TOP > > 足の裏が痛い!原因は「隠れ扁平足」?自分の足を要チェック!

足の裏が痛い!原因は「隠れ扁平足」?自分の足を要チェック!

貴方は、「足の裏」に痛みを感じる事はありませんか?「足の裏」に痛みを感じる原因は幾つかありますが、中でも「扁平足」が一番多いといわれています。ところが最近、「扁平足」じゃないのに「足の裏」が痛いという人が増えてきています。

見た目「扁平足」では無いのに、歩くと「扁平足」と同じ動きになってしまう「隠れ扁平足」という足をもつ人が多くみられる様になってきました。貴方の足はどうなのか?チェックしてみませんか?

「扁平足」のマイナス部分

足を床につけ、真横(内側)から足を見てください。親指からかかとにかけての間にアーチがきれいに出来ていますか?もし、このアーチがなくペタッと床に足の裏全体が着いているなら「扁平足」だといえます。

「扁平足」のマイナス点は、歩くときにバネの役割をするアーチが無い為に、骨や筋肉にまで圧力がかかり、疲れやすくなったり、痛みを感じやすくなったりしてしまうことや、O脚や外反母趾になる可能性が高いということです。

ところが、見た目はキチンとアーチがあるために、自分が「扁平足」と同じ状況にあることに気がつかない人が多くいる様なのです。

「隠れ扁平足」の見分け方

床に足をつけた状態では、何の問題もありません。問題は、歩く動作です。足を着地させるとき、キチンとかかとから着地ができているでしょうか?着地する状態の時、つま先は上がっていますか?「隠れ扁平足」の人の歩き方は、「ドタドタ」「ペタペタ」と表現される事が多い様です。

気になった方は、歩いているところを動画で撮影して確認してみてください。歩いているところを見ると、足の裏のアーチの部分が完全に潰れてしまっているのが、「隠れ扁平足」の特徴なのです。

「隠れ扁平足」に気づいたら

気をつけることは、移動時の体重(重心)の移動です。正しい姿勢で、正しい歩き方をする事がこの「隠れ扁平足」の治療に一番効果があると言われています。気になる方は、ネットやDVDなどをチェックしてみてはどうでしょうか?

さて、この「隠れ扁平足」の原因ですが、大きくは筋力の低下だと言われています。加齢や運動不足、ハイヒールの履きすぎなども原因の一つになるようです。

楽だからと言ってサンダルを永く履いたり、紐靴の紐を緩めていたりすると、さらに状況は悪化する可能性があるようですので、控えた方が懸命かも知れません。

病院で治療を受ける事も可能です。その際は、靴にひくインソールを使用しての治療が多いようです。ポイントは足の筋肉や足の裏の筋肉を鍛えることですので、足の指をグーパーするとか、簡単な足の運動を日頃から続けて行く事がいいかも知れません。

「隠れ扁平足」の疑惑が湧いてきた人は、歩き方や靴の選び方などを、もう一度チェックしてみるのも大切かもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る