TOP > 頻尿

頻尿とお悩みのあなたへ

尿をもよおす感覚の周期が短く、今行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなる。または、一日にかなりの回数の排尿をする症状のことを言います。一般的には、朝起きてから夜寝るまでに、8回以上排尿することを頻尿としています。

夜間、2回以上目が覚め、排尿することを、日中の頻尿とは分け、夜間頻尿と呼んでいます。頻尿の原因はいろいろとありますが、日本で最も多いとされているのが、過活動膀胱というもので、膀胱に尿が溜まっていないにもかかわらず、急に尿意を感じ、我慢できなくなって、トイレに行く症状です。

加齢によるものが多いとされていますが、脳卒中やパーキンソン病など、脳や脊椎の病気がある方に多く見られます。他にも、尿路感染による炎症での頻尿、腫瘍があることによる頻尿などがあります。

また、ストレスや不安が原因となり、トイレのことが気になって仕方がなく、何度もトイレに行ってしまう神経性頻尿と呼ばれる症状もあります。

こちらのカテゴリでは、頻尿の原因について、頻尿を予防する方法とは、頻尿を改善するための対策とは、などについてご紹介しています。

頻尿の原因とは

頻尿と一言で言っても、その原因は様々です。頻尿の予防や改善をするには、自分の頻尿の原因が何であるのかを知る必要があります。根本的な原因を治療しなければ、改善することは出来ないからです。自分の症状、原因を知り、頻尿改善に取り組みましょう。

・頻尿の原因いろいろ
頻尿には意外な原因があった!?頻尿になる5大要因について

女性の体は、いろいろなことにとても敏感です。特に、冷えは、大敵です。女性に多い夜間頻尿は、冷えによるもの、カフェインの取り過ぎ、妊娠、出産による骨盤の歪みなどの原因で起きます。

骨盤低筋を鍛える、生活習慣の見直し、で、症状は改善していくことが出来ます。生活に支障をきたすほどの頻尿の場合は、病院に相談されるとよいでしょう。

・女性ゆえの頻尿
女性に多い夜の頻尿の原因と睡眠中に感じる尿意への対処法

頻尿の予防方法

40歳を過ぎると、30歳代とは違い、加齢の症状を感じることが増えてきます。頻尿もそのひとつ。大量に水分を摂取したわけでもないのに、頻繁にトイレに行きたくなるような症状は、心配です。

加齢以外の原因が体の中で起きていることも考えられますので、セルフチェックをして、別に原因がありそうだと思ったら、病院を受診されてください。

・自分でセルフチェック!
トイレの回数増えてる?40歳からの頻尿セルフチェック

頻尿は、生活習慣を見直すことで、ある程度は改善することが可能です。ストレスを溜めない、水分を摂りすぎない、体を冷やさない、は基本です。

また、「トイレに行きたくなったらどうしよう」と、トイレのことばかり考えてしまうのも、考えもの。リラックスした生活を心がけましょう。

・頻尿予防は生活習慣から
頻尿予防は日常生活で可能!?4つのポイントで頻尿改善!
夜中に何回もトイレで目が覚める貴女!冬の頻尿対策は冷えを予防せよ

頻尿を改善するための対策とは

頻尿という症状を抱えていても、病院を受診するというのは、なかなか勇気が必要です。そこで、頻尿の市販薬は効果があるのかどうかの疑問について、ご紹介します。

・頻尿に関する疑問
頻尿は市販の薬で治る!?頻尿に関する5つのQ&A

頻尿には、原因がいろいろとあります。その原因によって、改善策が違ってきますので、まずは自分の原因が何であるのかを知ることから始めましょう。

・原因別の対策を
頻尿でお悩みの方必見!4つの方法で頻尿改善!
朝までぐっすり!女性に多い夜間頻尿をすっきり解消するための対策

女性は、妊娠、出産により骨盤に歪みを生じている場合が多いことと、更年期に入ると、ホルモンの分泌が減ることから、頻尿になりやすい体質となってしまいます。そこで、女性ホルモン、エストロゲンと似た働きをする、大豆イソフラボンを食事に取り入れていくことをお勧めいたします。

・女性の頻尿
頻尿で悩む更年期世代の女性がトイレの回数を減らすための3つの方法

頻尿は、加齢による症状だと思われがちですが、近年若い男性の間でも増えています。細菌感染によるもの、疲労、ストレスによる抵抗力の衰え、脂肪分の多い食への偏りなどが原因とされています。生活習慣を整え、適度な運動をすることでストレスを発散していきましょう。

・男性の頻尿
20代でも発症する人が急増中!若い男性に増えている頻尿の解決策

頻尿と間違いやすい病気とは

一般的な頻尿は、排尿の回数が多いことを指しますが、過活動膀胱による頻尿は、突然に尿意をもよおし、我慢できないくらいに切迫してしまうことです。稀に失禁を起こすこともあります。過活動膀胱の場合は、利尿作用のある飲料などは避け、必ず医師の診断を受けられてください。

・違いは何?
どこへ行くにもトイレを探してしまう過活動膀胱と頻尿の違いは?

頻尿に隠された病気とは

頻尿と聞くと、膀胱炎のイメージがあると思いますが、頻尿の症状がある男性の場合は、前立腺肥大症、女性であれば、子宮筋腫の疑いがあります。

また、糖尿病の方も、喉が渇くという症状から水分を過剰摂取しがちで、頻尿のようにトイレが近くなることも。頻尿だと自己判断せず、必ず病院を受診されてください。

・頻尿の症状から見る病気とは
膀胱炎だけじゃない!頻尿を引き起こす恐ろしい病気一覧

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る