TOP > > 祖母からの感染がみとめられたヘリコバクターピロリ菌

祖母からの感染がみとめられたヘリコバクターピロリ菌

ヘリコバクターピロリ菌をご存知ですか?

ヘリコバクターピロリ菌とは胃の中でも生きていることが出来る菌です。昔は胃酸が強力な酸性であるためこのような菌が胃の中にいるとは考えられていませんでした。しかし患者の胃粘膜を採取して調べたところ動き回る菌がいることが発見されました。

ヘリコバクターピロリ菌は胃潰瘍や胃炎、胃の萎縮、胃がん、十二指腸潰瘍など(他にもあります)胃腸のがんや潰瘍、炎症に関連していることが分かりました。また胃腸関係の病気だけではなく鉄欠乏性貧血、突発性血小板現象性紫斑症、慢性じんましんも報告されています。

強い酸性の胃の中でもなぜ生き続けることが可能なのでしょうか?

人間、あるいは動物の胃の中は強い酸性です。胃酸が強度な酸を胃粘膜から出しているからです。普段、胃の粘膜で強い胃酸から胃そのものは守られています。ヘリコバクターピロリ菌がなぜ生き続けることが可能なのでしょうか。

調べてみるとヘリコバクターピロリ菌が自ら独特な酵素を出して、そのお陰で菌の付近だけ胃酸が中和されていることがわかりました。ヘリコバクターピロリ菌はそうして胃の中に存在することが可能なのです。

またこの菌は動き回ることが可能ですし増殖もします。ですので胃の中が酸性であるはずが中和されてしまい、胃酸による胃炎や胃潰瘍、胃がん、などおそろしい病気に発展することが多いのです。胃潰瘍や胃がん患者の殆どの原因はこの菌のせいだと今ではいわれています。

なぜ、胃の中にいるようになったのでしょうか?

もともと持っている人ともっていない人がいます。この元はわかっていません。ヒトだけではなく猫や他の哺乳動物ももっていることが確認されています。この菌は感染します。感染の仕方は母親からの口移しでの捕食です。

ヒトも昔はよく母親が幼児に口移しで、またお母さんがすこしずつ噛み砕いたものを子供に与えていましたね。結局はヘリコバクターピロリ菌を持つ母親の口からが感染とされています。

しかし最近では口内の虫歯菌なども子供に感染することがわかってきているため、近年では保菌者は減少傾向にあります。母親の勉強力のおかげです。清潔にすることは乳幼児にとっては大事です。

他の病気の感染から防ぐためにも乳幼児が使う食器類などの消毒、また他の人が食べたものをそのまま、乳幼児に与えることはよくありません。それでも今回の試験では祖母からも感染源であることが確認されました。

これは、やはり母親と同じで母親が子供の世話をする時間が無いご家庭も最近では多くなってきています。母親が仕事をもっていることが多いからです。祖母に子供の世話をたのむことが可能なご家庭の場合、

同じように祖母の口から子供の口へと感染してしまうのです。動物の場合は糞からも感染します。糞に含まれているピロリ菌は胃の中にいるピロリ菌とは形状も異なりますが、ピロリ菌には変わりなく動物の場合、

母親の糞の臭いや糞を舐めたりすることがありますのでそこから感染していることも確認されています。試験の内容は血液検査です。ピロリ菌保持者は血液からピロリ菌が出す酵素が血液中に多く存在するため、その保持率を調査しました。

ピロリ菌を持っている子供について調べると、その母親、または祖母が同居している家庭では祖母にもピロリ菌がいることがわかり、その数も多いことが分かりました。

一方、父や祖父がピロリ菌をもっていても祖母がいない家庭の子供にはピロリ菌をもっている子供が少なかったのです。少しでもいるのは母親からの感染と考えられ、祖母がいる家庭ほど多くはなかったのです。

これにより祖母からの感染経路がわかりました。ヘリコバクターピロリ菌についてもっと詳しく勉強してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る