TOP > > ごはんを丸飲みはNG!魚の骨が喉に刺さったときの対処法について

ごはんを丸飲みはNG!魚の骨が喉に刺さったときの対処法について

小さい頃、魚の骨が喉に刺さった経験のある人は多いと思います。そんな時、どんな方法で対処していたか覚えていますか?

ごはんを噛まずに丸飲みしたら取れたとか、放っておいたら勝手に取れていたという人が結構いらっしゃるのではないでしょうか。しかし、魚の骨を取り除く際のそれらの対処法は本当に正しいのでしょうか?

ごはんを丸飲みするのはダメ!

魚の骨が喉に刺さった時によく試みられるのが、ごはんを噛まずにごっくんと飲み込むという方法です。確かにこれで骨が取れる場合もありますが、この方法はリスクの方が大きいと言えます。

まず、刺さっている骨がさらに深く刺さってしまう可能性があり、抜くつもりが逆効果になってしまうことがあります。

また、刺さった骨が折れて一部が喉の粘膜に残ることもあります。そうすると残った骨の破片を取り除くことができず、痛みがいつまでも続いてしまいます。

何よりごはんをそのまま飲み込むという行為は、特に小さいお子さんやお年寄りの場合は喉にごはんを詰まらせてしまう危険がありますので、避けた方がよいでしょう。ごはんだけでなくパンなどの丸飲みも危険ですのでやめましょう。

放っておけば自然に抜ける?

サンマやイワシの骨のような小さくて細い骨が刺さった時は自然と抜けることも多いので、そこまで神経質にならずしばらく放っておいて様子をみてもよいかも知れません。実際に喉に刺さる骨というのはこのような小骨のケースが多いのです。

ただし、タイやブリなどの大きな骨が刺さってしまう場合もあります。これは傷口が炎症を起こしますので、放っておかずに早く病院で抜いてもらった方が安全です。

小さいお子さんが「喉に骨が刺さった」と訴えてきた時には、どのような魚の骨が刺さってしまったのかをきちんと把握することが必要です。お子さんの場合は、例え小さな骨でも取れない時は早めに病院へ連れて行ってあげた方が安心と言えるでしょう。

骨が刺さった時の対処法

喉を覗き込んで、骨の刺さっている位置が無理のない範囲で抜くことができる場所だと判断した場合は、清潔な指で抜きましょう。しかし無理は禁物です。

うまくいかない時や自信のない時は、「骨が刺さったくらいで恥ずかしい」と思わずに耳鼻科などで抜いてもらうのが一番よい方法です。

まずは小さいお子さんにははじめから骨を抜いてある魚の切り身を買ってあげたり、食べる前に骨が除けているかどうか確認してから食べさせてあげることも予防になりますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る