TOP > > アセモや日焼けなどの夏の産物を解消する必殺技があります!

アセモや日焼けなどの夏の産物を解消する必殺技があります!

夏の産物は、早めに解消しましょう

暑い夏の間、太陽の光を浴びて日焼けをしてしまったり、汗をたくさんかいてアセモが体中に吹き出してしまったりと、嬉しい楽しいことだけでなく、いらないものまで残ってしまっています。でも、その産物をさっさと解消してしまわないと、気付いたらシミやソバカス、シワだらけの肌になってしまうかもしれません。

また、紫外線の影響は美容的な問題だけでなく、皮膚ガンやアレルギーの原因にも及んでしまいます。真っ黒になって野山を走り回っていた健康優良児のような時代と違い、現代では紫外線の強さもかなり高くなっています。日焼けはできるだけ避けた方が無難です。

日焼けの場合は、日焼け直後は、とにかく冷やすことです。日焼けは火傷と同じです。酷すぎれば水ぶくれになり、真っ赤になり、皮が何度も剥けたりします。

そういう時は、免疫力も落ちています。日焼けをすると風邪を引かないという説もあるようですが、それは恐らく、真っ黒になった場合、メラニン色素が肌を保護するために表面に出てきた場合のことを言うのだと思います。

ただし、これはいわゆる焦げた状態です。免疫力が落ちた肌は、内側の細胞も死んでいる場合があり、感染症やアレルギー疾患になりやすいとも言えます。ほどほどに焼いたら、その日のうちに水風呂やよく冷やしたタオルで湿布するなどして、表面温度を下げることです。

肌トラブルを避けるために摂りたい食べ物

ビタミンCを多く含む食品を積極的に食べるようにしましょう。夏が旬の色の濃い野菜、例えばニガウリや、モロヘイヤ、ピーマン、ナス、トマトなどの夏野菜です。色の濃い野菜にはビタミンCが多く含まれています。

ピーマンにはカロテン、ナスにはポリフェノール、トマトにはリコピンなどの抗酸化物質などが含まれていて、肌の鎮静や代謝の促進、細胞の再生を助けてくれます。その他に果物類の中でも、レモンなどの柑橘系にもビタミンCが多いので、暑い時のレモネードなどは、理にかなっています。

また、スイカなどの夏が旬の果物には利尿作用があるので、不要になった細胞や成分を、尿と一緒に排出しやすくなります。夏が旬の食材には、身体を冷やす効果もあります。とかく冷たい物を摂りがちな季節ですが、食材その物の成分で冷えてしまうので、あまり温度的には冷やし過ぎない方がいいと思います。

ビタミンCを効率的に摂取するには

ビタミンCは、水溶性という性質を持っています。水に溶け出すということです。表面の汚れを取るために水に浸けておくのはしょうがないとしても、切った後で水に浸けると、大事なビタミンCは浸けた水に流れ出てしまい、摂ることができません。

また、ビタミンCを多く含む野菜は、苦味があります。ビタミンCのサプリメントは、かなり早くから出ているので、Cは酸っぱいと思っていますが、実は苦く感じることもあるのです。

柑橘系の酸味の強い物からCを摂取する場合は、ジュースにしたり、はちみつを加えたりして調整して飲みます。野菜の場合は、スープなどに使い、溶け出した汁まで飲んでしまうというのがいいと思います。

また、全体的に、加工されたサプリメントよりは、旬の野菜や果物など、食事からビタミンやミネラルをバランスよく摂ることがオススメです。例えば野菜ジュースや、野菜スープなど、食欲が無い時でも栄養を摂ることができます。

肌表面に、ビタミンC効果の絞り汁をぺたぺたと塗布するという方法もあります。経皮吸収できれば、より早く改善できるかもしれません。

タンパク質の摂取も欠かせない

ビタミンCだけでなく、肌の細胞を再生させる、諸々の代謝を促進する食べ物も必要です。中でも夏は、暑いだけで体力を消耗してしまうので、良質のタンパク質やビタミンB群もしっかりと摂れるのが望ましいと言えます。

一石二鳥の食べ物は、豚肉です。豚肉には、タンパク質はもちろんですが、ビタミンB群が豊富に含まれているため、効率よく再生の役割を果たしてくれます。魚にもタンパク質やビタミンE、DHA、IPAなどの必須脂肪酸も含まれていますので、身体にはありがたい食材です。

必要な物をバランスよく食べたら、ぐっすりと眠るように心がけましょう。人間の身体のメンテナンスは、眠っている間に行われます。睡眠が足りないと、細胞の入れ替えや再生などが十分にできません。夏の間の睡眠不足は、涼しくなって眠りやすくなった秋口には解消するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る