TOP > > トイレの回数増えてる?40歳からの頻尿セルフチェック

トイレの回数増えてる?40歳からの頻尿セルフチェック

40代にもなってくると、30代のころとは違う更なる老化を感じることも多くなってきます。これも個人差がありますが、40代以上の人の多くがトイレに行く回数が増えたと感じるようになります。

元々トイレが近い人もいますが、そうではなくて以前よりも明らかに回数が多くなっている場合、頻尿である可能性も否定できません。

トイレの回数よりも量を注意してみよう

トイレに行く回数が増える原因は、年齢だけとは限りません。例えば寒い冬には汗をかきにくいし、寒い時は体を温めようと暖かい飲み物をたくさん飲んでしまうので、これだけでも体内の水分が増え、その分排出する量も増えることになります。

これは頻尿の人以外にも起こりうる自然現象なので、このように原因がはっきりしている場合は40代以上であっても頻尿だとは限りません。

心配なのは特に大量に水分を摂取したわけでもないのに、すぐにトイレに行きたくなるような我慢できない尿意を感じることです。さらに1回に出る尿の量が多い場合は頻尿である可能性も高くなると言います。

しかし特に水分を多く摂らない場合でも、糖尿病や腎臓の感染症でも頻尿という症状があるので、ここは少し慎重な見極めも必要になります。どこか異常に感じたらすぐに病院に行くことも大切です。

簡単に出来る頻尿セルフチェック

ここで簡単に出来る頻尿のセルフチェック方法を紹介しておきます。あくまでも参考なので目安にしてください。頻尿というのはトイレの回数も増えますが、それと比例して1回に出る尿の量も増えると言われています。

例えば1日のトイレの回数が4回以上~10回程度であっても、1日の量が1リットル以下であれば水分の摂りすぎなど原因があるはずです。原因も思い当たらず、1日の量が2リットル以上の場合は頻尿の可能性が高くなります。ほかには残尿感や、何度もトイレに行くのにスッキリしないなどもあります。

頻尿を避ける方法

頻尿の原因にもいくつかありますが、加齢が原因の場合も治療をすることで症状は改善できます。また普段の生活習慣を見直すことで頻尿の原因を減らすことも出来ますので、その方法も紹介しておきます。

まずカフェインが多く含まれる飲み物を1日に何杯も飲む、これもある意味頻尿の原因となります。カフェインには利尿作用があるので、緑茶、コーヒーなどカフェインをたくさん含むものを1日に何杯も飲む人はノンカフェインのコーヒーや、ハーブティなどカフェインの摂取量を減らすようにします。

意外なところでコーラにもカフェインが多く含まれているので、コーラをたくさん飲む人も注意しておくといいでしょう。

もうひとつ頻尿の原因となるのが、トマトやレモンなど体を冷やす作用のある果物や野菜です。健康のために毎日たくさんの野菜や果物を食べるのはとてもいいことなのですが、頻尿に限っていうとこれが逆効果になってしまうこともあるのです。

特にレモンやトマトには尿意をもよおす作用があるので、大量に食べるのを控え、ほかの野菜や果物を取り入れましょう。

頻尿を恥ずかしいことだと思う人も多く、なかなか人にも相談できないし病院にも行けない人もいます。でも我慢してしまうことで頻尿を悪化させてしまうこともあります。

思い当たる場合はある程度自分でも改善できますが、もしも原因が加齢以外の場合は早めに気づくことで治療も開始できます。ここで紹介したセルフチェックの方法はとても簡単だし、すぐに実践できる方法です。参考にして頂ければ幸いです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る