TOP > > あなたも感染しているかも!?胃の健康とピロリ菌

あなたも感染しているかも!?胃の健康とピロリ菌

ピロリ菌は正式には「ヘリコバクター・ピロリ」と言い、「幽門(胃の出口)にいるらせん型の細菌」という意味です。長年、胃は強い酸性のため生物は生存できないと思われてきました。過去にも何度からせん状の菌が発見されていましたが、胃には生物が生存できないと信じられていたため認められませんでした。

ところが1983年、偶然によって発見されます。それまで培養実験を繰り返していたもののうまくいかず、イースター休みに放置しておいたところ培養期間が延び、そのおかげで菌の培養に成功したのです。

その後、発見者は自ら菌を飲んで胃炎の発症を確かめ、さらにそこにらせん状の菌が存在していることも確認しました。これによりピロリ菌の存在が認められました。のちにノーベル賞を受賞しています。

ピロリ菌は0.004mmくらいで「べん毛」と呼ばれるしっぽを持ち、自在に素早く動くことができます。「ウレアーゼ」という酵素を持ち、これによって胃粘液の成分である尿素を分解してアンモニアを作り出し、胃酸を中和してその中で生きています。

ピロリ菌の感染経路

経口感染であることは確かですが、詳しいことはわかっていません。両親から唾液などを介しての感染や、上下水道が完備されてない地域に多いことから、飲料水からの感染が考えられます。ゴキブリなどから感染するとも言われます。

先進国の中でも日本は際立って高い感染率になっています。50歳以上の感染率は7~8割とされますが、これは子供のころに井戸水を飲んでいた影響だと考えられています。10~20代では2割前後と他の先進国と同じになっています。

キスの習慣がある欧米では感染率が低いため、キスでの感染はありません。また成人になってからの感染はまずないとされ、夫婦間感染もないとされます。5歳以下の幼児期に感染するとされますが、幼児に対してもキスでの感染の可能性は低いとされます。ただし、噛み砕いたものを子供に口移しで与えたりすると感染の可能性が出てきます。

ピロリ菌が原因とされる病気

ピロリ菌に感染すると胃に炎症が起きます。ただし自覚症状がないことも多く、全ての人が発症するわけではありません。それでも胃炎や胃潰瘍などの原因になっていることは確実で、胃潰瘍患者の8割以上はピロリ菌に感染しています。

慢性胃炎

ピロリ菌の持続感染によるもので、一昔前は老化によるものだと思われていました。この状態が続くと萎縮性胃炎になっていきます。胸やけ、胃痛、食欲不振といった症状が出ます。

胃、十二指腸潰瘍

慢性胃炎によって胃粘膜が弱くなり、胃、十二指腸潰瘍になるとされます。昔は治療しても再発するものとされていましたが、除菌により再発しにくくなることがわかってきました。痛み止めが原因になることも多い病気です。他にタバコやストレスも要因になると考えられます。

胃ガン

ピロリ菌のみが原因ではありませんが、感染していることでリスクが高くなるとされています。

その他にも特発性血小板減少性紫斑症や鉄欠乏性貧血などもピロリ菌に関係しているとされます。

ピロリ菌の検査

  • 尿素呼気試験法:最も一般的で精度も高いとされます。検査薬を服用し、15~20分後に呼気を採取します。ピロリ菌の持つウレアーゼという酵素が作り出す二酸化炭素の量を測ることで調べます。
  • 抗体法:血液、尿中の抗体の有無を調べます。
  • 抗原法:検便によって、その中の抗原を調べます。

これらは内視鏡を使わない検査です。他に内視鏡を使って胃の組織の一部を採取し、それを使って検査を行うこともあります。病名によって保険適用できるか決まります。胃、十二指腸潰瘍があれば保険適用になります。今年から慢性胃炎も保険適用になりました。

ピロリ菌の除菌

プロトンポンプ阻害剤と2種類の抗生剤を1日2回、7日間続けます。除菌終了後4週間以上してから再検査し、ピロリ菌の有無を確認します。除菌成功率は8割くらいとされます。もし除菌ができていなければ、2種類の抗生剤のうちの1種類を変更してまた7日間服用します。

抗生剤を続けるため下痢、軟便になることがあり、整腸剤が併用されることもあります。味覚異常が起きることもありますが、ほとんどの副作用は除菌終了で治まります。勝手に止めたりすると除菌がうまく行えず、耐性菌ができてしまう心配もあります。服用中に気になることがあれば、必ず医師に相談しましょう。

薬以外に、ピロリ菌に対して効果があるとされる食べ物もあります。ヨーグルトやココア、ブロッコリースプラウト、緑茶、梅肉エキスなどです。まだ研究段階のものもありますが、LG21の入ったヨーグルトは実際にピロリ菌への効果が認められています。

除菌によって胃ガンなどのリスクは減りますが、0ではないので定期検査は続けるようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る