TOP > > 涼しくなったからと言って油断は禁物、10月がピークの食中毒事情

涼しくなったからと言って油断は禁物、10月がピークの食中毒事情

暑い季節は色々と気を付けなくてはいけないことが多いように思えます。体調面や食事などありますが、食中毒には特に注意が必要だと思います。夏になり暑さが増してくると自治体から、「食中毒警報」が発令されるのも風物詩かも知れませんね。

食中毒のイメージと言えば、梅雨の時期から夏の終わりだと思いませんか?いやいや実は10月こそ食中毒のピークなのです。

通常私達が考えている食中毒は、傷んだ食べものを食べることで発症する食中毒です。しかし、それは食中毒の一種類であり、全ての原因にはなりえません。秋に注意するべき食中毒を解説します。

そもそも食中毒って食あたりじゃないのですか?

食中毒は原因によっていくつかに分類されています。

[細菌性食中毒]人体に有害な細菌に汚染された食べ物や、接触した手などから感染することで発症する食中毒。(サルモネラ、腸炎ビブリオなど)
[ウイルス性食中毒]ウイルスに感染した食べ物などから発症する食中毒。(ノロウイルスなど)
[自然毒食中毒]フグの内臓や毒キノコなどを誤って食べることで発症する食中毒。
[その他の食中毒]化学物質や重金属、寄生虫による食中毒もあります。

一般的に古くなって傷んだ食べ物を食べて発症するのは細菌性食中毒ですが、それ以外にも多くの原因により発症しているのが分かります。食中毒は一年中発生していますが、特に8月から10月の3ヶ月に発症が多いようです。

食中毒の代表的な症状が「嘔吐」「下痢」「腹痛」ですが、重症化すると「発熱」や「意識障害」をももたらす危険もあります。また毒物による食中毒では「麻痺」「痺れ」など神経症状が出やすく、命の危険も出てきますので緊急対応が重要になります。

秋の食中毒とはどのようなものなのでしょうか?

9月から10月は暑い夏も過ぎ去り、やっと涼しくなってきた時期にあたります。しかし、日中はまだ暑く食品に細菌が増殖するには十分な環境です。涼しくなったからと言って油断をすると、増殖した細菌により食中毒になってしまいます。

また秋は運動会など外でお弁当を食べる機会も多いので、一層注意する必要があるのです。特に傷のある指でおにぎりを握った場合は「黄色ブドウ球菌」の食中毒が考えられます。黄色ブドウ球菌は加熱しても毒素は消えない厄介な細菌なので、手に傷のある場合はおにぎりを握らないことが重要です。

また秋は「味覚の秋」と呼ばれるように、様々な食材で溢れる季節です。ここで注意したいのが自然毒食中毒であり、毒キノコによる食中毒が毎年多く発生しています。日本には野生のキノコが5000種類もあると言われています。その中で約50種類は命の危険もある猛毒を持っているキノコだそうです。

キノコはよほどのベテランではないと、誤食してしまう可能性があるようです。知識を持った人と同行させてもらうか、保健所で確認してもらってから食べることが重要ですね。

フグも寒くなった季節が美味しいのですが、肝臓や卵巣にテトロドトキシンという神経毒が含まれています。毎年フグの食中毒は発症しており、命を落としている人もいるようです。フグの調理には国家資格が必要なので、家庭では絶対調理しないようにして下さい。

また近年、秋から冬の時期はノロウイルスによるウイルス性の食中毒も増加しています。ノロウイルスは少量のウイルスで感染し、「嘔吐」「下痢」などの食中毒の症状を引き起こします。感染力が強いため二次感染が容易であり、感染者の家族が全員発症することも珍しくありません。

これからの季節に食中毒にならないための対処法を教えて下さい

秋から冬の季節に食中毒を発症させないために、私達が気を付けなくてはいけないことをまとめました。

  • 手洗いは食中毒予防では最強の効果をもたらします。定期的な手洗いはぜひ実行しましょう。
  • 食品は加熱することを心がけましょう。涼しくなったからと言って、テーブル上に置いたままにせず、冷蔵庫で保管することも重要です。
  • 食べ物を触る場合は自分の指や手に傷がないか確認しましょう。傷がある場合は食品用の手袋を着用して下さい。
  • 野生のキノコを食べるのは細心の注意をして下さい。特に知人が採ってきたキノコなどは捨てることも考慮した方が安全です。(野生のキノコは食べない方が安全です。)
  • 生牡蠣が美味しい季節になりますが、品質検査を行っているものを購入しましょう。出来れば加熱をして下さい。

10月はまだまだ日中も暑く細菌が繁殖する環境も整っているので、油断せずに食中毒対策を行って下さい。「味覚の秋」が「腹痛の秋」にならないようにね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る