TOP > > 視界に黒点や糸くずが常に見える飛蚊症の対策について

視界に黒点や糸くずが常に見える飛蚊症の対策について

視界に黒点や糸くずのようなニョロニョロしたものが見えること、ありませんか?すぐに消えたり動いてどこかへ行くならゴミやホコリですが、ずっと視界の中にあるようなら飛蚊症という目の病気かもしれません。

どのような見え方が飛蚊症の症状なのか

  • 目の前の景色の中に、ぽつんと黒い点が浮いているように見える
  • 半透明や白の糸くずのようなニョロニョロした形のものが見える
  • 丸い輪のようなものが見える
  • これらが混ざって見える

目を動かさずにいるとすうっと下がって消えて行くものや、こすったり目を洗ったりして消えるものなら一過性なので心配はありません。

飛蚊症では目を動かすとこれらがついて来るように見えるのが特徴です。

なぜそのように見えるのか

目には硝子体と呼ばれる、外界の風景を見るレンズのような役目をする部分がありますが、老化や栄養素の不足などで酸化したりすることで硝子体の組織に変質が起こります。これが飛蚊症の症状となって目に見えてしまいます。

栄養素の不足としては、血管が目詰まりを起こしてしっかりと血を流せなくなったために、目が求めている栄養を届けられなくなる状況があげられます。そうなると目の中で異変が起こり始めてしまうのです。

つまり、見えている点や糸くずのようなものは外界にあるのではなく、自分自身の目の中にあるわけで、自分の目の中の状態を自分で見ているような状態になっているわけです。

日常で出来る対策

実は、飛蚊症の治療法はまだ見つかっていません。医療機関を受診しても「気にしないことですね」と言われてしまうことが多々あります。しかし、常に視界の中に異物を感じることほどストレスの溜まるものはありません。

紫外線を避ける

硝子体が傷つく理由のひとつに、紫外線が網膜を通過して奥に届いてしまうことがあります。目は紫外線を吸収しやすい非常にデリケートな部分ですから、まずは目に直接紫外線が当たることを避けましょう。

日陰を歩いていれば大丈夫と思われがちですが、紫外線は道路に反射して下からも当たって来ます。外出時にはUVカット率の高いサングラスや日傘を使って、乱反射して届く紫外線を極力防ぎましょう。

青色光を避ける

青色光って何か分かりますか?よく「ブルーライト」と言われていますが、スマートフォンやパソコンの画面などから発しているLEDの光のことです。この光に長く接していると網膜への影響が強く出るとも言われ、視力の低下や眼病の原因として不安視されています。

長時間のパソコン作業やスマートフォンの使用はなるべく避けるように気を付けましょう。仕事で必要な人は、1時間につき5~10分の休憩を取るように気を付けることで急な悪化を防ぐことが出来ます。

目の血流を良くする

現代では目を酷使する機会も多く、疲労のために血行が滞って目のまわりの温度が下がりがちです。毛細血管に血がきちんと届かないと網膜や硝子体にも良くない影響が起こります。疲れたら温めたタオルを乗せるなどして温度を上げ、血の流れを促しましょう。

血の流れが悪くなると眼病にかかりやすいとも言われます。血が酸化すると目の中の水分が反応するからです。

バランスの良い食生活を心がける

血の流れにも、目に必要な栄養を届けるためにもバランスの良い食生活は大事です。肉ばかりを食べると消化しにくい脂質が溜まり、血栓が出来たりコレステロールが壁を作って血の通り道を狭くしたりします。

魚介類の持つ脂質や栄養素には目に良い成分もたっぷり入っていますので、主食を選ぶ時には肉と魚を半々にするなどして、一緒に野菜をしっかり摂りましょう。

血流と食生活は切っても切れない関係にあります。どんなに良い栄養を摂っても、血管が詰まっていれば目に届かずに終わってしまいますし、血の流れがスムーズでも栄養を摂っていなければやはり結果は良くありません。

飛蚊症は全身の健康状態を端的に表しているとも言えます。違和感を覚えたら目だけでなく、全身の状態を整えるつもりで生活しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る