TOP > > 何故か男性に抜群の効果!頻尿対策にノコギリヤシは試す価値あり

何故か男性に抜群の効果!頻尿対策にノコギリヤシは試す価値あり

夜中に何度も尿意で目覚め、その都度トイレに起き出す…本人にとっても家族にとっても、決して見過ごせない問題です。今日はこんなオシッコが近い症状から、すぐにでも解放される為の情報を、主に男性の高齢者を対象にして、分かりやすくご紹介してまいりましょう。

病気の芽を摘み、家の空気を安穏に

さっき寝床を抜け出し、トイレに行って戻って来たのに、あれから大した時間も経たないのに、また起き出してトイレに行っている…。家族の誰かがこんな行動を繰り返し始めたら、家庭内の空気は平穏とは言えなくなります。

不思議と病人が出ると、家庭の空気が重くなる

そもそも、高齢者の夜間の排尿の多さが認められるのは、あくまでも程度問題であって、常識的に受け入れられるトイレの回数は、せめて一晩に二、三回位迄でしょう。それが、一回の睡眠につき五回も六回も、時には七回も八回も、更に九回も十回もトイレに起き出す…となれば、明らかに正常な状態ではありません。

大体、同居する若い者の立場になっても、こう一晩に何回もおじいさんに起き出されて、部屋の扉からもれる灯りをとがめられ、「こんな真夜中に電気を点けて、一体何をしているんだ」等と怒鳴り込まれていては、とても落ち着いて副業や受験勉強になど専念してはいられません。

勿論、これは、夜なべ仕事をする家族だけではなく、熟睡している家族にとっても事情は同じであって、何故そんなにガバッと勢いよくムキになって起きるのか、若い者にはその心理が全く分からないけれども、そんな人騒がせな起き方を隣の寝床で何度も繰り返されたら、その度につられて目が覚めるから迷惑な事この上ないのです。

従って、その夜間の排尿の回数の多さは、尿意で起き出す本人だけではなく、それに付き合わされる同居の家族にとっても、同様の苦悩を抱くものに他ならないのですね。

こうなると、まさに家族全体が運命共同体となり、仕事不可能や睡眠不足等の悩みを抱える羽目になります。やがては、家の中のわずかな物音に対しても、家族が聞き耳を立てざるを得ないという、鋭敏にして重苦しい雰囲気が家庭内に立ち込めて来るのです。

家族の健康こそが、平穏な家庭の礎

当たり前と言われたらそれまでですが、実は一人でも病人を抱えた時の家庭の空気は、暗くて重苦しくて居心地が悪くなるのですね。これは不思議な事ですが、家庭内の空気というのは、各自の価値観が違って対立があっても、家族全員が健康でありさえすれば、安穏であり続ける可能性が高いのです。

加齢ではなく、病気と解釈する…万人が不老長寿の時代

それでは、家庭内の空気を安穏に保ちたいのに、意に反して病人が出た場合は、どう対処すれば良いのでしょうか?

老化現象を受け入れるのは知恵か

こんな時、「なあに…歳を取ったんだから、こんなの老化現象だよ」というお年寄り本人の受け流し方も、ある意味では場を和ませますし、若い者には絶対に真似のできない、確かな生きる知恵に違いありません。

でも、だからと言って、お年寄りの病気を放置しても構わない、なんてことは誰しも考えもしません。従って、「年寄りは皆そうなのだから、若い者が知らぬふりをすればよい」では済まなくなり、何とかしてお年寄りにこの問題を解決していただく必要が生じる訳です。

敬老の時代ならともかく、現代では加齢は自慢できない

先程も申し上げましたが、老化現象のせいにする…いかにも若い者には真似ができない、まさに年の功そのものの対応ですが、果たしてこうした処世術が、現代に適合しているかと問われたら、誰もが首を傾げるのではないでしょうか?

確かに、水戸の黄門様が生きた時代の様に、高齢者が尊重される社会であれば、老人を名乗って堂々としていれば、誰もが手厚く接してくれるでしょう。まあ当時でも姥捨て山伝説にも描かれたように、老人が邪魔者扱いされる極端な地域もありましたが、それでも表向きは敬老の精神が行き渡っていた訳です。

言葉に備わる意味が低下する不可思議な現象

ここで話は少々脱線しますが、元々の「老」の文字には敬意がこもっていたのに、いつのまにか老の字の意味が忌まわしいものに変化した、というのは有名な話です。だからこそ、現代人がイメージの低下した「老」を避け、尊敬の念をこめて「高齢」という言葉を使用する様になった位です。

この様に本来言葉には、使用する間に意味が低下する性質があります。だからこそ人間は、意味が下がった言葉をお払い箱にして、良い意味を持つ新しい言葉に置き換えるのですね。ところが、その言葉もまた時代の流れに伴い、またしても前の言葉を同じ道を歩み、意味が果てしなく低下を続けて行くのです。

建前や言葉に隠れた、悪しき本音の消滅が鍵

実は、この不可思議な現象は、「老」と「高齢」の言葉に限定した場合、いかに尊敬の意味を与えたところで、それはあくまでも建前であって、本音では誰もが「老い」を忌まわしく思っている点に原因があります。即ち、その悪しき思いの本音こそが、いかなる良い言葉を代替えにしても尚、その言葉の意味を低下させる元凶に他なりません。

従って、その本音にあたる部分の悪い印象を、生涯学習等の意識改革で取り除かない限りは、どれ程建前で「お年寄りほど素晴らしいものはございません」等と誉め上げても、「高齢」等の耳触りの良い言葉を持って来て置き換えても、所詮は「臭い物に蓋」の発想に他ならず、何れはその蓋が臭気を帯びるに決まっているのです。

あらゆる体調不良は、老化ではなく病気が原因…素晴らしい時代の到来

それではここで本題に戻りますが、一体何が言いたいのかですよね?そうです。オシッコが近い…これは老化現象ではなく、れっきとした病気なのです。特に、これからの時代は、いかなる体調不良であっても、加齢だなんて認めてはいけません。今後は、全ての体調不良は、どんなに老化以外に考えられないと感じても、無理矢理にでも病気なのだと思い込んで下さい。

何故ならそうやって、あらゆる高齢者が加齢だからと放置せず、病院と縁を保ちながら万病を克服し、若々しさと健康を維持できる時代が来れば、もう老人であれ高齢者であれ、老いを現す言葉は死語となるからです。これこそが、安心して年齢が重ねられる世界の出現であり、真に人類の文明の成熟の極致に他なりません。

万人が若さを謳歌できる、アンチエイジングの時代

そうなのです。現代社会に於いては、年齢の高さを自慢したところで、誰も尊重してくれないどころか、定年退職で仕事を取り上げられたり、再就職しようにも仕事に就けなかったり、ロクな結果になり兼ねません。

これ即ち現代社会は、若さに価値を認めるのだという事に他ならないのです。勿論、これは日本に特有の傾向であって、海外では多少は事情が異なり、成熟した人間を求める文化が厳然と存在します。

ただ、読者の皆さんは殆どの場合日本で生きて行かれる訳で、だからこそ我が国で対処する方法をお伝えしているのです。それに、ひと昔前なら一握りの為政者が不老長寿の秘薬を手にした訳ですが、現代では万人にアンチエイジングの道が拓かれていますから、是非ぜひあなたもこの時流に乗って下さい。

この現実が分かれば「老化現象だから仕方ない」などと、のんびり構えている場合ではありません。今からでも遅くはありませんから、あらゆる身体の不調を、加齢のせいではなく病気のせいと解釈して、投薬を受けながら治療に走るのです。

「今更そんな…」と笑われるかも知れませんが、一度騙されたと思って試してみられたら、その内の何割かの方々は見違えるような健康体を取り戻す筈です。その証拠に、いつも筆者の目の前にいる人物も、若い時はあれ程の医者嫌いで、それが災いしてか不健康だったのに、医者巡りを開始してからと言うもの、高齢の今の方が若さと健康を謳歌していますからね。

頻尿の現実を知り、その原因に知識を持つ

ところで、この夜間の排尿の回数の多さは、一言で何と呼ばれるのでしょうか?やっぱり一般的に使用される言葉、頻尿で間違いはないのでしょうか。

夜間の排尿トラブルは頻尿と呼ぶ

その通りです。夜間に排尿の回数が増える症状ですが、これを指して頻尿と一括して呼んで差し支えありません。何故なら、その現象そのものが文字通り頻尿に他なりませんし、頻尿を更に絞り込んだ位置にある、夜間頻尿という名称すら存在する位だからです。

ただ実際には、加齢に伴い引き起こされる排尿のトラブルは、頻尿以外にも存在しており、その種類は多岐に亘っています。勿論、尿失禁と来れば、かなり重症だと誰もが受け止めますから、「自分はこれだけはない」と強調したくなるかも知れません。

ただ、そこまでの段階に至らなくても、頻尿に残尿感や尿意切迫感、または排尿時に勢いがない、といった症状が伴う、こういう複合的な事例はごく一般的に存在します。それでも、今回は頻尿に絞り込んで、中でも男性の症状に光を当てて、ご説明をしてまいりたいと存じます。

男性の頻尿の原因には、過活動膀胱と前立腺肥大、この二種類が存在する

そこで、男性の頻尿の原因ですが、実は二種類あることが判明しています。

その第一が、女性にもお馴染みの病として、最近耳にする機会が多くなった、かの有名な「過活動膀胱」です。少し前でしたが、過活動膀胱のコマーシャルが登場した瞬間、「また新しい病名を作って、医薬が儲けようとしている」と、筆者は冷静に受け止めたものです。

然しながらそれ以降、過活動膀胱の仕組みを勉強するにつれ、「だから頻繁に尿意があるのに、排尿が殆どできないのか」と真実を知った喜びで、思わず叫びそうになった位です。何故ならば過活動膀胱とは、排尿筋が過剰に収縮する現象に他ならないからです。

当然の事ながら、排尿する為の筋肉が異常に縮む以上、突然の我慢できない尿意にも見舞われるでしょうし、トイレに排尿に出掛ける回数も増えるでしょう。然しながらその尿意は、尿が膀胱に満杯まで溜まっていないのにも拘らず、排尿筋の収縮が原因で仮に引き起こされている訳ですから、道理で便器に向かっても殆ど排尿などできる筈がない、という事実がここで理解できます。

そして第二に移りますが、こちらは男性特有の臓器の病気、「前立腺肥大」になります。これは、男性ホルモンの影響により引き起こされた前立腺の肥大化、もしくは前立腺の筋肉の過剰な収縮が、残尿感や尿の勢いの低下など、排尿を困難にさせているのです。

因みにここで、賢明な読者の皆さんは、既にお気付きかとは思いますが、前者の過活動膀胱が、激しい尿意の方が主になるのに対し、後者の前立腺肥大の方では、尿の出の悪さが主になっています。

ノコギリヤシは頻尿の中でも、前立腺肥大の為のもの

それでは、夜間の頻尿を治すには、何が効果を発揮するのでしょうか?やはり、かの有名な「ノコギリヤシ」を摂れば良いのでしょうか。

ノコギリヤシは前立腺肥大の為のもの。過活動膀胱の場合にはイソサミジン

その通りです。事実、このサイトでも高齢の男性を対象に、ノコギリヤシをご紹介しています。但し、このノコギリヤシというのは、頻尿の中でも前立腺肥大に特化して効力を発揮するものであって、頻尿の全てに効くのではないという、その特徴は知っておく必要があるでしょうね。

従って、同じ頻尿であっても原因が過活動膀胱の場合には、ノコギリヤシを摂取しても意味はありません。それでは、過活動膀胱においては他の何が必要なのか。実はあまり聞き慣れない名称ですが、「イソサミジン」を摂る必要があるのです。

当然の事ながら、前立腺肥大が男性に特有の病気である以上、これに対して有効に働くノコギリヤシも、男性限定の治療法であると言わざるを得ません。だから一般的に、「ノコギリヤシは男にしか効かない」と言われている背景には、こうした納得できる理由があったのですね。

神秘のノコギリヤシ…インディアンの利尿剤だった

それではノコギリヤシは、一体どんな物質なのでしょうか?勿論、「ヤシ」の名が最後に付く以上、ヤシ科の植物だというのは、大体予測がつきますよね。

ノコギリヤシの名の由来は、ギザギザした形状の葉から

これはその通りで、実はノコギリヤシというのは、北米から中南米にかけて自生するヤシ科の植物です。その外見的な特徴は、2~4メートルにも上る背の高さ(それでもヤシの中では、低木に入るのですが…)と、名前の由来でもあるギザギザした形状の葉柄でしょう。

まさに神が人類に与え給うた植物、ノコギリヤシに備わる偉大な効能

然しながら、ノコギリヤシが圧倒的な存在感を放ち続けるのは、何と言ってもその強烈な効能の成せる業に他なりません。何故なら、「アメリカの先住民のインディアンが、利尿剤のみならず強壮剤としても使用していた」からです。

しかも当時移住したヨーロッパの人々が研究を続けた結果、現代に於いてはその成分が科学的に解明されているのですね。事実、ヨーロッパの各国に於いては、ノコギリヤシは前立腺肥大症の治療用医薬品として、認可されている位です。ここで「驚くなかれ」ですが、何とノコギリヤシは医薬品だったのですね。

神秘のベールに包まれたノコギリヤシ…意外にも現代の医薬品だった

前述のインディアンの話題から、「確かに、好奇心をかき立てられる、魅力的な植物ではあるけれども、たぶん民間療法の薬に過ぎないのではないのか」等と思い込んでいた方は、是非ここで目からウロコの意識改革を成し遂げて下さい。

しかも、ノコギリヤシの場合は前立腺肥大症に対して、医薬品として抜群の効果を発揮するのみならず、その天然成分が大きな利点になるのですが、何よりも人体への副作用が殆どありません。

これだけ偉大な薬効を現されては、同じ前立腺肥大症を治療する薬ではあっても、効能がそれ程でもないのに副作用まで付いて回るという、ホルモン系や交感神経系の薬には、出る幕など殆どありはしません。

これだけの歴史的かつ科学的な裏付けを知れば、もはやノコギリヤシの偉大な効果に対して、疑問を差し挟む人物は何処にも存在しない筈です。

医薬品ノコギリヤシの効果は、酵素5αリダクターゼの抑制

ところで、ノコギリヤシの医薬品としての効果は、どの程度まで解明されているのでしょうか?男性ホルモンの一つに、テストステロンというものがあります。何と、5αリダクターゼという酵素の働きが、このテストステロンを、悪玉ジヒドロテストステロンに変換してしまうのです。

実は、この憎きジヒドロテストステロンこそが、前立腺肥大の原因に他ならないのですが、当然の事ながらジヒドロテストステロンを作り出した、5αリダクターゼなる酵素などは原因の更に原因ですから、もはや前立腺肥大の元凶であると言っても差支えありません。

ところが、何とここでノコギリヤシを摂取すると、この諸悪の根源たる5αリダクターゼを、有り難い事に抑制する効果が発揮されるのです。その結果は言うまでもなく、ジヒドロテストステロンの減少に直結します。

その恩恵を受けて、ある人にとっては前立腺肥大が予防され、人によっては前立腺肥大が治療される、という仕組みです。以上の様に、医薬品ノコギリヤシの働きの正体は、酵素5αリダクターゼの抑制に他なりません。

ノコギリヤシの摂取方法は、サプリか茶葉で

それではノコギリヤシは、どんな方法で体内に取り込めば良いのでしょうか?

サプリなら簡単に摂取できる

何と言っても、お勧めはサプリメントの摂取でしょう。当然の事ながら、趣味や仕事で多忙な高齢者であっても、サプリなら無理なく継続する事ができるからです。但し、サプリなら何が良いかと聞かれると、その時の経済的な事情もおありでしょうから、一概に何がお勧めとは断定できません。

果実エキスやサプリの量が多いのは、有効か

ただ、もし選べる状況にあるのであれば、果実エキスの一日当たりの摂取量が、できるだけ多い製品を選択すべきでしょう。何故ならば、世界各国で実施された臨床試験の際に、ノコギリヤシの効果が確認される為には、この果実エキスの含有量が物を言ったからです。

この他にも、ノコギリヤシは天然成分で、多量に摂っても副作用がない為、通常の2倍程度のサプリを摂取すると効果が倍増する、との報告も上がっています。これだけ読むと、果実エキスや錠剤の量が多い程、効果が発揮されると言わんばかりで、「まさか?」と驚かれる方もおられるかも知れません。

然しながら、結局のところ天然成分である点を考えると、分量を増やしても害はなく効果が増し続ける、というのも納得できる話ではありませんか。

海外の製品は危険か

但し、外国の製品には、概して濃度の高い製品が多く、薬事法が日本とは異なる為、国内では許可されていない成分が、含まれている可能性があります。従って、安価だからと個人輸入で入手を続けると、過剰摂取につながる危険性もありますので、この点には十分に注意して欲しいものです。

製薬会社のサプリは水準が高い

因みに、筆者が以前に家族から聞かされた話の中に、「他の会社の製品では効かなかったのに、小林製薬の製品では確かに効いた。やっぱり製薬会社は違うんだ」という内容がありました。この場合、ノコギリヤシとは別のサプリの話題でしたし、効能の有無には個人差がついて回りますので、言うまでもなく一概に断定できる問題ではありません。

然しながら、製薬会社では薬に関しては本業のプライドにかけても、他の業界にはない厳しい基準で製造している筈ですから、満更有り得ない話でもないと考えられるのです。そこで製薬会社のサプリメントに絞って、ノコギリヤシの効能を試してみるのも、絞り込みが効率的に進められる意味では、或いは優れた方法なのかも知れません。

ノコギリヤシ100%が飲みたい

ところで、ノコギリヤシの魔力に釘付けになってしまうと、「サプリメントはノコギリヤシ100%が欲しい。他の成分を混ぜたサプリなんて要らない」という気持ちになり兼ねません。実は、そのノコギリヤシを信奉する気持ちは、他ならぬ筆者自身の心に湧いて来たものなのですが…。

でも現実問題として、一つの成分だけで作られたサプリメントなんて、果たしてこの世に存在するのでしょうか?正確な事実は分かりませんが、多くの場合サプリには、複数の成分が組み合わせられている様子です。

何故、成分が単一では駄目なのか、その理由は素人の筆者には疑問符ですが、現実にはサプリは幾つもの成分で構成されている事になります。それが現実であれば、せめてノコギリヤシが中心に扱われ、他の成分が配合されたサプリを選ぶしか、ノコギリヤシを飲む方法はありません。

亜鉛とノコギリヤシのダブルパワー

それならば、できればビタミンEや亜鉛が含まれている製品が、お勧めできるかも知れません。何故なら、これ等二つは男性ホルモンに働きかける成分である為、ノコギリヤシの効果を倍増させる力が備わっているからです。

亜鉛は別名「セックス・ミネラル」とも呼ばれ、男性の精力増強の為には必要不可欠な成分です。従って、ビタミンEはさておき、何よりも亜鉛をノコギリヤシと併せて摂取する方法が、男性には理想的だとお勧めできるのですね。その相乗効果が劇的な効力を発揮し、前立腺肥大の病気の改善のみならず、精力の回復までが期待できるのです。

ハーブで摂取する方法も…

ところで世の中には、人工的なサプリメントに対して違和感を覚える人も、少なからず存在する筈です。そこで、茶葉を煎じて飲む優雅さがあっても良いと思うのですが、そんな選択肢は存在しないのでしょうか?

勿論、存在します。言うまでもなく、サプリよりも茶葉を煮出した方が、エキスを効率的に体内に取り込めるのではないか、こう感じる人は少なくはないでしょう。

事実、干しブドウに似た外見を持つ、乾燥させたノコギリヤシの実を、ハーブティーや中国茶、健康茶に仕立てて、販売する店が実在しています。しかも、マカやマタタビのブレンドもありますから、お茶好きでスタミナを求める人には、これは歓迎すべき情報でしょう。

何もできない時の取り敢えずの頻尿対策

ところで、ノコギリヤシへの取り組みが、多忙さや金欠等が原因で後回しになる際、取り敢えず一時的にでも、頻尿を押さえる方法がないのでしょうか?

枕元の水筒の存在が、水の一気飲みを防ぐ

それには何と言っても、寝床の側に水を入れた水筒を置き、目が覚める都度一口ずつ水を口に含む方法がお勧めです。こうしておけば、就寝前に一気に水分補給する必要がありませんから、トイレに起きる回数に関しては、減りこそすれ増えはしません。しかも口の中がカラカラに乾燥する、なんて現象もある程度は回避できます。

ノコギリヤシの絶大な頻尿効果を、是非あなたも…

とは言え、折角、頻尿効果の絶大さを知ったというのに、ノコギリヤシの使用を先延ばしにするなんて、本当に勿体ないのは言うまでもありません。

ノコギリヤシで前立腺肥大からの解放を…

そうなのです。ノコギリヤシ…今すぐ始めなくては損というものです。これ程年配の男性の頻尿対策として、抜群の効果を発揮する医薬品が、既に何種類も市場に出回っているのですから…。

特に、前立腺肥大が原因の頻尿にお悩みの皆さんは、是非ノコギリヤシを摂取する習慣を持って下さい。そして、この憂うつな病気から劇的に解放され、人も羨む若さと健康を取り戻して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る