TOP > > 歯肉炎の原因となる日常生活のストレスを減らす生活習慣

歯肉炎の原因となる日常生活のストレスを減らす生活習慣

歯肉炎という言葉を聞くと、ほとんどの人が「口内の何らかの病気でしょ?」と、病状など詳しいところは分かっていないものの、そのように捉える傾向にあります。確かに、歯肉炎という症状は、口内で何らかの異常が生じている状態なので、口内の病気であることは間違いありません。

ただし、ここでもう1つ勘違いしてしまうことが、口内の病気なので、この歯肉炎を抑えるためには、「口内の原因を潰せばよい!」そう考えてしまうのです。確かに、口内の問題を取り除けば発症している歯肉炎という病気に対処することは出来ます。

ただし、気付かなければなりません。根本的対策になっていないことを。では、この歯肉炎の原因として根本にあるのは何なのでしょうか?現代人特有の歯肉炎を引き起こす要因をご紹介し、その要因を排除する方法をご紹介します。

現代人特有の歯肉炎を呼び込む要因とは?

冒頭でも述べましたが、歯肉炎とは完全に口内だけの異常による病気だと思われがちです。例えば、夜甘いものを食べているにも関わらず、歯を磨かずに寝るという習慣や、ブラッシング自体は習慣的に行っているものの、歯茎に対するブラッシングが行われていない、などです。

しかしながら、歯肉炎を引き起こすのは、これらの直接的な要因以外にも、現代人特有の問題が影響し、問題が発生していることも多いと言われています。では、その現代人特有の問題とは何なのでしょうか?

それは、「ストレス」によるものと言われているのです。歯茎が腫れたり、歯茎から出血するのが歯肉炎ですが、この歯肉炎がストレス反応の一種として発生していると言われているのです。つまり、歯肉炎を予防できる方法とは、ストレスを減らすことなのです。

ストレスが歯肉炎を引き起こすメカニズムとは?

通常の状態における口内の状況は、どれだけキレイに歯を磨こうとも、数多くの雑菌が住み着いているのが普通の状態です。雑菌が住み着いているにも関わらず、虫歯を年中発生させないのは、人間の免疫機能によるものであり、これが虫歯の発症をコントロールしてくれているのです。

しかしながら、何らかの外的要因で、免疫力が低下すると、通常は機能していた口内の粘膜の防御機能が低下してしまうため、虫歯菌などの雑菌に対し抵抗する事が出来ず、感染・発症してしまうのです。この「何らかの外的要因」として、現代人の多くが抱えているのが「ストレス」になるのです。

日常生活のストレスを和らげる生活習慣とは?

現代人のストレスの多くは、「夫婦関係」、「親子関係」、「家族環境」、「職場環境」、「友人関係」がもたらすと言われ、これらの関係・環境が悪化することによって、ストレスの負荷が高まると言われております。

また、このストレスにつられるように、ストレスの負荷が高くなると、食生活や睡眠状態にも大きな影響を与え、栄養不足や睡眠不足に陥り、これらがより一層免疫能力を低下させてしまうため、歯肉炎を引き起こしやすい環境が出来上がってしまうのです。

ということで、ストレスを和らげ、免疫力を高めるためには、人間関係における問題をクリアにし、心の負荷を下げるとともに、偏った食事などを見直し、栄養不足を解消すること、また、適切な睡眠時間を確保し、心の栄養を補給することが解決の近道となるでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る