TOP > 歯肉炎

歯肉炎で歯が抜ける

日本人の多くがかかっており、歯をなくす原因の多くが歯周病と言われています。

その歯周病になる可能性があるのが歯肉炎で、こちらはもっと多くの日本人がかかっていると推測されています。自分自身の葉を守るためにも、歯肉炎の予防が必要です。

す。

歯肉炎はなぜ起こる

歯肉炎が起こる原因は様々ですが、歯磨きをしっかりとしていない場合に起こります。歯をしっかりと磨くことは当然ながら、その下にある歯茎も適度に刺激しなければなりません。

歯茎を刺激していなければ歯茎自体が弱くなりますし、歯と歯茎の間の歯垢などがとれなくなります。

この歯石や歯茎と歯の間にある食べかすや歯垢などが原因となって歯肉炎が作られるのです。歯肉炎になればその後は歯周病になるし、歯周病を放置していると歯がぐらついてきて、最終的には抜けてしまうことにもなります。

歯が抜ける大本の原因になっているのが歯肉炎なのです。

歯肉炎は予防可能

歯肉炎は予防可能であり、逆に言えばかかってしまうということは生活習慣が悪いと言えます。

食べてすぐに寝てしまう、歯磨きをせずに寝てしまうというようなことがあれば、歯肉炎になります。また歯磨きを例えしていたとしても、磨き足りなければ不十分です。

・日々の心がけが大事
歯肉炎の原因となる日常生活のストレスを減らす生活習慣とは?

ですからまずは歯肉炎を予防するためには歯磨きをしっかりとすること、これが書かせません。歯磨きをしっかりして特に歯と歯茎の間はしっかりと磨くようにしましょう。歯間ブラシなども使って磨くようにするとなお良いです。

・自分でする予防法
口内環境は大丈夫?歯肉炎を予防する歯肉マッサージのススメ

自分の葉を守ることは生活の質を高めることにもつながります。高齢者になった時、自分の生活を豊かにするためにも歯肉炎は予防すべきでしょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る