TOP > > 早期対処が遅れると最悪!感染力の高い「とびひ」の正体は?

早期対処が遅れると最悪!感染力の高い「とびひ」の正体は?

暑い夏の時期、増えてしまうのが、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」いわゆる「とびひ」です。乳幼児に多く発症しますが、大人がかからないという訳ではありません。感染力がとても強く家族間感染もありますので、発症者がいるのならば十分に注意をする事が大切です。

「とびひ」って?

始まりは、虫刺されやあせもなどの小さな発疹や小さな傷です。痒さに負けてかきむり、傷を作ってしまったところに、黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染する事により発症してしまいます。

もともと、黄色ブドウ球菌や溶連菌(化膿連鎖球菌)は人にいる常在菌です。ちょっとしたことで、傷口から入り込み悪さをしますので、抵抗力が弱い乳幼児に多く発症してしまうのです。夏に多く発症してしまうのは、黄色ブドウ球菌が原因となる「とびひ」です。

蚊に刺された場所などが「水ぶくれ」になり、膿をもち、(この段階になるとかゆみも半端なくあります)そこを掻くことにより指に菌が付着して、その指で他の場所に触れる事により菌が広まっていってしまうのです。気がつくと、全身に広まっている事が多くありますので、初期段階での処置がとても重要です。

溶連菌が原因の場合は、季節や年齢に関係なく発症し、「水ぶくれ」から「かさぶた」になり、炎症の度合いが強い為、喉の痛みや発熱などを伴う事もあります。いずれにしても、感染力はとても強いですから、広範囲に広がる前に抑えたいものです。

予防と対策

「とびひ」は感染力がとても強いのですが、通園や通学を停止しなければいけない症例には指定されていません。ですから、幼稚園などで流行するとあっという間に感染が広まります。感染を広げない為には、患部をガーゼなどで覆い患部に手が触れない様にすることです。

指を舐めたり、鼻をいじったりする癖がある子供は、特に注意が必要です。溶連菌が体内に侵入してしまった場合などは、さらに違う病気を発症してしまう可能性がでてきてしまいます。

そのため、病院で処方される抗菌薬は、患部が落ち着いたとしても菌そのものがまだ残っている可能性もありますので、必ず指定された日数分を飲んでおいたほうが安心です。

家族間感染を防ぐ為、手拭きタオルなどの共有は絶対に避けてください。案外うっかりしてしまいがちな事ですので、気をつけたいポイントです。

子供の身体に小さな「水ぶくれ」を発見したなら、念の為、とりあえずガーゼで患部を覆うことをオススメします。そして、病院へ行き診断を受ける事が大切になります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る