TOP > > 口内環境は大丈夫?歯肉炎を予防する歯肉マッサージのススメ

口内環境は大丈夫?歯肉炎を予防する歯肉マッサージのススメ

歯磨きの最中に歯茎から出血をした経験はないでしょうか?強く磨き過ぎているからと思い込んでしまっていませんか?もしそうだとしたら危険信号。まずは歯肉炎を疑いましょう。歯肉炎は歯周病の前段階、やっかいな歯周病に悩まされる前に口内ケアをはじめませんか?

歯肉炎は治せる

歯肉炎と歯周病の違いとは何でしょうか?人間の口の中にはもともと細菌が存在しています。この常在菌は歯磨きが不十分であったりして口内環境が清潔に保たれなくなると増殖し、歯と歯茎の境目周辺に付着します。この細菌が歯茎の内部に入り込もうとして炎症している状態を歯肉炎といいます。

一方、歯周病とはこの炎症が広がり、歯を支える骨が溶けてしまったり、歯茎が下がって歯の根元が露出した状態になったり、歯に食べ物が詰まりやすくなる、口臭が強くなるなどの症状が現れます。

つまり歯周病は歯肉炎が進行した状態。歯周病になってしまうと一度溶けてしまった骨は元には戻りませんし、治療にもそれなりの時間と費用がかかってしまいます。そうなる前に歯周病の前段階である歯肉炎のサインに気づき、ケアすることで口内環境を快適に保ちましょう。

見逃しやすい歯肉炎の症状

では、歯肉炎になると一体どのような症状が表れるのでしょうか?気がつかないうちに歯周病へと発展させないためにも、歯肉炎を疑うべきポイントをご紹介します。

歯磨きの時に歯茎から出血する

健康な歯茎であれば歯磨きで出血することは稀です。歯茎が炎症している可能性があります。

歯にプラークが付着している

プラークとは歯についた汚れに細菌が付着して繁殖したものです。歯の表面や歯茎の隙間などに白く付着したものをみたことがあるかもしれません。このプラークが蓄積している歯茎はほとんどの場合炎症を起こしています。

歯茎が腫れている

健康な歯茎は歯と歯の間では鋭くVの字をしています。この部分が膨らんで丸みを帯びてきます。もし触って痛みがある場合には細菌が歯茎の中で骨に達して炎症を起こしている可能性があります。

朝、口の中がネバネバしている・臭いが気になる

歯茎の炎症が強くなっている可能性があります。見えない所に膿が溜まって口の中へ出てきている状態です。

歯肉マッサージで歯茎を丈夫に保つ

もし歯肉炎かも?と思ったら、まずは普段の歯磨き習慣を見直しましょう。毎食後に歯を磨いている、という人でも歯茎に意識を向けて磨いている人は案外少ないかもしれません。

ここでは歯茎の血流と代謝を促進してくれる歯肉マッサージをご紹介します。歯肉マッサージは市販の歯ブラシを使って歯茎の表面を丈夫にしてくれます。

歯肉マッサージの方法

  • 夜寝る前の歯磨きの際に、歯に付着したプラークを除去します。
  • その後、柔らかめの歯ブラシを使って歯茎をやさしくブラッシングします。一カ所につき10秒~20秒ほど時間をかけて、歯茎を傷つけないよう、振動させるようにします。

歯茎をマッサージすると血行が良くなるだけでなく、唾液の分泌が促されて口の中の細菌を洗い流してくれる効果があります。これは歯肉炎だけでなく、虫歯の予防にもなります。

健康な歯といつまでも付き合っていけるように、まずは夜だけでも、毎日の歯ブラシ習慣の最後に歯肉マッサージも取り入れてみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る