TOP > > 出血した切り傷を消毒液ですぐ消毒することは間違った常識

出血した切り傷を消毒液ですぐ消毒することは間違った常識

出血した傷に対しまず消毒をしていませんか? 消毒が良くない理由

昔と違って今の子供達は遊び場が少ないこともあるかもしれませんが、家の中でゲーム機で遊ぶ時間の方が多いかもしれません。しかし、小さな子供、特に男の子は外で元気に遊び回って擦り傷をたくさん作る位元気に遊び回る方がたくましくて良いのではないでしょうか?

そんなお子さんが傷をして帰ると、すぐに消毒液で消毒して外傷薬を塗って、その上からガーゼで抑える治療を行っていませんか?実は、この治療方法は大きな間違いです。

特に消毒液で消毒し、傷口を乾燥させるスプレーを吹きかけるのは最悪です。余程の深い切り傷でない限りは消毒液や傷口を乾燥させる薬は使うのをやめるべきなのです。

なぜ、消毒液で傷口を消毒するのは良くないのか理由をご存知ですか?

傷口にはバイキンが付くので消毒しないと化膿する可能性があるので、まず消毒するというのは非常に理にかなった方法に見ます。しかし、実は身体には自然治癒力が備わっています。

そのため、消毒すると傷を修復するためにバイキンと闘う白血球や、その他にも傷口を修復する働きのある線維芽細胞や毛細血管を作る細胞の血管内皮細胞などが消毒液によってその働きが失われるからです。

また、皮膚には、常在菌と呼ばれる身体に無害の多くの菌が住みついています。これらの菌もまた傷口が治るのを助ける働きをしますが、消毒液はこれらの菌もまた殺してしまいます。

つまり、傷を早く、痕が残らずにきれいに治すには、消毒液を使うことはデメリットの方がはるかに大きいのです。切り傷程度では、身体に備わった自然治癒力を活かす方が遥かに大きな効果が得られます。

傷口を消毒しないなら、一体どうすればよいのでしょうか?

傷をしたら、傷口をまず水道水でよく洗い流して汚れを落とします。その後で、何もせずにラップで覆うだけです。動くと取れるようであれば、ラップを傷口にあって周囲をテープで留めます。このとき傷口が密閉状態にならないように1箇所隙間を少し開けておきます。

ラップは家庭にある食品を包むラップで問題ありません。よくケガをするようであれば、白色ワセリンを購入しておき、ワセリンを塗ってからラップをすると傷の痛みも和らぎます。

ワセリンには消毒作用がありません。消毒液で消毒する以外に、傷の治療で良くない治療方法は、傷口を乾燥させる方法です。薬を塗ってガーゼで抑えるような方法や傷口に吹きかけて乾燥させる薬品を使う方法です。

傷口では傷口を治そうと身体は傷口付近から滲出液といって、傷口をふさぐための成分が含まれた液体がにじみ出てきます。傷口を無理やり乾燥させるとこの滲出液による傷の治療効果が失われてしまいます。

傷口を乾燥させると「かさぶた」ができないで傷口は痕が残らずきれいに早く治っていきます。かさぶたができると、傷口が治っていっていると思って少し安心したりしますが、このかさぶたを無理に剥がすと傷の痕が残ったりします。

傷口を消毒、乾燥させないようにする治療法は「湿潤療法」

なかなか身に付いた常識を覆して実行するのは難しいものですが、この治療方法は湿潤療法と呼ばれ、医師ですら全ての医師が行っているわけでもありません。

医師の中でも半信半疑でこの治療法を患者に行って、その効果の高さを実際に感じてからはこの療法を勧めている医師も居る程です。湿潤療法は、多くの実績を残している治療法なので安心して行うことはできます。

ただし、傷が非常に深い、出血が止まらない、傷を非常に不衛生な場所でし、その汚れがなかなか取れないなど不安な場合は、自宅での湿潤治療を行わないで、湿潤療法を理解している医師で処方してもらうことが必要です。

女のお子さんの顔などへの傷は、決して残るような治療はしてはいけません。従来の常識による治療法に比べて、湿潤療法であれば傷痕も残らずきれいに治ります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る