TOP > > 夏のお弁当を食中毒から守る!食中毒対策グッズや予防のコツ

夏のお弁当を食中毒から守る!食中毒対策グッズや予防のコツ

お弁当

夏のお弁当は食中毒が心配・・・。

「この食材は傷みやすい?」「温かいままお弁当箱に入れてもいいの?」など、アレコレ考えすぎて結局何をどうやって入れたらいいのかわからない…というお母さんも多いのではないでしょうか。

でも大丈夫。夏にお弁当を作るときのコツ2つを抑えれば、もう悩むことはなくなります。

最近は簡単に取り入れられる、お弁当に乗せるだけで抗菌できるシートや、冬に人気の保温弁当箱も、実は夏の食中毒対策に大活躍するんです。さらに傷み防止食材の特徴を知って使用すれば、夏のお弁当も安心して食べられます。

そこで食中毒から家族を守るための知識や、お弁当に取り入れたいちょっとしたコツをご紹介します。

食中毒を防ぐために気を付けたいのは「清潔さ」と「水分」

細菌による食中毒は、気温が高く細菌が育ちやすい6月から9月頃に特に流行し、ウイルスによる食中毒は冬に流行します。

原因によって症状や潜伏期間なども様々ですが、食中毒にならないようにするために心がけておきたいことは同じです。まずは特に気を付けたい2つのことをご紹介します。

卵や肉、魚などが原因のサルモネラ菌や、カキなどの二枚貝などにより感染するノロウイルスは熱に弱いので十分に加熱することで防ぐことができます。

しかしヒトの皮膚や口の中にいる黄色ブドウ球菌などは熱に強いため加熱しても死滅しません。汚い手で食べ物を触らないようにしましょう。

①清潔にすること

まずは基本中の基本、手をキレイに洗いましょう。手には目には見えない雑菌やウイルスがいっぱい。しっかり洗ったつもりでも、シワや指紋に多少の菌は残っているものです。

おにぎりはラップで包んで握り、食材には素手で直接触れないように菜箸を使用します。もちろん手だけではなく、調理器具なども清潔にしておくことが大切です。熱湯や漂白剤などでしっかり殺菌し、菌を付けないことが重要です。

お弁当箱はできるだけパーツの少ない分解清掃できるものを選ぶとよいでしょう。ゴムパッキンの隙間には雑菌がたまりやすいので特に注意しましょう。

②水分を出さないこと

食中毒の大敵、それは水分です。

細菌は水に溶けている栄養分を分解し摂取することで増殖していきます。逆にいえば、水分がなければ増殖することができません。フリーズドライの食品が長持ちするのもそのため。

なので、おかずから出る汁気はできるだけ切ってお弁当に詰めていきましょう。お弁当箱の中の水分はできるだけなくすことが、雑菌を繁殖させないポイントです。

食材が温かいまま蓋を閉めると、蓋にビッシリと水分がついてしましますが、これもNG。

温かい食材は冷ましてからお弁当箱に詰めるようにします。でも朝は冷ましている時間がないこともありますよね。そんな時は大きくて平たいお皿に広げておくと早く冷ますことができます。

お弁当のおかずは作り置きではなく、その日に作ったものが理想ですが、前日の残り物を入れることもありますよね。

冷蔵庫で保存していたおかずは必ず朝お弁当箱に入れる前にしっかり温め直し、その後冷めてから詰めるようにしてください。

低温でも菌はじわじわと増殖していますので、温め直さずに冷たいままいれるのはNGです。

夏のお弁当に取り入れたい4つのおすすめ便利アイテム

夏のお弁当に欠かせないものといえば、ケーキなどを購入した際についてくる保冷材。これをお弁当と一緒に包んで持っていくという人も多いですよね。もはやそれは誰もがやっている対策。

それだけでは安心できない。そんな人にオススメの、簡単に取り入れることができる便利アイテムをご紹介します。

お弁当を詰めたら乗せるだけ!簡単・手軽な抗菌シート

お弁当を詰めてから、ご飯やおかずの上に乗せるだけの抗菌シート。

ワサビやカラシの優れた抗菌効果から、その成分を抽出し練りこんだものが主流です。乗せてもワサビやカラシの臭いや辛味が移ることはありません。

他にも銀イオンを練りこんだものなどもあり、最近では100円ショップでも購入できます。透明なもの以外にもキャラクターが描かれたデザインなど種類も豊富なので、カラフルで可愛いお弁当を作ることもできそうですね。

昔でいうバラン!?今はシリコン製のレタスがオシャレで可愛い

彩りや仕切りのため、お弁当にレタスやキャベツなどの生野菜を入れることはありませんか?この生野菜、食べるころにはベチャベチャになってしまい美味しくない…なんてことも少なくありません。

しかもこの水分も食中毒の大敵。お弁当の中に水分を出さないためにも、シリコン製のレタスなどを使用するのもアイデアのひとつ。

シリコン製なので食べられませんが、何度も洗って使えるので経済的です。ただし雑菌がつかないようにしっかりと洗い除菌してから使いましょう。

自然解凍OKの冷凍食品を上手に使おう

お弁当の強い味方冷凍食品。パッケージの表示をよく見ると自然解凍OKというものもたくさん販売されています。

凍ったままお弁当箱に入れておけばお昼には食べごろになっているので、卵焼きの横などおかずの配置を考えて詰めると、保冷材代わりにもなって一石二鳥です!

まずは菌をつけないことが大事!除菌スプレーを賢く使う

ドラッグストアなどでもずらりと並ぶ除菌スプレー。植物由来のものなど食品や食器に使用できるタイプのものも数多くあります。この抗菌スプレーを上手に使用し、菌をお弁当につけないということも重要です。

お弁当箱を洗った後に除菌スプレーをひと吹きして伏せておいたり、おかずを詰めるちょっと前にスプレーして自然乾燥させておくだけ。

もちろんまな板や包丁などにも使用して、徹底した除菌を心がけましょう。

直接食材に触れるところに除菌スプレーを使用するのに抵抗のある人は、抗菌効果の高い酢でお弁当箱を拭くのも効果的です。その際は必ず清潔なキッチンペーパーなどを使用し菌を付けないように気を付けてください。

冬だけじゃない!夏のお弁当箱にも保温弁当箱が大活躍

冬に活躍する保温弁当箱。夏場は出番がないという人もいるのではないですか?実は夏にもオススメなのがこの保温弁当箱です。目からウロコの使い方もご紹介します。

保温弁当箱は保温はもちろん”保冷”もできるんです

保温できる弁当箱を夏に使用するのもオススメ。

各社から販売されている保温ランチジャーの多くが、ご飯と汁物が保温可能なBOX、おかず用は通常のものと同じ常温保存のBOXで、それらがセットになっていることが多いです。

ご飯やスープをアツアツな状態で入れておけば、菌が増える温度よりも高い状態をキープすることができるのでオススメです。ただし直射日光の当たるところや車の中など高温になるところに放置するのは危険ですのでやめましょう。

そしておかず用のBOXは、ほとんどのものが保温効果がありません。通常のお弁当箱と同じように保冷材などでしっかりと冷やして、おかずを食中毒から守りましょう。

保温弁当箱の構造は魔法瓶の水筒のようなもの。中には温かいもののほか、冷たいものを入れてもOKです。そうめんを入れて持っていけば、ランチにそうめんを食べることもできます。その他、冷やし中華やラタトゥイユなどの冷たいメニューを持っていくのもいいですね。

食中毒微生物にとっての適温は30~40℃。お弁当をできるだけ低温で保存するのは増殖を防ぐためです。

ただし低温で保存することが微生物を死滅させるわけではありません。冷凍しても食中毒微生物は死滅しないので、注意しましょう。

夏のお弁当に取り入れたいワサビや梅干しなどの「傷み防止食材」

お弁当に入れる食材に迷うことも多いですよね。「生野菜はいいのか?」「卵は大丈夫か?」「マヨネーズはどうだろう?」…じつはこの生野菜や卵、マヨネーズは傷みやすいため、夏のお弁当には避けたほうが無難な食材。

では逆に、傷みにくい食材とはどんなものなのでしょうか。それがワサビや梅干し、カレー粉などの「傷み防止食材」。

絶対に傷まないというわけではありませんが、抗菌効果に優れた食材のため、菌を増殖させにくい効果があります。普段からよく使うものが多いので、メニューに加えてみるといいですね。

傷み防止食材は昔の人も夏のメニューに取り入れていた!

傷みを防止する食材は、はるか昔から夏のメニューに積極的に取り入れられていました。先人の知恵ですね。ではどんなものがあるのでしょうか。

強い殺菌作用がある食材の代表格はワサビです。冷蔵庫のなかった頃から刺身に添えられているのもそのためと言われています。

それから梅干しも抗菌作用のある食材としては有名ですね。昔から日の丸弁当があるように、日本人は知らず知らずのうちに抗菌作用のある梅干しを弁当に取り入れてきました。

その他にも、酢、カラシ、しそ、ニンニク、カレー粉、パセリなども傷み防止食材です。
普段のメニューに加えてアレンジし、夏のお弁当を守りましょう。

食中毒にならないお弁当を作ろう!レシピのヒント

【ご飯を炊く時にお酢を入れる】

米2合に対して、酢を大さじ1杯程度入れて普通に炊飯するだけ。酸っぱさはほとんど感じません。手軽にできるのもうれしいですね。

【巻き寿司弁当】

しっかりと酢を効かせた酢飯を巻き寿司にしてみましょう。具と一緒にワサビを入れるのもいいですね。その際、くれぐれもお刺身を具にしないように。焼肉やキンピラなどを具にしてもおいしそうですね。

【生姜焼き】

豚の生姜焼きだけでなく、牛肉や鶏肉、魚などを生姜焼きにするのも美味しいです。ちょっと水分が多いかなと思ったら、片栗粉で少し固めにとろみをつけるといいですよ。

【カレー粉炒め】

野菜をはじめ、肉、魚、なんでもカレー粉で炒めるのもオススメ。蓋を開けた時のカレーの良い香りにきっと食欲がそそられます。

【大葉と梅を挟んだり巻いたり】

大葉と梅は相性抜群。さらにこれらは抗菌作用も高くさっぱりとした味を楽しめるので、食欲の出ない夏のおかずに持ってこいです。ササミに挟んだり春巻きの具にしたり、アレンジもいろいろできそうですね。

傷みやすい食材でも濃い目の味付けで予防できる

食中毒予防には、特に塩や砂糖を多めに使用するのが効果的です。

それは塩分や糖分濃度が高いと細菌は繁殖しにくく、また塩や砂糖を塗ることで食材の水分を塩・砂糖側に浸透させる作用があるから。塩蔵や糖蔵といった長期保存の方法が昔から用いられてきたのもこういった理由からです。

夏のお弁当のおかずは濃い目の味付けにすることで細菌の繁殖を抑え、食中毒の予防につながります。例えばキンピラなら砂糖や醤油で濃い目に味付けし、できるだけ水分がなくなるまで炒めるのがコツです。

お弁当のおかずの定番”玉子焼き”は避けた方が無難ですが、入れたい時には砂糖やハチミツを多めに入れた甘い玉子焼きにしましょう。出汁巻き玉子は水分が多く、塩や砂糖も少な目で傷みやすいのでやめましょう。

夏のお弁当も知識をつければ怖くない!

夏のお弁当も、ちょっとしたコツを知って実践するだけで食中毒のリスクはぐっと低くなります。
傷み防止食材は香辛料やハーブが多いので、今まで作っていたメニューに手軽にプラスすることもできますね。

紹介したように食中毒を予防する便利グッズもいろいろ販売されています。毎日のお弁当づくりに無理せず取り入れることができるのも嬉しいポイント。

暑い夏でも家族が安心して食べられる美味しい愛情弁当づくり、頑張ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る