TOP > > 餅でノロウイルス集団感染も!意外に多い感染経路への対策は?

餅でノロウイルス集団感染も!意外に多い感染経路への対策は?

F

毎年、秋から冬にかけてノロウイルス集団感染のニュースがよく聞かれるようになりますね。ノロウイルスは感染力が強いので、一度に大量の発症者を出してしまうのです。

ノロウイルスが流行する時期には、思いのほか身の周りにウイルスが蔓延しているものですよ。身の周りの目に見えないウイルスから身を守るためには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか。

ノロウイルスはどこから来る?

ノロウイルス食中毒は、一般に「カキで起こりやすい食中毒」ということでよく知られているように、感染経路は、

  • ウイルスを取り込んでいる水や食品(カキ・アサリ・シジミなど)からヒトへ
  • ヒトの嘔吐物・糞便からヒトへ

の2つになります。11月から3月にかけてノロウイルス食中毒が増えるのは、カキの旬だからです。ただし実際には、食品からの一次感染よりもウイルス感染者の嘔吐物・糞便からヒトへの二次感染のほうが多いのです。

秋冬には二枚貝を食べてノロウイルス感染者が発生し、感染者から嘔吐物・糞便を通して周囲へウイルスが次々と拡散されてしまうため、大規模な集団感染や流行が起きてしまうのですね。

こんな所に付着しているノロウイルス

例えばノロウイルス食中毒が流行している時、私達の身の周りでは、次のような場所にウイルスが付着している可能性もあります。

【感染者によってウイルスの付着しやすい場所】
トイレ(便座・便器・便器のふた・タオル・水道の蛇口・水を流すレバー・床・ドアノブ)
嘔吐物を片付けた場所とその周辺(床・カーペット・カーテンなど)
【感染者、汚物を処理した人からウイルスの拡散しやすい場所】
空気中・リモコン・手すり・ドアノブ・スマートフォン・靴やスリッパの底 など

身の周にウヨウヨしているノロウイルス

このように、身の周りに見えないノロウイルスがウヨウヨしているのは、ノロウイルスが乾燥しても数週間生存する生命力を持っているからなのです。感染者の糞便、または飛び散った嘔吐物の拭き残しからは、ウイルスが空気中に浮遊しやすいのです。

また汚物に触れた人の手に付着したウイルスから二次感染も起こります。ノロウイルス食中毒者の嘔吐物や下痢を処理する人は、もちろん衛生に気をつけて、消毒や手洗いをしていることと思いますが、不完全だとどうしてもウイルスが少し残ってしまいます。

手にウイルスが付着していれば、その人が触った物にウイルスが次々と付着していきます。ですからノロウイルスに触れた人は石鹸を使って手洗いをしっかり行い、手にウイルスが残らないようにしなければいけません。

実はたった10~100個ほど体内に入っただけで発症してしまう感染力の高いウイルスなのです。汚物の処理も厳重に行い、汚れた場所はアルコールではなく次亜塩素酸ナトリウム(台所用漂白剤)で消毒しておく必要があります。

アルコールでノロウイルスは死なないので間違えないでくださいね。熱湯消毒も有効です。手でベタベタと触るスマートフォンやリモコンは、意外とばい菌だらけなことで有名です。アルコールも漂白剤も使えないので、硬く絞ったおしぼりで何度も拭き取り、物理的にウイルスを減らすようにしてください。

このように、ノロウイルス感染が流行する秋冬には、身の周りに目には見えないウイルスが蔓延していると考えた方が良いでしょう。どなたもこまめに石鹸で手洗いを行い、ウイルスが自分の口に入るのを防ぐように意識していただきたいと思います。入念な手洗いでウイルスを洗い流すだけでもかなり予防効果があります。

楽しい行事からも残念な食中毒が

ノロウイルス食中毒は、集団給食や仕出し弁当などの調理場でもしばしば起こっています。これも貝類の一次感染というよりも、ウイルスに感染している調理員からの二次感染が原因であることが多いようです。

調理場では、次亜塩素酸ナトリウム消毒や85~90℃の加熱を1分間以上行うなどして食中毒対策を行っているので、食品や調理器具はしっかり殺菌されています。ただし、調理後の食品にわずかでもウイルスが付着していれば、食中毒を起こす可能性が出てくるのです。

例えばこのようなノロウイルス食中毒の事例もあります。

  • 集団で行った餅つき大会の餅で集団感染
  • おにぎり・サンドイッチを食べて食中毒
  • 鍋を囲んで食中毒

これらは食品を素手で触った人の中に、ノロウイルス感染者が混ざっていたため起こってしまったのです。集団で行う餅つき大会は、ついた餅を参加者が素手でまるめ、多くの人にふるまったため集団感染となってしまいました。

おにぎりやサンドイッチは家庭でも起こり得る食中毒ですね。食中毒=貝、生ものというイメージがあるかもしれませんが、このように安全そうな炭水化物でもノロウイルスなら油断できません。特に秋冬の調理は衛生管理に徹底してください。

  • ノロウイルス食中毒にかかった人は調理しない
  • 下痢・吐き気など体調が悪い人も調理しない
  • 調理前・食事前に石鹸でしっかり手洗いする
  • 十分に加熱する
  • 食品を素手で触らない(全員ビニール手袋の使用が望ましい)
  • 特におにぎりなど手づかみで食べる物は衛生に気をつける(おにぎりはご飯をラップに包んでにぎるなど)

身の周りに発症者がいなくても…

また秋冬は、身の周りにノロウイルス食中毒の発症者がいなくても、手洗いや食品の衛生管理には気をつけてください。免疫力の高い人は口にウイルスが入っても発症しなくて済むため、無症状や、ごく軽い症状で気づかないまま、ウイルスを保菌している人も多いのです。

もしかしたら、あなたがノロウイルスをもらってきている可能性だってあります。無症状でもウイルスは同じように他人に感染します。ノロウイルス食中毒の流行する1~3月は、受験生にとって大事な時期でもありますよね。インフルエンザや風邪と同様、感染しないよう予防に徹してください。

最後に

ノロウイルス食中毒の流行は、近年になってから増えてきているように見えますが、もともと昔からあったもので「お腹の風邪」と別の名前で呼ばれていたものです。毎年流行を抑えることができないのは、このようにウイルスが拡散しやすく、感染予防が意外に難しいからなのかもしれません。

ただし、乳幼児や高齢者といった体力のない人が発症すると重症化することもあるので、きめ細かな対策は必要です。餅つきや鍋といった冬の楽しみを満喫するためにも、衛生管理には十分に気をつけたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る