TOP > とびひ

とびひの見分け方

とびひとは、伝染性膿痂疹とも呼ばれ、細菌による皮膚の感染症のことです。水泡や膿疱、かさぶたが出来、かゆみを伴うため、掻き毟っているうちにその周囲だけでなく、他の部分にも広がっていきます。

その症状が、名前のように「飛び火」しているようだということで、とびひと呼ばれています。また、掻き毟った手を介して、他の人にもうつる病気です。症状は、顔や四肢などの露出している箇所に出ることが多く見られます。

大きくわけて、水泡性膿痂疹、痂疲性膿痂疹とに分けられ、水泡性膿痂疹は夏場に多く症状が現れます。夏場は、虫刺されやあせもなどが出来やすく、その傷に細菌が入り込むために起きやすいのです。

虫刺されやあせもなどの傷がある場合は、汗をそのままにせず、シャワーなどで流し、清潔を保ちましょう。痂疲性膿痂疹では、水泡性膿痂疹よりも赤みが強く、全身に熱を帯び、のどの痛みやリンパ節が腫れることもあります。

また、とびひだと思っていたら、水痘(みずぼうそう)や接触性皮膚炎だった。ということもありますので、似たような症状にご注意ください。

こちらのカテゴリでは、とびひについて知っておくべきこと、とびひの原因と症状について、とびひの予防方法とは、などをご紹介しています。

とびひの知識

とびひは、皮膚の薄い部分に細菌が入り込んで起きる病気です。その細菌には2種類あり、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌とがあり、私たちの体の中に常にいる菌でもあります。

些細な傷口からとびひとなり、あっという間に全身に症状が広がりますので、注意が必要です。

また、人から人へうつる病気でもあります。乳幼児に多い症状ではありますが、近年大人への感染も増えており、細菌を体内に繁殖させないためにも、爪を短く切る、夏場はこまめにシャワーを浴びるなどの対策を取られてください。

・とびひのことを学ぼう
とびひって何!?とびひについて知っておきたい5つの事

とびひに関する疑問をまとめています。知っているようで知らないとびひのこと。ご一読いただき、お子さんを守るだけでなく、周囲の人たちにうつさないように努めましょう。

・飛び火に関する疑問
意外に知らない事も多い!?とびひに関する4つのQ&A

とびひの原因と症状とは

とびひは乳幼児に多く見られる症状です。蚊に刺されたところに細菌が入り込み、水ぶくれとなり、痒みを伴うために掻き毟り、その菌がついた手で体の他の個所に触れることで、瞬く間に広がっていきます。

全身に広がると、完治するまでに時間がかかり、とても厄介です。初期症状の段階で見つけることが出来るよう、お子さんの体調や変化を見逃さないようにしましょう。

・とびひの原因は?
早期対処が遅れると最悪!感染力の高い「とびひ」の正体は?

とびひと聞くと、子供の病気と思いがちですが、とびひの原因となる細菌には2種類あり、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌とがあります。

黄色ブドウ球菌は、7歳未満の乳幼児がかかりやすいとされていますが、連鎖球菌は大人でも感染する危険性を持っています。しかも、連鎖球菌は季節に関係なく、発熱を伴う症状でもあり、もしかして?と思われた方は、早急に皮膚科を受診された方がいいでしょう。

・子供だけじゃない
とびひの原因菌は1つじゃなかった!細菌の種類と症状について

とびひの予防方法とは

とびひは、とても厄介な病気です。1か所が治ったと思ったら、別のところに症状が出るということを繰り返すため、なかなか完治せず途方に暮れることもあります。

そこで、とびひにならないということが大事になってきます。乳幼児は、汗をかきやすく、そのままにしているとあせもが出来やすくなり、あせもからとびひになることもあります。また、無意識に鼻をほじるお子さんがいますが、鼻の中には常にたくさんの細菌がいます。

その手で虫刺されなどの傷口に触れると、とびひになる危険性があがります。爪を短く切り、鼻に触らないように注意し、シャワーをこまめに浴びるなど清潔を保つようにしましょう。

・乳幼児への対策方法とは
小学校低学年までは要注意!とびひ予防の為に知っておきたい3つの事

とびひの治療方法とは

とびひになったら、小児科や皮膚科を受診されることをおススメします。また、細菌による感染症なので、清潔を保つこと。また、痒みを伴うため、幼児などは掻き毟ってしまうことが多く、その手で体の他の部分に触ることで広がっていきます。

なるだけ掻き毟ることのないよう注意し、お風呂ではなくシャワーを使い、タオルの共用は避けるようにしましょう。家族への感染を防ぐことが出来ます。

・とびひになったら
とびひになったらどうすれば良い!?受診科や治療法について

とびひと似ている病気一覧

とびひと似ている病気として、水痘(みずぼうそう)やヘルペス、アトピーなどがあります。とびひだと思い込んでいると、症状は改善しません。なんの病気であるのかをきちんと把握し、治療に挑みましょう。

・とびひではないかも?
その症状は本当にとびひ!?とびひと似た症状を持つ4つの病気

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る