TOP > > 家庭菜園のじゃがいもは食中毒になりやすい?その原因と対処法

家庭菜園のじゃがいもは食中毒になりやすい?その原因と対処法

じゃがいもといえば、芽に毒のあることがよく知られていますよね。芽さえ取り除けば安心して食べられるかというとそうでもなく、芽を取り除いたじゃがいもで食中毒を起こした事例もあるのです。

ただし、じゃがいもを食べる前にいくつか気をつけて調理をすれば食中毒を防ぐことはできます。今回はじゃがいもによる食中毒の特徴と対処法について説明したいと思います。

じゃがいもが持つ毒とは

じゃがいもの表皮や芽発部分に含まれる有毒成分は「ソラニン」「チャコニン」といいます。これは植物が持つ「アルカロイド」の一種。アルカロイドというのは植物が生き抜くための知恵として、ほかの生物から身を守るために出している苦みのある成分です。

ヒトが一定量のソラニンやチャコニンを摂取してしまうと中毒症状として、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまいが起こることがあります。これらの成分を大量摂取すれば死に至る場合も。

可食部には含まれていないため、私達は皮や芽を取り除いておいしくじゃがいもを食べることができるのです。

こんなじゃがいもで食中毒が発生

では芽や皮を取り除いたじゃがいもで食中毒が起こってしまうのはなぜでしょうか。実はじゃがいもの栽培法や保管法が食中毒の原因になっているというのです。

じゃがいもの食中毒が起こりやすいのは学校や家庭。それも市販のじゃがいもではなく個人で栽培したじゃがいもが原因になっているのです。

個人で栽培するじゃがいもは、農家が畑で作るじゃがいもと違って出来が良くないことが少なくありません。大きくならず緑変してしまったじゃがいもに、ソラニンやチャコニンが増えてしまうというのです。

また、市販の物や出来の良い物でも日の当たるところで保管していると発芽してソラニンやチャコニンが増えてしまい、これを食べることでも食中毒は起こってしまいます。

じゃがいもの食中毒を防ぐには

一般には市販のじゃがいもを利用することのほうが多いと思いますので、冷暗所で保管し皮と芽を取り除いて調理すればじゃがいもの食中毒の心配はありません。

ただし緑変のみられるじゃがいもは皮を厚めにむき芽をしっかり取り除いて食べるようにしてください。自作で出来の悪かったものは食べるのを避けることが無難かもしれません。

じゃがいもの取り扱いに関する注意点は次のようになります。

  • 常温の暗く涼しい所で保管する
  • じゃがいもに傷をつけない
  • 早めに食べるようにする
  • 変な味(えぐみ)がしたら食べない

また、ソラニンやチャコニンは茹でても減りませんし、電子レンジ調理や油で揚げる調理でも完全にはなくなりません。加熱調理は食中毒の予防にならないので「食べない」というのが最も安全ということになりますね。

もし食べてしまったら?

一定量のソラニンやチャコニンを食べてから数分~数日後に中毒症状があらわれます。症状は軽く済むことが多いのですが重症になると危険なので早めに受診することをおすすめします。

特に体の小さい子どもは少量(大人の1/10)でも中毒を起こしやすいので、じゃがいもを食べた後の体調不良があれば中毒を疑ってすぐ受診してください。

家庭菜園で手をかけて作ったじゃがいもには愛着が湧くものです。残念ですが出来に自信のない時は食べるのをやめておきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る