障とアルツハイマー病との密接な関係とは!?

緑内障は、一度発症してしまうと、今現在の医療では、その進行を遅らせるしか方法が
ありません。重症化した緑内障は、治す術がないのです。

そこで、早期に発見するということが、いかに大事なことかが分かられると思います。緑内障の悪化=失明です。そうならないためにも、眼圧が高めだと言われたことがある方などは、定期的に検査を受けましょう。

・失明の恐怖
脳の補正作用のおかげで気づかれにくい最悪失明にまで至る緑内障

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る