TOP > > 頻尿には意外な原因があった!?頻尿になる5大要因について

頻尿には意外な原因があった!?頻尿になる5大要因について

頻尿になると、トイレが近くなり、生活が不便になりますよね。でも、いったい何が原因で、頻尿になるのでしょうか?実は意外な原因が、たくさんあるのですよ。そこで今回は、頻尿を発症する5大要因をご紹介します。頻尿予防のためには、原因を知る事が必要不可欠ですから、ぜひ参考になさって下さい!

頻尿の原因は緊張感にあった!?

頻尿になる原因は、たくさんあります。しかしその中の一つに、「緊張感」もあるのですよ。発表会や会議の前などになると、緊張してトイレに行きたくなったりしませんか?一時的な物なら、全く問題ないのですが、慢性的な頻尿になると、厄介ですよね。

でもなぜ緊張すると、頻尿になるのでしょうか?それは、緊張する事で膀胱が刺激を受ける為です。膀胱が刺激を受けると、尿意をもよおします。これが頻繁になると、頻尿につながるのです。

この緊張感からくる頻尿は、緊張感の原因を解決する事で、しっかり予防ができます。例えば、会議前に緊張して頻尿の症状が出る方は、一時的な物なのでそんなに心配いりません。しかし、外出先だと、何となく緊張して頻尿になるという人もいます。

この場合、外出がおっくうになってしまうので、問題ですよね。こういった外出時に限って頻尿になる方は、あらかじめ外出先のトイレの位置を確認しておくことがお勧めですよ。計画的にトイレ休憩などを1日のスケジュールに入れる事で、緊張感が解けて頻尿の予防につながるかもしれません!

頻尿の原因は膀胱内の炎症にあった!?

頻尿の原因としては、膀胱内の炎症も大きな要因として有名です。膀胱内に炎症を起こすと、膀胱炎になります。特に女性は膀胱炎にかかる事が多いです。しかし、膀胱炎が原因の頻尿の場合、膀胱炎治療を受ける事で症状が改善します。つまり、膀胱炎が治れば、同時に頻尿も治ると言う訳です。

では、膀胱炎はどうすれば治るのでしょうか?膀胱炎は細菌が原因で発病しますので、病院での治療が必要です。病院では尿検査が行われ、膀胱炎の有無が確認されます。膀胱炎と診断された場合、抗生物質が処方されます。

また、排尿時に痛みを感じる場合は、痛み止めも同時に処方されることが多いようです。数日間薬を服用する事で、膀胱炎は完治する事がほとんどです。ですから、膀胱炎にかかった方は、早めに病院で治療を受けてください。

頻尿の原因は冷え性にあった!?

冷え性も頻尿の原因となります。夏でも手足が冷えたり、なんだかだるかったりする女性は多いのではないでしょうか?冷え性までいかないまでも、クーラーに当たりすぎて体を冷やしてしまう人も少なくありません。

こういった体の冷えも、頻尿の原因となります。でもなぜ、体が冷えると頻尿になるのでしょうか?それは、体が冷えると副交感神経の働きが活発化するからです。副交感神経が活発化すると、膀胱に刺激を加えます。その為、頻尿になると言う訳なのです。

ですから、半身浴をしたり、クーラー対策として上着を1枚持ち歩いたり、夏でも氷や冷やし中華など冷たい食べ物ばかり食べないよう心掛けたりして、冷えから体を守ってください。冷えから体を守る事が、頻尿の予防にもつながります!

頻尿の原因はカフェインの摂り過ぎにあった!?

カフェインの摂りすぎも、頻尿の原因となります。カフェインと言えば、コーヒーや緑茶などに多く含まれている事で知られています。覚せい作用がある為、目覚めに飲むと頭がすっきりすると言う人も多いですよね。でもなぜ、カフェインを多くとると、頻尿になるのでしょうか?

それは、カフェインには利尿作用があるからです。利尿作用とは、尿をスムーズに排出させる働きの事で、これ自体は決して悪い事ではありません。しかし、頻尿で苦しむ人にとっては、利尿作用のある飲料は避けた方が良いです。

利尿作用のある飲み物は、カフェイン配合飲料、アルコール類などです。頻尿予防の為、こういった利尿作用の強い飲み物は、飲み過ぎにご注意ください!

頻尿の原因は他の病気にあった!?

頻尿は、中高年の方の多くがかかっています。その為、頻尿を軽んじている人も少なくありません。でも、稀に他の病気が隠されている事もあるのですよ。

例えば、脳卒中、糖尿病、子宮筋腫などです。もちろんこれは、ほんの一例で、頻尿の症状を伴う病気は他にもたくさんあります。ですから、頻尿が長く続く方は、一度病院の泌尿器科などを受診する事をお勧めします。

このように、頻尿にかかる原因はたくさんあります。冷えが原因の場合や、緊張感が原因で起こる頻尿は比較的簡単に予防できます。しかし、こういった対策を講じても症状が落ち着かない場合は、他の病気が隠されている可能性もありますので、病院で診察を受けましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る