TOP > > 物忘れがひどくなって来た時にこそ「過去日記」をつけよう

物忘れがひどくなって来た時にこそ「過去日記」をつけよう

少しずつ増えて来る物忘れ、嫌ですね。軽いうちはまだ笑っていられる余裕もありますが、あまりにたびたび何かを忘れてしまったり、どうしても思い出せないものが増えたりしてくると、やっぱり不安になってきますよね。そんなときこそ「過去日記」をつけてみませんか?

過去のことを書く過去日記が脳のトレーニングになる

日記と言えば、普通は「今日起きたこと、今日感じたことを今日のまとめとして今日のうちに書く」という現在進行形が主ですが、過去日記は違います。昨日より前のことを、思い出しながら書く日記です。

例えば、今ひとつお題を出してみましょう。「昨日のお昼ご飯は何を食べましたか?」

ここですぐに「○○!」と食べたものが出てくれば優等生です!つっかえた方や、昨日と一昨日を間違えたりしちゃった方、どうしても思い出せなかった方はちょっと注意が必要です。時間がかかっても良いので、じっくり思い出して下さい。

この「思い出す努力」が、実は脳のトレーニングになるのです。きっと頭の中では、最近食べた色々なものが浮かんできたのではないでしょうか。

昨日食べた普通のご飯よりも、少し前に食べた美味しいものの方が先に思い出されたり、おやつが出て来たり。そう、脳の中を走り回ったように食べ物の記憶が次々と浮かんだはずです。そして、これを書き出してみましょう。

日記の形式は自由です。正しい答えを思いつかなければ書いてはならないなんてこともありません。イラストを入れても良いですし、浮かんだ食べ物をランダムに書き出して、それの下にでも食べた日や時間を思い出したものから書き込む、なんていう方法も良いでしょう。

大事なのは、思い出そうと脳を使うこと、そして、ペンを持って書くことなのです。この二つが刺激となって、のんびり休んでいる脳の記憶を活き活きと動かしてくれるのです。

慣れて来たら、少しずつ内容を細かくして行きます。例えば、どこで食べた、誰と食べたということを書き添えてみたり、作り方をざっと書いてみたり。

最終的には、一日の流れを翌日以降にほぼ全て書けるように練習する

全てが無理でも、起こった何かや思った何か、来客があればそのこと、訪問販売が来たら何時頃、どんな内容だったのか、それとも一日何も起こらない穏やかな日だったのか、それについて、今、どんな気持ちで振り返っているのか・・・。

こうやって自分で記憶を探り、日記として詳しく書き出して行くことで、脳の中の記憶を司る「海馬」という部分が鍛えられて行くのです。物忘れの原因は、老化や疲労、ストレス、睡眠不足などで海馬の働きが悪くなることから起こるのです。

過去日記は脳に負荷をかけるトレーニング

今日のことを今日思い出すのはわりと簡単なので脳も楽をしてしまうのですが、昨日以前のことを思い出すのは、時間が経つとだんだんとハードルが高くなり、思い出すために脳も一生懸命頑張ります。これが良い運動になるのです。

そして、これは続けることに意味があります。毎日、前の日やその前の日を思い出そうとすることで、海馬の動きも良くなって行くと言われています。海馬の動きが良くなれば、当然、日常的な物忘れの改善に繋がってくれるわけですね。

脳も体と同じで、適度にトレーニングをする必要があるというわけです。1冊のノートと1本のペンさえあればすぐ始められる過去日記。物忘れを改善するためにも、ぜひ始めてみませんか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る