TOP > > 潮干狩りの新鮮なあさりなら食あたりしない?貝にはこんな毒が

潮干狩りの新鮮なあさりなら食あたりしない?貝にはこんな毒が

おいしくて栄養のある貝は実は食中毒を起こしやすい食品でもあります。中でも意外に食中毒を起こしてしまうのが食卓に上がることの多い「あさり」です。

あさりを食べるとどんな食中毒が起こるのでしょうか。またどうすれば食中毒を防ぐことができるのでしょう。

あさりの貝毒

あさりが食中毒を起こす原因は貝に含まれる「貝毒」になります。貝毒というのは二枚貝が持っている毒のことです。

二枚貝が水中の有毒プランクトンを食べることで体内に毒を溜めてしまうのです。あさりのほかムラサキガイ、ホタテ、牡蠣などにも貝毒があります。

あさりの食中毒とは

あさりに含まれる貝毒には次のような種類があり、それぞれ中毒症状が異なります。

下痢性貝毒

貝を食べて30分~数時間で消化器に食中毒の症状が起こります。

症状…吐き気、腹痛、嘔吐、下痢

食べてから3日以内には自然に回復します。命に関わる食中毒ではありません。ほかの食中毒と違って発熱は起こりません。

麻痺性貝毒

貝を食べてから30分以内に体にしびれやまひの症状が始まります。

症状…唇や舌のしびれ、体の麻痺、言語障害、呼吸困難

症状はフグ毒の食中毒に似ています。軽症なら毒が体から出ていくのを待ち1~2日で回復できますが、重症の場合は最悪で命に関わることもあります。

貝毒にはほかにも「神経性貝毒」「記憶喪失性貝毒」がありますが、貝毒の種類は地域ごとの有毒プランクトンと関係しており日本で確認されているのは下痢性貝毒と麻痺性貝毒になります。

潮干狩りでとった新鮮なあさりなら食中毒にならない?

潮干狩りでとったばかりの新鮮なあさりなら食中毒に起こりにくいかといえば、そうではありません。むしろ市販のあさりよりも潮干狩りでとったあさりのほうが貝毒の危険性を持っています。

市販のあさりは出荷前に貝毒を含んでいないかどうか検査があり、貝毒を持つあさりが市場に出まわることはありません。市販のあさりは安心して食べることができます。

国内の海では有毒プランクトンが発生しており、最近でも実際に貝毒を持つ貝が確認されている地域がいくつかあります。貝毒の確認された海では潮干狩りが禁止されているのですが、個人で海からとってきたあさりは検査を通さないために貝毒の有無が確認できません。

もし潮干狩りをするなら、貝毒が確認されておらず潮干狩りが許可されている地域で行いましょう。

調理法で食中毒を防げる?

貝毒は食中毒の予防が難しいといわれています。あさりの貝毒は加熱しても死滅しません。貝毒の中でもツブ貝に含まれるテトラミンという毒はツブ貝の唾液腺を取ることで食中毒を防ぐことができるのですが、あさりの貝毒は調理法で無毒化することはできません。

食べても安心なあさりを入手することが食中毒の予防につながりますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る